アルゼンチン発の新感覚ホラー『テリファイド』チケット販売中【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『テリファイド』の上映を企画。

テリファイド』上映イベント詳細

ホラー映画通の人喰いツイッタラー・人間食べ食べカエルさん企画のプレチケ特別上映会!

世界中のファンタスティック映画祭を驚愕させ、ハリウッドでのリメイクも決定したアルゼンチン発の新感覚ホラー『テリファイド』を特別上映します。

ブエノスアイレスのとある住宅では次々に怪奇現象が起きていた。下水溝から湧き上がる不気味な声、歩く子供の死体、そして、ポルターガイスト現象。警察官のマザはパラノーマル現象を研究するチームと力を合わせ、そこで起きている現象の謎を解明しようと乗り込むが・・・。

■上映作品:『テリファイド
■日時:2022年9月15日(木)20:30  開映
■価格:1,600円
■上映時間:87分
■会場:池袋HUMAXシネマズ(東京都豊島区東池袋1丁目22−10

※システム利用料160円がかかります

人間食べ食べカエル

人喰いツイッタラーです。主な活動場所はTwitterですが、Webサイト、雑誌等にも寄稿しております。好きな映画は『ザ・グリード』です。よろしくお願い致します。

Twitter(@TABECHAUYO

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)Machaco films

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 5んたろす
    3.5
    ・邦題 テリファイド   ・原題 Aterrados / Terrified ・監督 デミアン・ラグナ ・公開年 2017年 ・制作国 🇦🇷 ・上映時間 87分 ・作品紹介  👻 ブエノスアイレス近郊での一連の超自然的な出来事に関して、デミアンラグナによって書かれ、監督された2017年のアルゼンチンのホラー映画です。 ♦️ネタバレ(たぶん、弱め)を含んでいる事が多々ありますのでお気をつけ下さい🧟‍♂️↓ ・感想   👻レンタルして借りてみたら前に見た事がある作品でしたが、結末は全然記憶になかったので初視聴作品並みに楽しめました😀見て思ったのは悪魔って身体能力高いし、肉体滅んでも魂が生きてる限り、また新しい肉体に移ればいいだけなので超絶倒すの厄介😩😩  レビュー投稿38作品目😆😆😆
  • mintx3
    4
    ふたりの博士ズが本当はあの異形を現代に蘇らせようとしてる組織、とかだったらもう少し分かりやすかったかもしれん… 中身無いとかいわれるけど、異形の造形や宙吊り殺人や、驚かせるギミックが楽しめたのでOKです!(`✧∀✧´)キラーン!
  • nekohopping
    2.8
    こわい。。聞き慣れていない言語だと余計不安になってこわいものです。
  • クリーム
    4
    ギレルモ·デル·トロ製作でハリウッド·リメイクが決定したオカルト·ホラーと言われたら気になって鑑賞。観終わった後、『何だこれは?』なんですが、何か好きなんですよ。面白いんです。怖いと言うより、脅かし系。一度で理解出来なくて2回観たら、これは中々の作品だと思いました。 ある住宅街で、怪奇現象が発生。警察官のフネスは対処に悩みますが、現実に怪奇現象は目の前で起きています。 そこに呼び寄せた検視官のハノや現れたパラノーマル現象の研究者たち。フネスは彼等と力を合わせ、謎を解明すべく恐怖の館に乗り込むのでした。 ネタバレ↓ 得体の知れない恐怖の現象、悪霊に見える人影、脅かしながら、矢継ぎ早に起き続けるが、最後まで観ても博士による仮説のみです。スッキリしないけど、その姿や現象は観た。観たのに解明や解決されない。かなりド派手な事が起きてるにも関わらずの未解決で終了。何これ?でも面白い。となりました。普段ならスッキリしないのイヤなんですけど、これは面白かった。多分、恐怖の事象が沢山あって、脳が満足したのかも。 その怪奇現象が楽しかった! 宙に浮いたまま壁に叩きつけられるクララ、バスに轢かれて死んだはずの少年が帰って来て、黒い腐敗した死体の姿で椅子にじーっと座っている。話を聞くとその遺体が動くのを何人もが目撃し、食事までしたと言う。この黒い遺体のインパクトが痺れる。ホアンの隣人カラバハルが撮影したベッドの下から出てくるジャケの男性らしき人影。ローゼントック博士の血を吸う棚。壁の割れ目に吸い込まれるアルブレック博士。とにかく楽しい。 それらの事象を止めようとフネスは、アリシアの家を燃やしますが、行方不明に。場面が変わり、警察署内のホアンを再び、男たちが尋問。 尋問は法的効力を持たないとホアンに説明し、フネスが彼の家に火を付けた事実を伝えるているとホアンが彼らの持参した写真を指して『この人なら、顔をひどく火傷していますが、そこにいますよ』と答えます。 振り返っても誰もいません。しかし、椅子が勝手に動き出し、その椅子が画面に飛んできて終わります。エクセレント!最高でした。 アルブレック博士とローゼントック博士の仮説。 2つの現実が同じ場所と時間を共有していて、その入り口は、カラバハルのベッド下。 両次元では、ある微生物が水を媒介して存在していて(恐らく血も)、それらが集合して巣を作り、彼らは人体に巣くう。 彼等の正体は不明。攻撃性の理由も不明。あくまでも仮説で真相は解らない。でもそんなのどうでも良いくらい面白かった。 ※謎なのは、終盤で直ぐ側まで、それが迫っていたのに、何でフネスは助かったのか?フネスは、血に触ったのに…。解らん! ※後、フネスが燃やしたのは、アリシアの家なのに最後でホアンの家が燃えた事になってた。2件も燃やしたのか?
  • はやて
    3.5
    オカルトかと思いきや異次元・・・?目的がよく分からない・・・やろうと思えばいつでも襲えるのに。。まぁだからこそ研究してるわけだけど、法則も脈絡もないからなぁ。怖いところもあるけど面白いとは別。
テリファイド
のレビュー(4055件)