12ヶ月のシネマリレー『アナザー・カントリー』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『アナザー・カントリー』の上映を企画。

アナザー・カントリー』上映イベント詳細

時代を彩った名作から貴重な国内初上映作品まで12本のマスターピースと巡る12ヶ月の特集上映「12ヶ月のシネマリレー」が8月5日(金)よりスタートとなりました。

本企画の第2弾となる『アナザー・カントリー』は9月2日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋、KBCシネマほか全国順次公開!プレチケでは、ヒューマントラストシネマ渋谷での特典付き or イベント付き鑑賞チケットの販売を実施することが決定!

9月2日(金)、9月9日(金)の来場特典は『アナザー・カントリー』オリジナルポストカード2種をプレゼント!また、9月13日(火)にはオリジナルポストカードのプレゼントに加えて、上映終了後に、児玉美月さん(映画執筆家)、桜庭一樹さん(小説家)をお迎えしてトークイベントも開催致します。

この機会にぜひ本作を映画館でお楽しみください。

〈STORY〉
1932年、英名門パブリック・スクールの優秀な寮生であるガイ。彼のブルジョア的思考を軽蔑しながらも心惹かれている親友ジャドだったが、ガイは別の寮に暮らす美少年ハーコートに心を奪われ…。

同性愛や共産主義に傾倒していく男子学生たちをルパート・エヴェレットとコリン・ファースが演じ、絶大な人気を博した青春ドラマ。第37回 カンヌ国際映画祭《最優秀芸術貢献賞》受賞作品。

〈来場特典付〉上映情報

■上映作品:『アナザー・カントリー
■日時:2022年9月2日(金)10:00  開映/ 9月9日(金)10:00 開映
■価格:1,500円
■上映時間:90分
■来場特典:オリジナルポストカード2種
■会場:ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区渋谷1丁目23−16

〈トークイベント付〉上映情報

■上映作品:『アナザー・カントリー
■日時:2022年9月13日(火)18:45  開映/上映終了後トークイベント
■価格:1,800円
■上映時間:90分
■来場特典:オリジナルポストカード2種
■登壇予定:児玉美月(映画執筆家)、桜庭一樹(小説家)
■会場:ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区渋谷1丁目23−16

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C) 1984 Eastern Counties Newspaper Group. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • naginagi
    3.5
    若きしのコリン・ファースが知的でカッコいい!!実在の人物スパイのガイが、1930年代に男子全寮にいた時の話がベース。同性愛から寮内での規律や生活を描いていく。
  • Melody
    3.7
    なんか好きだったけど、コリンファースと字幕を行き来するのが忙しすぎて内容は理解できてない笑 2023年26本目
  • yumi
    2.8
    ほっっっっんとモーリスとかでもそうだけどおれも英国人(美形)に生まれ変わって男子学園生活がしてぇ!!! コリン・ファース〜💓って思いながら観てたけど、思いの外主人公のルパート・エヴェレットがカッコ良すぎてコリンより目で追ってしまった…笑 しっかしさー!!コリン・ファースのこういう少しとんがってるキャラほんとすきすぎてニヤニヤ止まらんかったわ なにか大きなアクションがあるストーリーではなくつまらないという声もわからなくはないけど、こういう学園派閥争い本当にあるんだろうな…って普通に面白かったです。歌声が綺麗
  • こばこば
    3.1
    1930年代の英国の全寮制パブリックスクールが舞台となっている。伝統に縛られた閉鎖的な環境で同性愛や共産主義に傾倒していく学生たちが描かれている。恋愛要素は意外と少なく、学校内での権力争いなどが描かれ、社会派な内容だった。
  • ゆいこ
    3.9
    この時代をモチーフにした英国映画の雰囲気は好みのものが多いけれど、こちらももれなく気に入った。 階級制度や、人生におけるその重要性への理解が乏しいが為、共感出来ない所もちらほらあったけれど、異端である事を悪とする風潮は今を生きる私にもよく分かるものだった。 作品全体に流れる独特で耽美な雰囲気と、何処を見渡しても美しい青年ばかりの視界に酔いしれた。 若き日のコリン・ファース、知的で凛とした雰囲気がたまらなく素敵。 舞台版では彼がガイ役を演じたそうで、そちらもかなり気になる。
アナザー・カントリー
のレビュー(3157件)