【★4.0高評価】オスカー監督が暴く衝撃の真実!アメリカを震撼させた驚愕の実話『デトロイト』<イラスト4コマ紹介>

ハート・ロッカー』でアカデミー作品賞を受賞、続く『ゼロ・ダーク・サーティ』ではオサマ・ビンラディン暗殺作戦の裏側を描き、現代社会の闇を鋭く抉り出してきたキャスリン・ビグロー監督の最新作『デトロイト』が7月4日にリリースされます。

デトロイト1

ビグロー監督が今回題材に選んだのは、1967年デトロイトで起こった暴動事件。差別が横行する社会への不満が爆発し、黒人たちによる暴動が発生。そんな折、一発の銃声がモーテルから鳴り響き、白人警官や州兵たちによる強引な捜査が始まります。誰かれ構わず暴力を振るい、自白を強要する白人警官の恐怖に耐える若い黒人たち、やがて捜査はエスカレートしていき全米を揺るがす大きな事件へと発展していきます。

Filmarksでスコア4.0の高評価、圧倒的なリアリティある映像と役者陣の熱演によって観客を暴動の中に引き込み、目利きの映画ファンに熱く支持された本作の魅力をイラストとともにご紹介します!

圧倒的リアリティとともに若者たちの悲痛な叫びを表現!

デトロイト_イラスト

デトロイト暴動は、1967年7月23日から27日にかけて発生した大規模暴動。かねてからの警官による黒人に対する不当な扱い、社会全体に根強く存在する差別に苦しめられてきた黒人たちの不満がふとしたきっかけで爆発。この暴動により43人が死亡、負傷者は1,000人を超し、ミシガン州は警察だけでなく州兵までも動員して鎮圧にあたりました。

本作はその暴動の最中に、あるモーテルで起きた事件に迫ります。一発の銃声がモーテルから鳴り響き、狙撃者を探すために白人警官たちが突入、モーテルに宿泊していた若い黒人たちを次々に打ちのめし、なりふり構わず狙撃者を割り出そうとします。その強引なやり口は次第にエスカレートし、ついには全米を揺るがす大きな事件へと発展していく。

デトロイト2

ビグロー監督は、事実を丹念に調べ上げ、モーテルで起こった惨劇を圧倒的なリアリティで再現。観客は狂気に支配されたあの日のモーテルに自分もいるかのように体感することになります。

地獄のような一夜を描くこの40分間は衝撃的であることは言うまでもなく、私たちに人種差別だけでなく、暴力による統治がいかに非人間的なものかを問題提起するシーンにもなっています。

また、事件を追いかけるだけでなく、夢が潰えた若者の悲しみや冷静に対処しようとする黒人警備員の絶望感などが丁寧に描かれるからこそ、観るものの心を打つ映画になっているのです。

豪華役者陣の熱演から目が離せない!

ドキュメンタリータッチのカメラワークの臨場感もさることながら、本作のリアリティは役者陣の熱演によっても支えられています。『スター・ウォーズ』や『パシフィック・リム:アップライジング』など話題作への出演が続くジョン・ボイエガは警官と被害者の間に立たされる複雑な役を熱演。狂気に堕ちた警官たちと恐怖に怯える黒人たちの間で一人冷静かつ誠実であろうとし続けます。

デトロイト3

狂気に駆られた差別主義者の白人警官を演じるのは、『メイズ・ランナー』や『レヴェナント: 蘇えりし者』で知られるウィル・ポールター。「自分の役に嫌悪感を感じる部分もあった」と語る苦しい役を、差別意識の恐ろしさを体現するため心を鬼にして熱演しています。

デトロイト4

作品を彩る名曲の数々に涙すること間違いなし!

モーテルで事件に巻き込まれる、実在のバンド「ザ・ドラマティックス」のメインボーカル、ラリー・リードを演じるのは歌手としても活躍するアルジー・スミス。劇中でもその美しい歌声を披露しています。劇中歌「Grow」には、アルジー・スミスとともに、ラリー本人も参加。演者と本人による夢のデュエットが実現しました。

デトロイト5

また、人気ヒップホップバンド、ザ・ルーツも「It Ain’t Fair」を提供。さらに1967年当時の雰囲気を再現するため、ザ・ドラマティクスやマーヴィン・ゲイ&タミー・テレル、ジョン・コルトレーンなどの楽曲も使用されており、そんな数々の名曲も作品の大きな魅力となっています。

キャスリン・ビグロー監督の最高傑作と名高い『デトロイト』は、7月4日よりBlu-ray&DVDリリース!

◆映画『デトロイト』 information

デトロイト7

あらすじ:1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

上映時間:142分

2018年7月4日Blu-ray&DVDリリース!

発売元・販売元:バップ
公式サイト:http://vap.co.jp/detroit/

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年2月20日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 飽田
    3.6
    本作は『アルジェ・モーテル事件』を題材した映画。 モーテルの一室から陸上競技などで使われるスターターピストルを発砲した事で 狙撃犯と疑われた黒人3人が白人警察官に銃殺されてしまった事件。 納得の行かない結末。
  • yah
    4
     州警察役のウィル•ポールターの憎たらしさ半端ない。顔が嫌な奴すぎて、めっちゃくちゃハマり役。 ハートロッカーとかゼロダークサーティーの監督でジェームズキャメロンの元奥さんのこの監督、すごい。
  • Emma
    3.5
    記録
  • shin
    4.2
    人種差別というよりもシンプルに虐殺だった。 1967年デトロイトで起きた暴動の最中の白人レイシスト警官による黒人虐殺。 今まで観てきた映画の中でもトップクラスに胸糞悪い。 そのレイシスト警官の1人を演じたウィル・ポールター。 彼のデビュー作で大好きな映画『リトルランボーズ』での彼は憎みきれないかわいい悪ガキ!その印象から今作でも差別感情がありながらも良心が垣間見えるかと思ってたらそんなことはなく、、混じりっけなしのレイシストを見事に演じきっていた。 実際にモーテルの事件現場に居るかのような恐怖を感じれたのはキャスト陣の見事すぎる演技のおかげだったなー。特にラリー・リードを演じたアルジー・スミスの演技、歌声が凄すぎた。 その後のラリー・リードが選んだ人生があの事件の "真相" を物語ってる気がする。 10対0で人種差別を語る "木を見て森を見ず" みたいなクソ映画が嫌い。でもこの作品には客観性がすごくある。 黒人の暴動という手段への疑問、街を破壊し関係のない店から窃盗しまくる。そういった黒人側の問題点もちゃんと描いている。 白人警官による黒人への不当な捜査と虐殺事件を浮き彫りにさせる映画ではあるけれど、逃げ惑うラリー・リードを助け病院へ送ったのも白人警官。 まぁでも結局最後は白人至上主義を突きつけられる胸糞な事件/映画だった。
  • バナバナ
    4
    キング牧師暗殺事件の1年前、1967年のデトロイト暴動の中で実際起こった事件の映画化。 デトロイトといえばカナダに隣接する、アメリカでも北部に位置し、当時はアメリカの中でも、黒人の裁判所判事、連邦議会議員、労働組合幹部などを一早く輩出していた。 それなのに、足元でレイシズムは蔓延していたのだった…。 1967年7月23日、黒人居住区で無許可で時間外営業していた酒場に警察の手入れが入る。 その酒場では、黒人のヴェトナム帰還兵のお祝いをしていたのだ。 逮捕されたのが82人にも及び、時間も明け方だったので、 この高圧的な逮捕劇に周辺住民が騒ぎだし、それまでの鬱憤も溜まっていた事から暴動に発展する。 場所は変わって、デトロイトでレコードデビューを目指す4人組の黒人青年達がいた。 暴動のせいで一人とはぐれた残りの3人は、家まで帰る事が出来ず、仕方なく途中のモーテルに泊まることにする。 ここで白人女性が出てきた時点で「わあ、フラグが立ってるやん!」とざわざわした嫌な予感が始まる。 他にも、軍を除隊したばかりの黒人が白人女性の部屋で談笑していたり、 アルバイトで警備員をしている青年が外を見てくると店を出た時点で 「ああ、余計な事せんでいいのよ。早く店の中に入ってて! 外に出ないで!」 と、私の頭の中にも黄色信号が点滅する。 これが『大統領の執事の涙』の主人公の様に、南部の州から命からがら逃れてきた人なら、暴動中にこんな軽はずみな行動はせずに、出来るだけ目立たぬ様に息を潜めているのだろうが、 一番ひどかったのが、酔っておもちゃの銃を窓からぶっ放した奴だ。 全く、深酒する奴って、ろくな事しないんだから。 案の定、関係ない人達まで酷い目に遭っちゃったじゃないか(怒)! そりゃあ、一番悪いのは殺した警察官の方なんだけどさ。 警察官や州兵の中にも、まともな人は居たけど、結局裁判になると、こういう恥晒しな事をした白人の事件は目立たせたくないのだ。 日本の学校のいじめ事件でも、第三者委員会が調べないと、学校や教育委員会がいじめがあった事すら認めないのに似ている。 出来る事なら事件そのものを抹消したいのだ。 無かった事にしたいのだ。 民事訴訟では、被害者家族が殺人警官に勝ったそうだけど、賠償金はたった50万円だったのね。黒人の命はこうも安いのか…。 今でもまだ、おなじ事が起こっているが、やった事を隠せなくなってきたのがせめてもの救いなのかな。 だが、52年も経ったのに、まだ世の中変わっていないのだと思うと恐ろしい。
デトロイト
のレビュー(17923件)