1日限定【Filmarks × the sign podcast】『日本侠客伝 関東篇』登壇付きフィルム上映チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

【登壇付き】「Filmarks」とポッドキャスト番組〈the sign podcast〉のコラボ企画『日本任侠伝 関東篇』フィルム上映が決定

日本侠客伝 関東篇』上映イベント詳細

「Filmarks」とポッドキャスト番組〈the sign podcast〉のコラボ企画がローンチ。その第一弾として、12月18日、貴重な35mmフィルムによるマキノ雅弘1965年作品『日本任侠伝 関東篇』の特別上映会を開催します。上映前後には登壇トークイベント(60分前後)も。目黒シネマにて1日限り、上映2回のみの開催です。

今回のコラボ企画は、かつては一世を風靡し、一度は語り尽くされ、だが今では忘れられつつある、60年代東映プログラム・ピクチャーを代表する「任侠映画」という膨大な体系を一作品づつ観ていくことによって、改めてそこから2020年代的な視点と主題を浮かび上がらせようという趣旨を持ったポッドキャスト番組〈the sign podcast〉のシリーズ企画「60年代任侠映画を再定義する」と連動したもの。このシリーズ企画の出演者――三原勇希、夏目知幸、八木皓平、田中宗一郎の4名が普段のスタジオから飛び出し、観客の皆さんと一緒に映画館での上映を楽しむと共に、その興奮のままトークを繰り広げます。

今現在、日本侠客伝シリーズ第三作目『日本任侠伝 関東篇』は、劇場上映用のデジタル素材が存在せず、今回の上映は貴重な35mmフィルムでの上映となります。ただ事前にご了承いただきたいのは、フィルムの状態は決して良くはありません。経年劣化が見られ、褪色が進行。カットされた箇所が幾つかあり、音飛び箇所もあります。ただ逆に言えば、もしかすると今回がこの名作を映画館で観ることの出来る最後の機会になるかもしれません。

『日本任侠伝 関東篇』はマキノ雅弘監督による1965年作品。「日本映画の父」=牧野省三の息子として18歳の初演出作品から生涯250本以上の映画を撮り続けた名匠である彼が、映画監督としてのキャリア晩年に残したおびただしい数の「任侠映画」のうちの一作です。大正13年、関東大震災による破壊によって日本橋から築地に場所を移すことになった魚河岸を舞台に、そこで新たに生まれた既得権益を占有しようとする、行政と癒着した近代やくざが作り上げたシステムから弾き飛ばされていく市民たちの葛藤や分断、友愛と団結を描いています。

この映画の見所については、11月9日にSpotifyで配信されたばかりの〈the sign podcast〉にて番組のホスト、田中宗一郎が60分に渡り、様々な角度から語っています。Spotifyのアプリを入れさえすれば無料でお聞きいただけます。是非そちらもお聞きいただいた上で、当日会場に足をお運びいただければと思います。

【上映情報】

<第一上映>
作品:『日本任侠伝 関東篇』
日時:2022/12/18(日)開演 15:25/上映後登壇イベント
劇場:目黒シネマ
上映時間:94分
登壇予定:三原勇希、夏目知幸、八木皓平、田中宗一郎

<第二上映>
作品:『日本任侠伝 関東篇』
日時:2022/12/18(日)開演 18:55/上映前登壇イベント
劇場:目黒シネマ
上映時間:94分
登壇予定:三原勇希、夏目知幸、八木皓平、田中宗一郎

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)東映

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • 山崎メトロノーム
    4
    健さん✕長門裕之の掛け合いは素晴らしいなぁ。 民衆のカットで始まり民衆のカットで終わる。
  • Torumu69
    4
    2022年111本目 signpodcast から
  • shomurase
    3.9
    休みの日朝起きて顔も洗わずに一気に見た。シンプルだけど目が離せない90分。やっぱり映画は90分が一番身体にあう。みんなイキイキしていて胸がギュッと熱くなった。
  • 滝和也
    4
    関東大震災後 築地市場… 新興暴力団の魔の手 が迫るその場所で 昔からの暖簾を守る 姉妹の店にふらりと その男は現れる… 「日本侠客伝 関東編」 シリーズ第3作にして、ここまでの極めつけが出てきましたね。これは面白い。ストーリー、キャラクター、映像、セットの豪華さと全てが巧み、流石名匠マキノ雅弘監督。大娯楽作品に仕上がってます。 築地市場を牛耳り、魚の相場を操ろうとする新興ヤクザと水産局の役人。それに対抗する老舗、江戸一。その父に先立たれた姉妹が切り盛りする店に、船に置いてかれた呑気で腕っぷしが強い機関士、緒方が転がり込む。荷上げ人足の松、寿司屋のサブとそして安い魚を望む魚屋たちは江戸一を応援していたが、ヤクザと役人が結託し旗色は悪かった。そこに嘗て姉妹の姉お栄と幼馴染で恋仲だった江島勝治が帰ってくる。勝治は佃勝の異名を持つヤクザであり、江戸一を陰ながら助けようとする…。 このシリーズは基本、新興の暴力に古き伝統の善意の人々が抑圧され、そこに高倉健、そして助っ人であるゲストが現れて我慢を重ね、ゲストの死から、その怒りが爆発、ラストに向かうという筋立て。(これが東映任侠路線の骨格になります) ですが…この作品、骨格は同じでも脚本がかなり巧みに作られていて、誰が死ぬかも予測できない作りになってます。しかもどの役者も今見たら大物揃いなので予測不能…。途中主役であるはずの健さんすら…危うい。通常ならそこで逝ってますよ…。 つまり危機の連続なんですよね。しかも美人姉妹の店の危機ですから。姉が南田洋子さんで妹は藤純子様で、それは男なら助けたくなるのが当たり前。そこにド汚え手を使って邪魔が入るんですね。それだけに押し込まれてから…ひっくり返す爽快感は抜群。 しかもラストの大殺陣はパラレルに進み、カットバックで繋げて盛り上げてくる。しかも大人数で大迫力。健さん流の派手な殺陣がまた見事にハマる。そこに圧倒的なアウトローである佃勝役、鶴田浩二さんの渋い殺陣が被さるクライマックスがまぁ見事です。 江戸一を救うため旧知の焼津の網元を健さん緒方が訪ね、魂の入った金で魚をおろす事をお願いするシーンから反撃が始まるのですが…その網元が 出た!丹波、丹波哲郎! すげぇ迫力で凄まじい存在感。健さん緒方を呑気坊主と呼び小僧扱いする。これは丹波哲郎でしかできない。その余裕しゃくしゃくな演技が緒方との信頼を一発でわからせる名演技。更にラストの殺陣にも出てきちゃう(笑) 脇の豪華さはまだまだあります。寿司屋のサブちゃんとなれば当然すし太郎…じゃなくて北島三郎さん。主題歌も歌い、劇中でもその喉を聞かせてくれます。人懐っこそうな笑顔が良い。佃勝の弟分でもあり、人足の松さんとは良いコンビ。二人と藤純子さんの掛け合いは見事でした。松さんには長門裕之さんがレギュラー登場。毎回…ですが今回は一ひねりあります(^^)。 鶴田浩二さん…いつもながら見事。健さんの上に入れる方ですからね。渋い、かっこいい。男の哀愁たっぷりのアウトロー。今回は助けにくる見せ場が多くて、もう一人の主役でしたね。 主役を演ずる健さんは、珍しくコミカルな部分を持つ役柄。寝坊で置いてかれた事が多数ある船員さんで丹波さんから呑気坊主と呼ばれますからね。前半は明るいシーンも多く楽しめますよ。今回は姉妹の姉、社長を慕い、より気風が良く根性が座り成長していくんですね。これはこれで健さんのカッコ良さが出てます。 シリーズモノって2作目から落ちるのが普通なんですが、東映の任侠映画は違いますね。配役含め脚本、内容が練れてきて新しいアイデアが組み込まれ良くなってくる。今作是非オススメですね。
  • odyss
    3.5
    【脇役が多彩】 主役の健さんがちょっとコミカルなところを見せているのが見どころの映画。 健さんは船員で、港でぐずぐずしているうちにうっかり船に乗り遅れてしまい、魚河岸の伝統ある魚問屋に雇われることに。この店を切り盛りしているのが、先代の父亡き後に女社長となった南田洋子。その妹が藤純子という配役。美しき姉妹が父から受け継いだ魚問屋を必死に守ろうとしている。 ところがそこに新興の悪辣な業者が圧力をかけてきて、魚市場の権益を独り占めしようとする。この業者は東京市(戦前ですから)の役人ともつるんでいる。そこで・・・・という展開。 健さんだけではなく、鶴田浩二や長門裕之、丹波哲郎や歌手の北島三郎、その他色々な脇役が登場して、多彩な顔ぶれや局面を楽しめる。特に、健さんがコミカルなせいか、鶴田浩二がかなり正統派のアウトロー(?)を格好良く演じているのが目立つ。北島三郎も、鮨屋のあるじという役ながら、本職の歌も披露しているところがいい。 行き着く先はおきまりのパターンではあるが、登場人物の多様さと魅力で厚みのある作品に仕上がっている。
日本侠客伝 関東篇
のレビュー(166件)