【沖縄国際映画祭】TCP受賞作『ルームロンダリング』片桐監督「こんな素敵な二人に演じていただけるとは」

2018.04.20
沖縄国際映画祭

FILMAGA編集部

フィルマーくま

会期中の「第10回 島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」にて4月20日(金)、映画『ルームロンダリング』のワールドプレミアが開催され、舞台挨拶に主演の池田エライザ健太郎片桐健滋監督が登壇した。

ルームロンダリング

本作は2015年「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」にて準ブランプリにあたるFilmarks賞を受賞した片桐健滋の初長編監督作品。制作に至った経緯について片桐監督は、「居酒屋で(共同で脚本を手がけた)梅本竜矢と話しているときにぽっと生まれたのですが、こんな素敵な二人に演じていただけるとは思ってもみなかった」と感無量の様子。「御子がこんなに綺麗になるとは……」と池田をまじまじと見ながらつぶやいた。

ルームロンダリング

主人公・八雲御子を演じた池田は、「キャラの濃い共演者に影響されながら、素直に御子を演じられたらといいなと思いながら撮影に望んでいました」と挨拶。

ルームロンダリング

続いて、御子の住む部屋の隣人・虹川亜樹人役の健太郎が一礼すると、観客から黄色い声援が。心に後悔を秘める亜樹人と自分の似ているところは?との質問に「陰と陽で言うと、亜樹人は陰で僕はどちらかというと陽なので、似ているところはないですね(笑)」と回答。「でも、彼の正義感には共感ができる……って僕が正義感のある男というわけじゃないですけど(笑)」。

ワケあり物件に住むことによって、物件を浄化させるという“ルームロンダリング”がテーマとなっている本作。実際にワケあり物件に住むことはできる?という質問が出ると、「僕は無理! 怖いというか……怖いですね」と即答する健太郎。

ルームロンダリング

一方の池田は「御子のように見えたら……イケるんじゃないかな」と驚きの回答。ところが「でも、私も御子のように人とのコミュニケーションが得意なわけではないので、おばけがうわっと寄ってきても『ほっといて』ってなっちゃうかも。ルームシェアってことじゃないですか。無理かな」と予想外の答えを出した。

ルームロンダリング

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。
度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって、物件を浄化するという“ルームロンダリング”だった。
ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子は、部屋に居座る“この世に未練たらたらな”幽霊たちのお悩み解決に奔走させられ…!?

映画『ルームロンダリング』は、2018年7月7日より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー。

第10回 島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」は4月19日(木)〜22日(日)、沖縄各地で開催。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Maikyo
    3.0
    劇場にて。 思ったよりもやわらかでゆったりとした映画だった。 こんな世界があったらいいな、と思う。 エライザちゃんの赤いシャツワンピースがいつもかわいかった。 オダギリジョーはこういうの本当に上手だなぁ・・・パンチあるキャラじゃないのにしっかり存在感ぶつけてくるの最高。
  • マクガフィン
    3.1
    社会の孤独や息苦しさをコミカルで柔らな空気感が充満して、ゆるやかに流れるテイストは好感。クラシカル的なジャズの背景音楽も効果的に。 トラウマを抱えるこじらせ女子が、幽霊と出会い影響を受けて、人の心を育む模様が微笑ましい。また、人の生死を扱っているが暗くならない、反転のような、ハートフルコメディタッチに感心する。幽霊が自分が見えていることにビックリする模様も微笑ましい。 ジョーズのような幽霊の登場シーンや、飛んでいる飛行機を掴んで放す空想的表現や、色彩豊富な映像描写による世界観の構築にハッとさせられる。 幽霊だからか人間のエゴを感じない設定が効果的で、生前には無かっただろう素直さも、人間以上に幽霊たちから人間らしい純粋さを感じることに。明るく振舞っても、幽霊の孤独や生前の悔恨や未練は切なくもあるので、生きる大切さを感じる。 しかし、数日住んだだけで事故物件の洗浄が完了する、現実と乖離した設定や、その仕事の経済が殆ど見えないことは残念。 ヒロインの成長譚としては良いが、救いの昇華やハートフルな浄化が弱いので淡白にも感じることも。失踪した母親と、ルームロンダリングの仕事を繋ぐシークエンスと理由も不足しているし、TVドラマ的なフォーマットも如何なものか。 所々に残念な所もあったが、題材や雰囲気は好みで、独自な世界観は今後の作品も楽しみに。
  • やまが
    3.6
    池田エライザが可愛い。下着シーンがあってドキドキした。思っていたよりもポップな感じの映画だった。オダギリジョーも渋カッコいい。
  • yskfnks
    3.6
    幽霊が見える人間嫌いな女の子がルームロンダリング。これだけでそれなりに面白そうじゃんか?でもそれ以上はなかったねー笑。 でもでも、それくらいがいいと思った。映画にドラマを求めすぎだって。そういうのを入れようするとお金をかけなけれなばもともとの面白さは多少なり失われちゃうのかなぁって。こんくらいがちょうどいいのさ。グランプリの嘘を愛する女と比べてそんな感想を持ちました。 あとたぶん幽霊のリアルってこんな感じなんだと思うんだ。みんながみんなこの世に強烈な恨みを持ってるわけじゃないでしょう?そこまで強く恨むって難しくない?という幽霊感を持ってる僕としては共感者がいたようでちょっと嬉しく誇らしくでした笑。
  • Osamu
    3.6
    振り返ると主演の池田エライザだけが思い出される。 この世をさまよう死者が見えちゃう、他人拒絶系20才女子の話。 死者へのまなざしは、隣人へのまなざし。そういう目線で描かれている気がする。それはとても大切なことだと思うけれど、物語としては残念ながら動かされるものは無かったかな。 池田エライザの表情が良かった。彼女を眺める映画だね。
「ルームロンダリング」
のレビュー(624件)