【沖縄国際映画祭】TCP受賞作『ルームロンダリング』片桐監督「こんな素敵な二人に演じていただけるとは」

2018.04.20
沖縄国際映画祭

Filmarks公式

フィルマーくま

会期中の「第10回 島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」にて4月20日(金)、映画『ルームロンダリング』のワールドプレミアが開催され、舞台挨拶に主演の池田エライザ健太郎片桐健滋監督が登壇した。

ルームロンダリング

本作は2015年「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」にて準ブランプリにあたるFilmarks賞を受賞した片桐健滋の初長編監督作品。制作に至った経緯について片桐監督は、「居酒屋で(共同で脚本を手がけた)梅本竜矢と話しているときにぽっと生まれたのですが、こんな素敵な二人に演じていただけるとは思ってもみなかった」と感無量の様子。「御子がこんなに綺麗になるとは……」と池田をまじまじと見ながらつぶやいた。

ルームロンダリング

主人公・八雲御子を演じた池田は、「キャラの濃い共演者に影響されながら、素直に御子を演じられたらといいなと思いながら撮影に望んでいました」と挨拶。

ルームロンダリング

続いて、御子の住む部屋の隣人・虹川亜樹人役の健太郎が一礼すると、観客から黄色い声援が。心に後悔を秘める亜樹人と自分の似ているところは?との質問に「陰と陽で言うと、亜樹人は陰で僕はどちらかというと陽なので、似ているところはないですね(笑)」と回答。「でも、彼の正義感には共感ができる……って僕が正義感のある男というわけじゃないですけど(笑)」。

ワケあり物件に住むことによって、物件を浄化させるという“ルームロンダリング”がテーマとなっている本作。実際にワケあり物件に住むことはできる?という質問が出ると、「僕は無理! 怖いというか……怖いですね」と即答する健太郎。

ルームロンダリング

一方の池田は「御子のように見えたら……イケるんじゃないかな」と驚きの回答。ところが「でも、私も御子のように人とのコミュニケーションが得意なわけではないので、おばけがうわっと寄ってきても『ほっといて』ってなっちゃうかも。ルームシェアってことじゃないですか。無理かな」と予想外の答えを出した。

ルームロンダリング

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。
度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって、物件を浄化するという“ルームロンダリング”だった。
ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子は、部屋に居座る“この世に未練たらたらな”幽霊たちのお悩み解決に奔走させられ…!?

映画『ルームロンダリング』は、2018年7月7日より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー。

第10回 島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」は4月19日(木)〜22日(日)、沖縄各地で開催。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • あまがっちゃん
    3.6
    ワケあり物件に住み込んで事故の履歴を帳消し、次の住人を迎えるまでにクリーンな部屋へと浄化するという奇抜な仕事=〝ルームロンダリング〟をしているこじらせ女子を描いたヒューマンドラマ作。‬ ‪“事故物件”故に幽霊が出てくるんだけど、この作品はホラーでは無くほぼコメディ。‬ ‪死んだ住人のお話で重たくなりがちな内容を明るく演出しており‬、‪心温まる会話や心に響く言葉がありほっこりし心地良い。‬ ‪全体を通して、結末の演出も良い印象を残しており、池田エライザ演じる主人公の作り込みも良く、丁寧にキャラクターが作られているのを感じ、物語にもよく活きている。‬ ‪登場人物一人ひとりが成長していく様子がお洒落に表現されていてかなり雰囲気が好みな作品だった...!‬
  • このもかのも
    3.7
    ほんわか〜。
  • 4.6
    重すぎず、軽すぎず、心地よい映画でした。 ここが好きって上手く言えない、不思議な感じ。でも大好きな作品になった。 オダギリジョーもエライザちゃんも大好きなのでその時点で最高。加えて、ほっこりじんわりしながら笑えるのがとても良かった。あとは音楽が絶妙。 映画自体もどこかドラマっぽい作品だったけど、ドラマも視聴していく〜〜
  • yoko
    3.6
    訳あり物件に住み、事故履歴(の説明義務)を帳消しにする仕事、ルームロンダリングをしている霊が見える女の子が、霊との交流を通して成長していく物語。 霊達は其々に抱えている未練によって、其処に縛られているんですが、皆んな愛嬌たっぷりで、人と接するのが苦手な主人公を時には説教したり、気遣ってくれたり、とっても良い関係なんです。 ストーリーもマッタリ日常的な展開で、そこにオダギリジョーが独特な雰囲気をプラスしてます。 去年、4話位のドラマ(映画の後の話)もあったけど、そっちの方が泣けたかな。私はこういう映画好きです(*^^*)
  • 新居
    3.5
    こんな幽霊なら一緒に住んでもいいかな~て思えるほっこりするコメディー映画(*´艸`)クスクス 池田エライザの陰キャラ、オダギリジョーの小悪党、渋川清彦のお茶目な幽霊などどれも良かった( ¯꒳¯ )b✧
「ルームロンダリング」
のレビュー(2349件)