デカいぞ!!超重量級の巨大殺人鬼映画おすすめ5選

2018.04.13
映画

恐怖は生きるための潤滑油

やすゆき

今宵もやってまいりました13日の夜。
B級映画と廃墟をこよなく愛すやすゆきが、おすすめのホラー映画を独自のカテゴリでご紹介。

毎月13日にお届けしている本シリーズも今回で第5弾になります。
そして、ついにやって来ました13日の金曜日

ヨーロッパでは「不吉の日」と言われる13日の金曜日は皆様もご存知、ジェイソン坊やがクリスタル湖で亡くなった日でございます。その後、母親の命令によって蘇ったジェイソンは長年にわたり人々(主にセックスとドラッグを愛する若者)を恐怖の渦へと陥れてきました……。

そんなジェイソンの身長は192cm! やっぱり大きいですね。
しかし! ホラー映画界にはジェイソンにも負けず劣らずの超重量級の殺人鬼がたくさんいます。今日はそんなビッグな男たちをご紹介いたします。

レザーフェイス(「悪魔のいけにえ」シリーズ)

yasuyuki_0022

まずは絶対的恐怖「レザーフェイス」です。シリーズを通して大暴れする彼の身長は驚愕の193cm! その巨漢を活かして振り回すチェーンソーはまさに芸術です。

人の皮で作ったマスクで素顔を隠し、部屋に引きこもる彼は少し恥ずかしがり屋さんな一面もあります。

ブギーマン(「ハロウィン」シリーズ)

yasuyuki_0023

続いては私が一番好きな殺人鬼、マイケル・マイヤーズこと「ブギーマン」です。

圧倒的なパワーと不死身とも言えるその肉体は驚異の2mオーバー! 妹思いの優しいお兄ちゃんは牛刀を片手にハロウィンの夜を彷徨うのであります……。

ヴィクター・クロウリー(「ハチェット」シリーズ)

yasuyuki_0024

デカいといえばコイツも外せません! 恐怖のゴアゴア番長ことヴィクター・クロウリーです。四十八手とも言われるその殺害方法はまさに職人。ヴィクターに背後を取られたら最期、アナタの腸は床に散乱しているでしょう……。

2018年7月にはリブート作品のDVD化も控えている彼から目が離せません。

ジェイコブ(「シー・ノー・イーヴル」シリーズ)

yasuyuki_0025

アメリカの人気プロレスラー“赤い怪物”ことケインが演じた殺人鬼ジェイコブ。ケインのwikiを見てみると……身長は何と213cm! そんな巨漢にも関わらず、眼球をエグり出すなど細かい作業もお手の物。

シリーズ2作目は残念な事に日本未上陸ですが、彼の勇士を是非抑えておきたいところです。

ポール・バニヤン(『アックス・ジャイアント』)

yasuyuki_0026

最後は本当に大きい彼にシメて頂きましょう! ポール・バニヤンです。1戸建のロッジを見下ろす彼の身長は恐らく5mくらいでしょうか。キリンくらいあります。

手に持つ巨大斧は、ひと振りで美女を真っ二つ! 友の復讐を果たすために暴れる彼の生き様を是非、堪能してみてください。

まとめ・・・

いかがでしたか?

ホラー映画には欠かせない殺人鬼も、デカいと怖さ倍増といった感じですね。
さらに「悲しい過去がある」「アメフト部のキャプテンを軽々と持ち上げる」「歩くの遅いけど行く先々に絶対いる!」などお決まりのシーンが盛り沢山! そのあたりも是非楽しんでみてください。

※身長はwikiや海外のファンサイトを参照にしています。

【あわせて読みたい】
※ いつまでも心は小2!少年の心を持つあなたにおすすめの怪獣映画8本
※ 美しい花には毒がある?ハロウィンの夜にオススメする美女とモンスター映画8選
※ ミステリ・サスペンス好きは必見!綿密な脚本で魅せる密室劇の傑作12選

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS