映画『教誨師』あらすじ・キャスト情報・特報【大杉漣・最後の主演作】

2018.07.16
映画

トラウマ映画は「鳥」だけど焼き鳥大好き

taco

2018年2月21日に急逝した名バイプレイヤー・大杉漣主演の映画『教誨師』が、10月6日上映される。
本作は大杉漣にとって最後の主演作であり、また唯一のプロデュース作品となった。

教誨師

映画『教誨師』あらすじ

6人の死刑囚と対話する一人の男……。“教誨師(きょうかいし)”とは、受刑者に対して道徳心の育成、心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人。そして本作の主人公は、死刑囚専門の教誨師である牧師、佐伯(大杉漣)。

独房で孤独な生活を送る死刑囚にとって、教誨師は良き理解者であり、唯一の話し相手。真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始したり、罪を他人のせいにする者もいる。皆、我々と変わらない人間でありながら、どこかで道を誤ったり、ちょっとしたボタンの掛け違いによって、取り返しのつかない過ちを犯した人々。一方の佐伯は、彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に届いているのか、死刑囚たちが心安らかに死ねるよう導くのは、果たして正しいことなのか苦悩する。その葛藤を通して、佐伯もまた、はじめて忘れたい過去と対峙し、自らの人生と向き合うことになる……。

ほぼ教誨室での会話劇ながら、息つく暇もない約2時間、ベテラン役者たちの緊張感溢れる演技と時ユーモアを交えながら展開する“死”の側からとらえた強烈な“生”の物語。

映画『教誨師』キャスト

本作の主人公、教誨師・佐伯役は大杉漣が務める。大杉はピンク映画でデビューし、以後『HANA-BI』(97)、『BROTHER』(00)、『アウトレイジ 最終章』(17)をはじめとする北野武監督作品の常連である一方、『オーディション』(00)、『アイデン&ティティ』(03)、『箱入り息子の恋』(13)、『シン・ゴジラ』(16)など様々なジャンルを行き来し、幅広い役を演じていた名優。本作では膨大なセリフ量とユニークな内容ゆえ、「役者にケンカを売ってるのかと思った」と評したオリジナル脚本を見事に体現、複雑な人物像を圧倒的な存在感で演じきったという。是非その姿を劇場で見届けたい。

死刑囚役には、『めがね』(07)、『共喰い』(13)、南瓜とマヨネーズ』(17)など、大杉と並びあらゆる日本映画に出続け、大杉との共演作であるドラマ「バイプレイヤーズ」も記憶に新しい光石研や、『祈りの幕が下りる時』(17)の烏丸せつこ(からすま せつこ)、『淵に立つ』(16)の古舘寛治といったベテラン俳優が務めるほか、映画初出演となる劇団“柿食う客”の玉置玲央が脇を固める。

映画『教誨師』監督

死刑に立ち会う刑務官を描いた『休暇』(07)、『アブラクサスの祭』(10)の脚本、『ランニング・オン・エンプティ』(09)の監督を務めた佐向大がメガホンをとった。

佐向大監督コメント

いい加減で適当で、できるだけ責任から逃れたい。私はそんな人間です。おそらく死刑囚もそうだと思います。じゃあ何故私は彼らじゃないのか。罪を犯した者と犯さなかった者はどこが違うのか。なんで死ぬのは嫌なのか。何故生きたいのか。そもそも死者と生者の境界は何か。ひょっとしたら何も違いはないし、何の理由もないのかもしれません。だったら自分が日頃大切に思っていることや、しがみついているものは一体何なのだろう?そんなことを私自身もこの作品を通して知りたいと思いました。

3年前、小さな喫茶店で、この企画を一番最初に話したのが大杉さんでした。「いいね、やろうよ」。その一言をきっかけにこの作品が生まれました。私にとって主演俳優以上の存在だった大杉さんの訃報を前に、全く心の整理がついていません。ただこれだけは言えるのは、人生は限りがある。だからこそ、かけがえのない時間を、かけがえのない仲間とともに、どんなお仕事でも遊びでも手を抜かず、一瞬一瞬を精いっぱい全力でやられていた方だったのではないか。あの優しさ、包容力、エネルギーはそんなところからきていたのではないか。今はそんな気がしています。この作品で大杉漣という役者の凄みを改めて目の当たりにしました。おそらく皆さんも同じ思いを抱くのではないかと思います。

映画『教誨師』特報

映画『教誨師』作品情報

2018年10月6日(土)より、有楽町スバル座ほかにて公開公開
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
公式サイト:kyoukaishi-movie.com
(C)「教誨師」members

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 夜空のパンケーキ
    4.4
    牧師と死刑囚の会話だけなのにここまで引き込まれるのはやはり俳優陣の力が大きいと思う。 「死刑」について考える話ではなく、人それぞれに導くべき方法があるのだろうか?というのがテーマだと感じた。 古舘寛治や光石研はもちろん素晴らしいが、今作が映画初出演の玉置玲央が良かった!! 今後が注目な俳優さんです(劇団出身らしいです)。 「心を開かない男」「気のいいヤクザの組長」「家族思いで気の弱い父親」「お人よしのホームレス」「おしゃべりな関西の中年女」「自己中心的な若者」 それぞれに思いがあり、それぞれに対応する教誨師。 彼自身も苦悩し人間としての一面がある。そして彼の過去にも。 大杉漣が初のプロデュース作品で最後の主演作。 彼自身はどのような思いで最期を迎えたのだろうか??
  • 山田将司
    3.5
    大杉漣さんの遺作。良いとか悪いとかではなく、死刑執行を待つものと教誨師との交流の話。深い。
  • そら
    3.9
    記録
  • kaki
    4.0
    記録
  • TAKA
    4.4
    2018-212-177-035 2018.11.23 AC多摩センター Scr.5 ・教誨師。向き合っていたのは・・・ ・生きてるから生きるんです ・素晴らしい脚本。そしてキャスト ・結局。 ようやく観に行けました(^_^) 大杉漣さんプロデュースの最後の主演作。 予想以上に骨太な作品でした。 大杉漣さんは、死刑判決が確定した死刑囚の教誨師、佐伯保。 プロテスタントの牧師で、ボランティアで教誨師を務めています。 囚人達が悔い改めて心安らかに逝けるように、その手伝いをする仕事。 漣さん教誨師を、そう定義している。 向き合う囚人は6人。 みなクセモノf(^_^; 囚人達の懐に入ろうと心を砕き、懸命に彼等を受け容れようとする漣さん。 だけど・・・ 人ってのは・・・ ましてや死刑が確定してる人達。 彼等にとっては、執行以外に怖いものはない。 漣さんは彼等の話を必死に耳を傾ける。 彼等と必死に向き合おうとする。 拒絶しながらもやがて少しずつ、素の姿がみえ始める囚人も現れる。 勿論心を開こうとしない人もいる。 素の攻撃性が顔を覗かせ始める奴。 心の鎧を外そうとせず虚勢を張るサイコキラー。自己愛のみに満ちた独善的な言葉。糞食らえ。それにさえ、真摯に向き合おうとする漣さん・・・ もがくうち 囚人達と向き合っているうちに いつしか自分自身と向き合っていた。 自分自身の過去との・・・再会。 叫ぶ。 何のために生きるか、 どう生きるかなんて関係ない。 「生きてるから生きるんです!」 この台詞は きっと一生忘れられない。 重厚なドラマでした。 だけど重厚さを感じさせない。 素の人間が描かれていたから。 重厚ってのじゃないんだ。 そんなんじゃない。 それらが描かれる舞台は 教誨室のみ。 そして 音楽がない。 小道具の機器から流れる讚美歌のみ。 本来はスタンダードサイズ(っていうのかな?TVみたいな奴f(^_^;)の画面は、映画としてはあまり好まないのだけれど・・・ 本作に限っては、より人間のみを映してる感じでいいのかも、と思えました。 そう思わせてくれたのは、 やはり脚本。 そして役者さんですよね。 安定の光石研さん。 いい歳の取り方はしてんのかな?烏丸せつこさん(^_^) だけど出色の出来だったと思うのは サイコキラー。 そして・・・ ホームレス役の役者さん。 凄かったなあ・・・ でもやはり何より凄かったのは、 生きてるから生きるんです。 この言葉。 結局 そういうことなんだなって気がする。 そして・・・ 気付いた。 死刑囚と俺も変わらないのかも。 いつかは死ぬ。 生きるってことを究極に凝縮した素材で描かれたドラマ。 そんな気がしました。 派手さはない作品です。 生と向き合った作品です。 色んなこと考えました。だけど・・・ 考えなくてもいいのかも。 生きてるから生きるんです。 そういうことなのかも。 追記。 ・初有楽町スバル座の予定でした。 ところが・・・ 最終週のオーラスの木金。 18:30の回がない?!!(゜ロ゜ノ)ノ ( ̄▽ ̄;) 慌てました。 徳島ヴォルティスのサポーターだった漣さん。 北野作品で、ゴチになりますで楽しませてくれた漣さん。 どうしても劇場で観たかった。 ・・・で、土曜日に多摩センターへ行った訳です。(^_^) 行って良かった♪(* ̄∇ ̄)ノ♪ ・初多摩センター。 綺麗で緑があって、素敵な街でした(^_^) サンリオ・ピューロランドもあるのね♪ でも何より特にポイント高かったのは・・・ 往路で、我が川崎フロンターレの麻生練習場の最寄り駅、栗平を初めて通りましたぁ♪ (* ̄∇ ̄)ノ♪(笑)
「教誨師」
のレビュー(700件)