【投稿キャンペーン】ディズニーの名作『ピノキオ』が実写映画化!作品の感想を投稿して素敵なプレゼントをGET!

美しいメロディーと共に数々の名曲を世に贈りだしてきたディズニー。その中でもディズニーを象徴する楽曲「星に願いを(When You Wish Upon a Star)」を生んだ、名作アニメーション『ピノキオ』が実写映画化。
『美女と野獣』『アラジン』に続きディズニーが贈る実写映画最新作『ピノキオ』がディズニープラスで独占配信中!

配信を記念して、抽選でプレゼントが当たる感想投稿キャンペーンをFilmarks&Filmarks公式Twitterで開催!『ピノキオ』を見た感想をFilmarksに投稿する、またはTwitterに感想・期待を投稿すると抽選で30名に素敵なプレゼントがあたる!

あらすじ
孤独に暮らす風変わりなおじいさんゼペット。彼が作った木彫りの男の子の人形に“ピノキオ”と名付け、いつか命が宿るよう星に願いをかけていた。そんなある夜、ゼペットの願いが届き妖精ブルー・フェアリーがピノキオに命を授ける。ゼペットはまるで自分の息子のようにピノキオを可愛がり、またピノキオ自身もいつか“本当の人間の子”になりたいと願うようになる。
純真無垢で何も知らないピノキオは色んな仲間たちと出会ったり、誘惑や試練に翻弄されながら、想像もしなかった大冒険が始まっていく―。

#ピノキオ星に願いをキャンペーン概要

キャンペーンの参加方法は2通り。抽選で30名様にディズニーストア ギフトカードをプレゼントします。みなさんのご応募心よりお待ちしております!

【キャンペーン参加方法 (下記のいずれか) 】
FilmarksかTwitterで「#ピノキオ星に願いをキャンペーン」をつけて投稿し、下記の応募フォームから申し込みで応募完了!
どちらの方法で感想投稿しても、必ず応募フォームの入力を忘れないで!
※いずれかお好きな参加方法をお選びください。

Filmarksレビュー投稿で参加

1.「#ピノキオ星に願いをキャンペーン」をつけてFilmarksにレビュー投稿
→Filmarksレビュー投稿はこちらから

2. 応募フォームから応募完了

Twitterで感想or期待の声を投稿で参加

1.「#ピノキオ星に願いをキャンペーン」をつけて感想or期待の声を投稿
→Twitter投稿はこちらから

2. 応募フォームから応募完了

【キャンペーン応募期間】
9月8日(木)17:00 〜 9月30日(金)23:59まで

【プレゼント内容】
「ディズニーストア ギフトカード」3,000円分(30名様)
※ギフトカードの有効期限は「2022年11月1日~6か月間」となります。

​​【当選者の発表】
当選の発表は当選された方へのみ、応募フォームで記載いただいた宛名に賞品の発送をもってかえさせていただきます。

【注意事項】
・キャンペーン方法は2通りございますが、どちらかお好きな方法をおひとつ選び、応募フォームより応募完了をお願いします。重複してご参加いただいても1回のカウントとさせていただきます。
・ご自身のアカウントを公開設定にした状態でご応募ください。非公開設定にされている場合は抽選対象外となります。
・本キャンペーンのご応募はお一人様1回限りとなります。また同一人物が複数アカウントを使っての応募はできかねます。
・当選権利の譲渡、換金は一切できません。
・応募の際にお預かりした個人情報は、当キャンペーンに関わること以外の目的には使用いたしません。
・上記を目的とした業務を行うにあたり、個人情報を第三者に委託する場合があります。予めご了承ください。
・応募内容に不明な点があった場合や当選後の連絡が不通となった場合、また住所変更、転居先不明、ご不在等により賞品のお受取りができない場合は、応募・当選を無効とさせていただくことがあります。予めご了承ください。
・賞品のディズニーストア ギフトカードの有効期限は「2022年11月1日~6か月間」となります。
・賞品の発送は10月末頃を予定していますが、お届けが前後する場合がございます。ご理解ください。
・キャンペーン参加者の投稿は、あらゆる媒体において、期間の制限なく、宣伝や制作物等に利用させていただく場合があります。本キャンペーンへ応募することにより、使用許可をいただいたものといたしますので、予めご了承ください。
・当社または当社から許諾を受けた第三者が、キャンペーン参加者の投稿を本件サービス内や第三者のサービスなどにおいて利用する場合があります。この時、投稿の一部を要約・抜粋等する場合があります。本キャンペーンへ応募することにより、これに同意をいただいたものとしますので、予めご了承ください。
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認ください。
・投稿によって発生したトラブルにつきましては、本キャンペーンでは一切責任を負えません。本条件に予めご同意いただいた上でご参加ください。
・個人・団体を誹謗中傷する内容、経済的・精神的損害を与える内容、名誉毀損および侮辱にあたる内容など第三者の迷惑になりうる投稿は禁止です。
・抽選に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。予めご了承ください。
・当選は発送をもってかえさせていただきます。

◆『ピノキオ』information


ディズニープラスで独占配信中
https://www.disneyplus.com/ja-jp
(C)2022 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ゆんぶりっく
    3.1
    実写版ピノキオ。 今の時代に合わせてアップデートされたシン・ピノキオ…と言いたいところですが…個人的には細かい部分でノイズの多い作品に感じた一本。 今の子供達に見せるにしても、色褪せない名作であるアニメ版で十分なのでは… ポリコレには気を使ってましたけどね… まず個人的に一番気になったのは世界観の飲み込みずらさ。 ・木の人形が動くのは奇跡扱い ・でも木の人形を見たじぃさん以外の人間はそれをさほど驚かない ・校長先生に至っては「学校は木の子どもの来るところじゃない!」と追い返す。  争点って木だからとかそこなん? ・人語を喋るキツネが服を着て平然と街を歩いている ・時代は古そうなのに「インフルエンサー」だの今っぽい設定や用語を連発してくる などをのっけから見せられるので 「どこまでがこの世界では当たり前でどこからが異常なのか」 がヒジョーに分かりにくい。 アニメだと人間も動物も同じ“絵”として描かれているので違和感はないのですが、なまじ実写とリアルなCGで構成されている本作では違和感が拭えませんでした。 アニメのリアリティラインを現実に持ち込んで失敗する典型パターンにハマっている気もします… あとコウロギのビジュアルがシンプルに気持ち悪い。 “語り手”的な立場なので画面にアップで出てくることが多いのですが、結構普通に顔の造形が気持ち悪くて不快。 その上、寝坊したり、馬車の風圧で飛ばされたり、穴から落ちたりと“良心”として無能過ぎるだろコイツ… 一つの冒険譚としては悪くないですが“人間の子になりたい人形のお話”としてはなんか尻切れトンボな気もします。 ラストもナレーションで 「このあと人間の子になりました」 とか言われても、この度で成長したから人間になったとかそういう終わりじゃないのねって感じだし……
  • さゆみ
    3.1
    かっわいい〜ってずっと言ってたアニメにもある動きされるたびにかっわいい〜て言ってた
  • mako
    3.3
    前日にアニメ映画を観返して予習はバッチリでした。 まず、冒頭からディズニーのオープニングって”When You Wish Upon A Star”だったわ!と思わせられた。笑 Chris Pineネタだったり、壁掛け時計がディズニーの仲間たち勢揃いだったりとちょいちょい外してるのがまた良いね。 ブルーフェアリーのアプローチは素敵だなと。台詞がずっとポエマティックなのは気になったけど😂 新キャラのファビアナも良いスパイスになっていた。 プレジャー・アイランドのシーンはアニメの方が全然怖かったわ…煙草なし、ルートビアに変更でだいぶ健全になっていた。 ラストはそう来ますかー!と。でも腹落ちはするので問題ないかな。 【吹替について】 歌姫・風ちゃんがブルーフェアリーを吹替されたということで。「星に願いを」最高でした… 山本耕史や吉原光夫さんも出てるのはミュージカルオタクとしてはアツい。
  • なむ
    2.5
    VFX自体はいいのに同じ画面に登場するCGキャラたちのキャラデザがチグハグでなんだか集中できないし、実写にすると2D手書きアニメでは気にならなかったリアリティラインが気になりだして集中できないし。 全てにおいて、もっと詰めろよ、としか…
  • K
    -
    2022 #72
ピノキオ
のレビュー(5578件)