【パンクな問題作品】40年以上の時を超え『懲罰大陸★USA』がついに日本公開!

映画ファンのボンクラ

鎗火亮介

映画製作の手法として、フェイクドキュメンタリー(モキュメンタリー)というアプローチがあるのはご存じでしょうか?

現実に起きた出来事を撮影したドキュメンタリーではなく、事実をでっち上げてドキュメンタリー風にフィクションを構築した映画ジャンルです。

たとえば「ドキュメンタリー映画撮影中に行方不明になった少年たちのフィルムを編集して映画化した」というフィクションをドキュメンタリー風に描いた『ブレアウィッチ・プロジェクト』などが当てはまります。

bwp

今作は日本でも大ヒットとなったことは記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回ご紹介する『懲罰大陸★USA』はそんな大ヒット作品の30年以上も前に先がけて製作されましたが、40年以上の時を超え、ついに日本公開となりました。

製作の背景

本作は、1971年公開の作品で、アメリカ国内でのベトナム戦争反戦運動の状況を背景としたフェイクドキュメンタリーです。

当時、ベトナム戦争が激化の一途をたどる中、ニクソン大統領は秘密裏にカンボジア爆撃キャンペーン実施を決め、アメリカ国内では一般人による政治運動も盛んになっていました。

そういった情勢を背景に、ニクソン大統領は1950年に成立したマッカラン国内治安維持法を発令、アメリカ政府は反政府的・危険分子とみなした人々を一方的に拘束します。

その情勢に恐怖を抱いたイギリス人のピーター・ワトキンス監督は本作を製作することに。

作品概要

『懲罰大陸★USA』は2つのパートで構成されています。

1つめは、反乱分子とみなされた人びとが裁判にかけられ、彼らが判事の理不尽な審問に対して抗議する様子を追った描写。彼らは、ヒッピー、学生の平和運動家、ロックミュージシャン、黒人の公民権を求めた活動家などで構成されています。

2つめは、求刑通りの懲役ではなく、カリフォルニアにある「ベアーマウンテン国立懲罰公園」にて、3日以内に90キロ強先のUSA旗を目指して行進していく描写です。これは、国家への忠誠のための矯正を目的とした刑です。

この事態にヨーロッパの映像制作者たちがドキュメンタリー用の取材を敢行しました。

矯正集団また、彼らを追う州兵や警察や軍隊の面々にもインタビューを行い、両面からこの懲罰政策の中身を追います。

いわくつきの作品

衝撃的な内容に米国メディアは即反応しました。

まずニューヨークの映画祭で上映された翌日、ニューヨークタイムズ誌のレビューでは「本作はとても鈍い、頭のイカれた誠意で描かれており、最初のヒステリックな10分間で気づくだろう。完全にマゾヒストの願いや夢を果たすべく作られた映画だ」と語られ、それに同調した各メディアが総攻撃を浴びせました。

マンハッタンの劇場で公開されるも、4日間で打ち切りに。当時、どんな作品でも1週間は公開されたので異例の事態でした。

その後、西海岸で短期間で上映された際は、観客からはポジティブな反応が出ました。

しかし、ロサンゼルスのとある劇場の支配人は「FBIや警察などの権威から目をつけられ、街から抹殺される」と語り、それ以降アメリカ国内の劇場ではほとんど上映されることがありませんでした。

そういった経緯から、日本での公開も見送られていたのでしょう。

体制側からの抑圧の恐怖

本作の見どころはこれに尽きます。

裁判のパートでは、事実よりは誇張されていると思われますが、理不尽な罪状認否が行われます。

例えば、ロックミュージシャンの認否の際、彼女は裁判官からロックが反政府的な思想を煽るものであるとして、また無職のヒッピーの場合、国家の行政に貢献しない者として禁固刑に処されます。そのような審問には、恐怖とあまりのバカバカしさからくる笑いがこみあげます。

一方、懲罰公園での刑を選択した人びとは炎天下の中、水分補給もほとんどできない状況で90キロ強のUSA旗まで歩かされます。

過酷な状況の中、人権を無視した刑として逃亡を試みる人もいますが、彼らはみな州兵や警察、軍隊の面々に取り押さえられ、さらに抵抗することでひどい暴行を受けます。

最もひどい場合には「止まれ」の命令を無視したがために、射殺されることもありました。インタビュー映像では、18歳の少年州兵が命令を受けたものとして証言される描写がありますが、そこで上官は一切責任をとる様子を見せません。

本作では2つのパートの共通点である「国家を守る」という大義名分のもと、体制側は上記のような行動に出ます。

権力者が国民の人権を無視し反抗的な思想を持つ人びとを弾圧。あるいは、そういった行動に出た下っ端の人間が責められ、上級の人間たちは責任を転嫁し合うという状況は現在、世界各地で起こっています。

そういった意味で、フェイクドキュメンタリーとはいえ、時代や国家を超えた普遍的な問題提起の作品といえるでしょう。

初公開!世界のどす黒い危険な映画シリーズ

第3弾『懲罰大陸★USA』上映

シネマカリテにてレイトショー公開 9/11(金)まで

第4弾『ヒューマン・ハイウェイ』上映

シネマカリテにてレイトショー公開 9/12(土)から 9/25(金)まで

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • マッシュroom
    -
    感想のちほど。
  • Zealot
    3.9
    ドラマ/ スリラー
  • ちきちきマシン
    3.6
    ドキュメンタリーっぽいディストピア
  • ずこやま
    3.5
    フェイクドキュメンタリーだけど、扱うテーマと圧倒的にリアルな演出で現実に思えてくる。ジャケットが最高。
  • シュウ
    4.5
    まず、ジャケットが素晴らしい。 この映画のディストピア感と画質も相まったザラザラ感がたまらない。 異様なまでの力を持った体制側に、気に入らないとされた民衆の虐げられる様は、現代にも通じるパロディにさえ見えてくる。 これらのテーマは、過去の映画でSF映画としてあつかわれる事が多いように思うが、それを1970年代の現代として扱ったところが逆に新鮮。 しかも、モキュメンタリー方式で。
「懲罰大陸★USA」
のレビュー(120件)