【沖縄国際映画祭】TCP受賞作『ルームロンダリング』片桐監督「こんな素敵な二人に演じていただけるとは」

2018.04.20
沖縄国際映画祭

FILMAGA編集部

フィルマーくま

会期中の「第10回 島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」にて4月20日(金)、映画『ルームロンダリング』のワールドプレミアが開催され、舞台挨拶に主演の池田エライザ健太郎片桐健滋監督が登壇した。

ルームロンダリング

本作は2015年「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」にて準ブランプリにあたるFilmarks賞を受賞した片桐健滋の初長編監督作品。制作に至った経緯について片桐監督は、「居酒屋で(共同で脚本を手がけた)梅本竜矢と話しているときにぽっと生まれたのですが、こんな素敵な二人に演じていただけるとは思ってもみなかった」と感無量の様子。「御子がこんなに綺麗になるとは……」と池田をまじまじと見ながらつぶやいた。

ルームロンダリング

主人公・八雲御子を演じた池田は、「キャラの濃い共演者に影響されながら、素直に御子を演じられたらといいなと思いながら撮影に望んでいました」と挨拶。

ルームロンダリング

続いて、御子の住む部屋の隣人・虹川亜樹人役の健太郎が一礼すると、観客から黄色い声援が。心に後悔を秘める亜樹人と自分の似ているところは?との質問に「陰と陽で言うと、亜樹人は陰で僕はどちらかというと陽なので、似ているところはないですね(笑)」と回答。「でも、彼の正義感には共感ができる……って僕が正義感のある男というわけじゃないですけど(笑)」。

ワケあり物件に住むことによって、物件を浄化させるという“ルームロンダリング”がテーマとなっている本作。実際にワケあり物件に住むことはできる?という質問が出ると、「僕は無理! 怖いというか……怖いですね」と即答する健太郎。

ルームロンダリング

一方の池田は「御子のように見えたら……イケるんじゃないかな」と驚きの回答。ところが「でも、私も御子のように人とのコミュニケーションが得意なわけではないので、おばけがうわっと寄ってきても『ほっといて』ってなっちゃうかも。ルームシェアってことじゃないですか。無理かな」と予想外の答えを出した。

ルームロンダリング

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。
度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって、物件を浄化するという“ルームロンダリング”だった。
ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子は、部屋に居座る“この世に未練たらたらな”幽霊たちのお悩み解決に奔走させられ…!?

映画『ルームロンダリング』は、2018年7月7日より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー。

第10回 島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」は4月19日(木)〜22日(日)、沖縄各地で開催。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yasshy
    3.5
    私も内覧用のサンプルで鑑賞しました。 池田エライザさんの演技が思ったよりも全然よくて。 主人公の御子の段々と変化していく様が良かった。 自殺したロッカーはともかく、殺されたOLなんかは怨みが強すぎて普通は関わりたくないのに、 なんか全体的にほのぼのとしていて、怖さは微塵も感じられない作品。
  • marusan
    3.8
    池田エライザちゃん版ほっこりシックスセンス? 化粧っ気なくても池田エライザちゃん素敵です。 幽霊たちも恐ろしくなくて、みんな憎めない! ジョーズの背びれのように床をはいまわる包丁には笑った‼
  • アプリコ
    4.5
    怖いのが嫌いなのでホラー映画は観ないのですが、ポスターがポップなので大丈夫だろうと思い鑑賞。 「夜に爪を切ると親の死に目に会えなくなる」 これは実際に私もずっと親から言われていた言葉だったからびっくりした。私の親ももう死んじゃってるし、実際会えたんだけど…笑 エライザちゃんは可愛いし、オダギリジョーがかっこいい!!!
  • なずな
    4.0
    2018. 6月26日 TSUTAYA BOOK APARTMENT エライザちゃんトークショー 漫画をエライザちゃん直々に手渡しにて入手。 お話しを聞いてたのしみに… 新宿武蔵野館 7月12日鑑賞
  • くろひょう
    4.0
    「ソノオツリ アタシ モラッテ イイデスカ?」 (小ネタで笑わせに来てた) 池田エライザちゃん、最高〜☆ (めっちゃ可愛かった) 松岡茉優ちゃんの「勝手にふるえてろ」もそうですが、最近は女優さんの良さを引き出してる映画が増えて来ましたね。 (脇を固める役者さんも豪華だし) 職場に内覧サンプルが届きまして、ひと足お先に拝見させて頂きました〜♪ (レンタル開始はTSUTAYA先行11月21日です) この作品は、TCP(TSUTAYA CREATORS' PROGRAM)準グランプリFilmarks賞受賞作品として映画化されました。 (グランプリは「嘘を愛する女」です) あらすじは… 18歳で天涯孤独の身になった八雲御子(やくもみこ=池田エライザ)は、突然現れた叔父である悟郎(オダギリジョー)の依頼でアルバイトをする事になる。 そのアルバイトとは、ワケあり物件に住み部屋の履歴を帳消しにする「ルームロンダリング」という仕事だった… そのアルバイトを始めた事で幽霊が見えるようになった御子は、幽霊たちとの奇妙な共同生活を送りながら、失踪した母親と再会を果たす… というお話。 (小説として読みたくなるストーリーでした) エライザちゃんが可愛かったのはモチロンですが、コスプレOL役の光宗薫ちゃんもめっちゃ美人さんでした(笑) (元「AKB48」13期生だそうです) ん?コスプレ!? と思ったそこの貴方!! その反応、間違いじゃありません(笑) (ブログの中だけのなんちゃってOLなので) パンクロッカー役で渋川清彦さんが出ていたのですが… (僕、以前「アレノ」で観た渋川さんが苦手だったんです) でも、今回は超☆良かった!!(笑) (終始、優しい感じが出てました) あ、このお二人は幽霊です(笑) (コミカルに演じておられましたよ〜) 叔父さん役のオダギリジョーさんは、見た目も仕事も胡散臭いハズなのに、最後まで良い人でしたよ!! (格好良かった〜) ジャンルは「オカルト」の部類に入ると思いますので、「幽霊など居ない!」という方にはオススメ出来ませんが… ほっこりさせられるシーンが多々ありましたので、気になった方は手にとってみて下さい。 (あと2ヶ月の辛抱です…) 最期に… 実は、グランプリの「嘘を愛する女」も東宝本社試写室にて拝見しておりまして… (レビューをお休みしている間の出来事です) 大きな声では言えませんが… この作品の方が面白かったです(笑) (いつか「嘘愛」もレビュー書きますね) あ、内覧サンプルや試写会の事で、 「くろひょうは何者!?」となるかも知れませんが… (ご安心下さい、ただのオッサンです) CDやDVDの販売、レンタルに携わる方なら誰でも観る機会が得られますよ〜☆ (時間と場所が限られますが) ただね、SNSの使い方に制限があって色々と難しい世の中ですよね(笑) (バカッターのせいです、間違い無く)
「ルームロンダリング」
のレビュー(1069件)