【ネタバレ解説】映画『複製された男』蜘蛛の謎とラストの意味を徹底考察

ヒットガールに蹴られたい

竹島ルイ

ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴが2002年に発表した原作小説を、『メッセージ』や『ブレードランナー 2049』などを手がけたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映像化した『複製された男』。

観念的で難解なストーリーと、意味不明すぎる衝撃の結末に、度肝を抜かれた方も多いのではないだろうか?

という訳で、今回は『複製された男』をネタバレ解説していきましょう。

複製された男

映画『複製された男』あらすじ

トロントの大学で教鞭をとる歴史講師アダム(ジェイク・ギレンホール)は、映画を鑑賞中に自分に瓜二つの俳優がいることを発見する。彼がアンソニー・クレア(ジェイク・ギレンホール)という名前であることを突き止めたアダムは、好奇心から彼と面会を果たす。

アンソニーは1日だけお互いが入れ替わることを提案し、アダムは渋々それを受け入れるが、やがて物語は思わぬ事態へと向かっていく…。

複製された男_5

※以下、映画『複製された男』のネタバレを含みます。

アダムとアンソニーの正体とは?

ジェイク・ギレンホールが、アダムとアンソニーの二役を演じる。

タイトルからすると「アンソニーはアダムのコピーロボットなのか?」と、あらぬSF的想像や、「アンソニーはアダムの二重人格が生んだもう一人の自分なのか?」と、ジキル&ハイド的妄想をしてしまいそうになるが、果たしてこの二人は何者なのだろうか?

改めて彼らの特徴を確認してみよう。

■アダム

複製された男_4

職業:大学の歴史講師
性格:気弱なM男
配偶者:独身。メアリーというガールフレンドがいる
住居:ボロいアパート
移動手段:ボロい車

■アンソニー

複製された男_3

職業:映画俳優
性格:強気なS男
配偶者:既婚。妊娠6か月のヘレンという妻がいる
住居:オシャレな超高級マンション
移動手段:スズキのバイク

容貌は瓜二つだが、キャラは正反対であることがよく分かる。だが気になるのは、アダムの母親(イザベラ・ロッセリーニ)が息子に対して呟くこんなセリフだ。

「教員をやってて住まいも立派ね」

オカシイ。住まいが立派なのは、俳優のアンソニーの方ではないか?しかも、母親は続けてこんな言葉も投げかけるのだ。

「三流役者とそっくりなんて話はよして」

なぜ彼女は、会ったこともない役者の演技が三流だなんて断言できたのか? 答えは明白。彼女は彼の芝居をみたことがあったのだ。実の息子の芝居を。つまり、アンソニーとアダムは同一人物なのである

もう一つ重要なシーンがある。アンソニーが所属している事務所にアダムが訪れるシーンで、受付の男が「会うのは半年ぶりだ」と答えているのだ。半年という数字は、アンソニーの妻ヘレンの妊娠6か月という数字に呼応する。

さらにもう一つ! アンソニーが妻のヘレンと、こんな会話をするシーンがある。

「あの女と?」
「蒸し返すな」
「また会っているの?」

どうやらアンソニー(=アダム)はかつて浮気をしていたらしい。ここから導かれる答えはこうだ。

売れない俳優のアダムは、妻帯者であるにも関わらずメアリーと情事を重ねる浮気者。やがて妻の妊娠を機に役者業を諦め、大学の歴史講師という地味な仕事にジョブチェンジ。メアリーとの関係を清算し、まっとうな人生を歩もうとしていた。

だがどこか満たされない想いが募り、人生の底打ち感ハンパない。豪華なはずの自分の家までも、みすぼらしく思えてしまう始末。

どうにもこうにも欲望を押さえつけることができず、本来あるべき自分(ありたい自分)であるアンソニーというドッペルゲンガーを生み出し、メアリーとまた浮気を重ねてしまう。

つまり、アンソニーはアダムにとってのリビドー(性欲)の化身なのである!!

複製された男_2

蜘蛛が象徴するもの、ラストの意味とは?

『複製された男』では、蜘蛛が重要なモチーフとして登場する。秘密クラブで金髪美女がハイヒールで踏みつぶそうとする蜘蛛。蜘蛛の顔をした女。街を練り歩く巨大な蜘蛛…。

ところで皆さんは、六本木ヒルズにある巨大な蜘蛛のオブジェをご覧になったことがあるだろうか?

これはフランス出身の芸術家ルイーズ・ブルジョワ(1911年〜2010年)による作品で、六本木以外にもオタワのカナダ国立美術館、ニューヨークのグッゲンハイム美術館、ロンドンのテート・モダンなど、世界中に9箇所設置されている。

Mamanルイーズ・ブルショワの彫刻“ママン”(カナダ国立美術館)

この巨大な蜘蛛のオブジェの名前は“ママン”(=母親)。ルイーズは幼少時に、両親と父親の愛人が一緒に暮らすという異常な状況を体験している。彼女にとって母親とは、父親の傲慢な振る舞いを耐え忍ぶ哀しい存在だったことは想像に難くない。

『複製された男』における蜘蛛もまた、“ママン”的な象徴として考えられないだろうか? しかしそれは男サイドからすると、自分の性的欲望を抑えつける抑圧の象徴としての母(もしくは妻)となる。

そう考えると、「アダムが部屋の片隅に巨大な蜘蛛を発見する」という意味不明すぎるラストシーンも解釈しやすい。それは秘密クラブのカギを発見して、リビドーがパンパンとなったアダムの浮気願望を察知した妻ヘレンの姿。だからこそアダムは自分の過ちに気づいたかのような表情を浮かべるのだ。

ちなみにアンソニーとメアリーが自動車事故を起こすシーンがあるが、これは妻の愛情にほだされたアダムが、自分の欲望(メアリーとの浮気)に終止符を打とうとする脳内映像(妄想)である、と推察いたします。

事故を起こした車のフロントガラスのヒビが、蜘蛛の巣状になっていることに注意! それは事故ること(浮気を止めること)で、あえて自らママン(=妻)の巣の中に入り込もうとする行為だったのではないか?

『複製された男』は“コントロール”の物語

結局のところ、『複製された男』は「結婚したら浮気はダメだよ!自分の性欲は自分でコントロールしようね!」という倫理的な(!?)映画なのだ。アダム自身、学校の講義でこんなセリフを吐いているではないか。

「支配(コントロール)。支配が全てだ」

歴史講師のアダムは古代ローマの話をしているのだが、これは結局自分自身の性欲(のコントロール)の話をしているのだ。

本作の原題である『Enemy』(=敵)が、性欲のコントロールを邪魔する最大の敵が自分自身であることを、明快に示している。

見るからに怪しい秘密クラブは、おそらく現実に存在するのものではなく、男の性欲そのものの表象するメタファー。秘密クラブのカギは、要はリビドーのスイッチボタンだ。

現実と妄想がゴチャ混ぜになっていることが、『複製された男』を難解映画にせしめている最大の要因。それさえハッキリ分かってしまえば、そこに広がっているのはしょーもないオジサンの浮気話なのである!

(C)2013 RHOMBUS MEDIA (ENEMY) INC. / ROXBURY PICTURES S.L. / 9232-2437 QUEBEC INC. / MECANISMO FILMS, S.L. / ROXBURY ENEMY S.L. ALL RIGHTS RESERVED.

【あわせて読みたい】
ドゥニ・ヴィルヌーヴは何故、SFを語り始めたのか?【フィルムメーカー列伝 第九回】
【ネタバレ解説】映画『メッセージ』に秘められた“ループ構造”を解き明かす​
【ネタバレ注意】クセのあるラブストーリーにほど女は惹かれてしまう…「歪んだ愛」が似合うオトコたち

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • すすきの
    3.3
    期待値が高かっただけに、ちょっと拍子抜けな感じが否めない。 こんな独特な目力の人間が2人もいてたまるか。
  • ソファ
    3.0
    多くの人が言ってるように解説無しじゃ全くわかりません笑 でもだからといってつまらないかと言うとそんなことはなくて、アンバーな色温度の画面から漂う緊張感は切れることなく最後まで私達を連れて行ってくれます。 逆に解説なんて読まずに20回くらい見て自分なりの解釈にたどり着いたなら、解説を超える示唆にたどり着けるのかもしれません。
  • しゅういちろー
    -
    2019年 329本目
  • ami
    2.8
    記録
  • HyperR
    2.0
    説明的なものが、ほとんどなく。突如現れる蜘蛛など、意味不明なことが多いです。 ただ一度鑑賞して、ネタバレや考察などを見てから2周目をみると、一周目より面白く見れるかもしれません。 ジェイク・ギレンホールはかっこいいですね。
「複製された男」
のレビュー(10350件)