どん底から這い上がる人生だから面白い!最高に熱い映画『百円の恋』

映画好きなサラリーマン。

柏木雄介

昨年年末に公開され、鑑賞した多くの人を勇気づけた一作『百円の恋』が、先日第88回アカデミー賞外国語映画賞部門の日本出品作に選出されました。

『0.5ミリ』で今年の日本アカデミー賞優秀主演女優賞でも選ばれた安藤サクラさんが主演のこの作品。一言で言うと、とても”熱い”映画です。ご覧になれば、どんなに自分がダメな人生を送っていようとも、明日に向けて頑張れること間違いありません。

百円の恋1

『百円の恋』ストーリー

32歳の一子(安藤サクラ)は絵に描いたようなダメ人間。実家で毎日だらしない日々を過ごしていました。あるとき離婚して実家に戻ってきた妹とケンカをして、一子は一人暮らしをすることになります。

百円均一のコンビニでバイトをして生活していたところ、そこに通うボクサーの狩野(新井浩文)に恋をする。そこからいろいろあって、ボクシングへと興味を持つという話です。

始めはコメディ色が強くて驚かれるかもしれませんが、最終的にものすごい”熱い”スポ根映画に変わります。主人公がダメ人間だから、周りに出てくる人もダメ人間ばかり。そんな人と一緒にいても、感情を押し殺してボクシングへと励む一子を観て何だか応援したくなります。

一子がボクシングをやるきっかけは確かにありました。しかし最終的にボクシングを続ける”理由”なんてなくなっていたかもしれません。自己満足でも良いのです。どんなことにやるにせよ、理由らしい理由はあってもなくても実はそれは重要ではなく、真っ直ぐ何かに打ち込むひとの姿はカッコ良いと改めて感じさせます。

底辺にいるから湧く力

どんな環境にいたって人はきっと変われます。そんな風に感じられる素晴らしい映画です。そして一子を演技した安藤サクラさんが非常に素晴らしい。一子のあの初めの目つきや姿勢、そしてぼそぼそとした話声が変わっていく姿がとても印象的です。シャドーボクシングを仕事場でもやるシーンがあるのですが、めちゃくちゃカッコ良いです。

一度でも底辺を経験したからこそ、湧く力があります。それは決してかっこ良いものではないかもしれません。言うならば”負”の原動力です。怒りとか、苦しみ、悔しさ、全て”負”の原動力ですが、それが”痛い”ほど伝わってきます。

それを露わにしないよう、必死にボクシングに没頭する姿に惹かれます。底辺でも百円の価値だろうとも、馬鹿にするんじゃない!勝ってやる!という”自分”への闘志が観るものを熱くさせるのです。

とても熱いボクシング映画。終盤は涙が止まりませんでした。どんな環境にいたってきっと這い上がれる。そんな勇気をもらえる作品。今、自分に自信がない人にこそ観て欲しい映画です。

主題歌のクリープハイプ【CreepHyp】も素晴らしい。

▼クリープハイプ「百八円の恋」MUSIC VIDEO

『脳内ポイズンベリー』の「愛の点滅」主題歌としてもクリープハイプの曲が選ばれています。クリープハイプの曲は、非常に映画とマッチしていて映画を観終わった後も余韻に浸れます。

最近では9月12日より『私たちのハァハァ』というクリープハイプのファンである女子高生4人が、福岡から東京までライブめがけて走り出す青春ムービーが公開されました。今年はクリープハイプの勢いが止まらない気がします。

世界各国の出品作からノミネート作が選ばれ、来年の2月に受賞作が決まるのですが、これをきっかけにこの映画を見て様々な人の心を打ち、勇気を与えていければ映画のファンとして嬉しいです。

またスウェーデン代表として選ばれた、「さよなら、人類」は現在公開中、またドイツの代表として「顔のないヒトラーたち」が選出されており、こちらは日本公開は10月3日となっています。来年の第88回アカデミー賞”熱く”なりそうです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • つばさ
    -
    安藤サクラという女優を大好きになってしまうな。 クリープハイプの音楽性もありつつ映画にちなんでてエンドロールが流れた瞬間涙が出そうになった、映画館なら号泣していたと思う。 オープニングの文字正直安っぽいなって思ったんだけど、この映画だからむしろ妥当すぎるんだよね。 ヒューマンストーリーだけど最後奇跡みたいな勝ち方するんじゃなくてがっつり負けるのが良い!左パンチも決まらなかったし。 正直明日から頑張ろうみたいな気にはなれない、けれど、もう少しだけ生きれる気がする。
  • あいな
    3.8
    〜前回の続き〜 俺には最後やりたいことが一つだけあった。動物は俺を裏切らないが、俺自身も俺を裏切らない。そんな俺の唯一の趣味は誰にも口にしたことはないが、女装をすることだった。 女装に目覚めたのは2年前、会社の宴会の席でアイドルのコスプレをして歌ったり踊ったりしなければいけなくなった。 「これ明日着る衣装だから」 そう言って渡された衣装はいかにも学校の制服に寄せて作られたシャツとリボンそしてスカートとtheコスプレだった。正直を言えばやりたくはなかった。元来人前に出る機会もなかったし、女装をして踊って発表してなにが楽しいのか、俺には全くわからなかった。帰宅後、ソファにネクタイと背広をかけ、もらった衣装も置き、いつものように買い置きのカップラーメンを夜飯にテレビをつけた。11時も周りベッドに入り、寝ようと目をつぶって明日の宴会への気だるさに頭が重くなってきた頃、明日本番1発目で着るのが怖くなってきた。サイズは大丈夫か?肩幅はパツパツしてないのか、パンツはなにを履けばいい??そう考えるうちに今一回、着といた方がいいという結論に至った。今日で言えば誰にみられるわけでもなく、明日の自分のために練習をするまでだと自分に言い聞かせる。億劫ながらも、衣装に手を伸ばす。シャツに袖を通しボタンを止める。リボンはゴム紐がついた簡易式、シャツの襟にゴムを巻く。意外とサイズは丁度いいかな、なんて思いながらスカートに足を通す。ふーん、スカートの構造はこうなっているのか、と1人納得しながらチャックを上げる。やけに下がスースーと涼しい感覚に襲われ変な気持ちになる。衣装には丁寧にカツラまで入っていた。黒髪のパーマのかかったロングヘアだ。自分の前髪をしまい、カツラをかぶった。急いで鏡の前に行く。そこには自分であるようで自分でない、他人であるようで他人でない自分がいた。心臓がわずかながらにドクドクなっていた。それは性的興奮からではなく、何か本能的なワクワクした気持ちに駆られることからくる興奮だった。華奢な体で体毛も薄かったためかスカートから伸びるすらっとした足は女性よりも女性らしく見える。五分後にはすぐに着替え、俺は近くのコンビニに化粧用品を買いに走り出していた。興奮覚めやらぬままま、帰宅後すぐに自分の化粧に取りかかった。化粧の知識なんか全くない俺はネットの情報を頼りにみようみまねでやってみる。下地をぬって、ファンデーションと、おっと、俺が買ってきたのはパウダー型のファンデーションだからコンシーラーが先か、最後にファンデーションと。最初にしては下手くそなのか、上手いのかもわからない。ただ一つだけ自分ではない自分になれている気がした。アイメイクを済ませ、チークにリップに一通りの化粧をこなしてみた。またもや衣装を手に取り、鏡の前で着てみる。そこには知らない人がいた。これが自分か、自分が嫌いだった僕にとって、人生を否定されてきた僕にとって、この時だけは別人になれたような気がした。 結局次の日の宴会は欠席した。風邪という理由で。本当は1日女装について研究していただけだが。 その日から俺は女装が趣味になった。今はネットでなんでも買える時代だから良い。自分が着たいと思うもの全部漁った。もちろん下着まで。そこの投資になにも躊躇はなかった。今の自分から遠ざかるために。自分が自分でなくなるために。実際問題、自分ではなくなることができるなら女装じゃなくてもよかったのだと今では思う。たまたまその手段の1つが女装であったまでだ。女装を始めてからも決して、口外はしたことはないし、女装で外に出ることもない、家の中で1人、自分じゃない自分の時間を過ごすのが好きだった。本当は誰かに認められたい。女装を見てもらいたい、なんて気持ちがないわけでもなかったが、恥ずかしさ、何より自分が女装をしているという自分の中での恥ずかしさが勝っていた。そんな時にヤツはやってきた、〈あの世界〉に連れて行くと。この世界でやりたいこと、俺は女装をして外に出る。何食わぬ顔で街を歩く、食事をする、そしてショッピングをする、ヤツが来たからこそおれはそうすることに決めた。 〜続く〜 本当のこと ボクシングゾーンに入って練習しまくる時のBGMと安藤さくらかっこよすぎ。
  • S
    -
    95
  • 森鷗外pvq
    3.8
    立て、立って死ね もう既にボロボロの心に鞭打って、リングで体もボロボロにしに行くのが一種の自傷行為に見える 生きるために必要な傷。 周囲のどうしようもない環境とかゴミみたいな人々へのフラストレーションを自分の中で昇華させ強くなる安藤サクラの生き様、女だからとか、三十路だからなんて見せかけの縛りに屈しないこのエネルギー、見習いたい
  • ミコト
    4.1
    強いオンナになりたい
百円の恋
のレビュー(61616件)