【発表】2018年7月公開の映画期待度ランキングTOP20《1位は人気シリーズ最新作》

2018.07.04
映画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、サービス内のデータに基づき、2018年7月公開映画の期待度ランキングを発表。まずはTOP10からチェック。

10位:『グッバイ・ゴダール!

グッバイ・ゴダール!

2,571Clip![7月13日公開]ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻であった、女優アンヌ・ビアゼムスキーの自伝的小説を映画化。ゴダールと刺激に満ち溢れた時代をともにした、19才のアンヌの知られざる日々をコミカルに描く。

グッバイ・ゴダール!

9位:『BLEACH

BLEACH

3,494Clip![7月20日公開]週刊少年ジャンプで連載された人気コミック「BLEACH」を、福士蒼汰主演で実写映画化。死神を代行する高校生、黒崎一護が家族を守るために、悪霊・虚〈ホロウ〉と壮絶な戦いを繰り広げるアクション大作。

BLEACH

8位:『セラヴィ!

セラヴィ!

3,694Clip![7月6日公開]最強のふたり』のエリック・トレダノオリビエ・ナカシュ監督がおくる最新作。パリ郊外の古城で開かれる結婚式を舞台に、人々の人生と思惑が痛快に交差する様子を描いたフレンチ・コメディ。

セラヴィ!

7位:『ルームロンダリング

ルームロンダリング

3,697Clip![7月7日公開]池田エライザが主演をつとめる、こじらせオカルト女子がワケあり物件を浄化するファンタジー。TSUTAYA主催の映像クリエイター発掘コンテストで準グランプリ・Filmarks賞を受賞した、片桐健滋監督の初長編。

ルームロンダリング

6位:『君が君で君だ

君が君で君だ

4,435Clip![7月7日公開]松居大悟監督・脚本による完全オリジナルストーリー。池松壮亮が尾崎豊に、満島真之介がブラピに、大倉孝二が坂本龍馬に。愛する女性が憧れる人になりきった男たちの愛の行方を描いた、異色の恋愛ドラマ。

君が君で君だ

5位:『ウインド・リバー

ウインド・リバー

4,586Clip![7月27日公開]雪深いネイティブアメリカンの保留地を舞台に、世の中から忘れられたアメリカの闇を描いたクライムサスペンス。第70回カンヌ国際映画祭〈ある視点部門〉監督賞受賞作。

ウインド・リバー

4位:『バトル・オブ・ザ・セクシーズ

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

5,589Clip![7月6日公開]1973年、全世界で9,000万人が注目した、29歳の現役女子テニス世界チャンピオンと55歳の元男子世界チャンピオンの世紀のテニスマッチを描いたドラマ。『リトル・ミス・サンシャイン』の監督コンビがおくる最新作。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

3位:『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

5,905Clip![7月27日公開]山下智久新垣結衣ら共演で、リアルな医療・災害現場を描写し、主人公たち5名の成長と絆を描いた人気TVドラマを映画化。空と海で未曾有の大事故が連続で発生し、史上最悪の現場に立ち向かうことになる。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

2位:『未来のミライ

未来のミライ

15,312Clip![7月20日公開]スタジオ地図による細田守監督の最新長編アニメーション。甘えん坊の4歳の男の子くんちゃん”と、未来からやってきた妹ミライ”が繰り広げる冒険を通して、さまざまな家族の愛のかたちを描く。

未来のミライ

1位:『ジュラシック・ワールド 炎の王国

ジュラシック・ワールド 炎の王国

27,106Clip![7月13日公開]ヒット作『ジュラシック・ワールド』の続編。インドミナス・レックスとT-REXが激闘を繰り広げた島で、火山噴火の予兆が表れ、島にいる恐竜たちの生死を自然に委ねるか、危険を冒して救いだすかの選択を迫られる。

ジュラシック・ワールド 炎の王国

------

「ジュラシック・パーク」シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が、7月の期待度No.1を獲得。邦画では『未来のミライ』が最上位という結果になりました。

11位以下も注目映画がランクイン

11位悲しみに、こんにちは2,172Clip![7月21日公開]

12位虹色デイズ』1,873Clip![7月6日公開]

13位アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜』1,814Clip![7月6日公開]

14位アニー・イン・ザ・ターミナル1,529Clip![7月21日公開]

15位ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』1,394Clip![7月21日公開]

16位子どもが教えてくれたこと』1,290Clip![7月14日公開]

17位カランコエの花』1,076Clip![7月14日公開]

18位志乃ちゃんは自分の名前が言えない』975Clip![7月14日公開]

19位インサイド』914Clip![7月13日公開]

20位菊とギロチン』893Clip![7月7日公開]

《期待度ランキングとは》

FilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録した数)を集計し、ランキング化したもの(Clip!は1作品につき1人1件まで)。

※本ランキング及び記事内のClip!数は2018年7月3日時点のものです。

(C)LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.、(C)久保帯人/集英社(C)2018映画「BLEACH」製作委員会、(C)2017 – QUAD + TEN – TEN FILMS – GAUMONT – TF1 FILMS PRODUCTION – PANACHE PRODUCTIONS – LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE、(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会、(C)2018「君が君で君だ」製作委員会、(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.、(C)2018 Twentieth Century Fox、(C)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 」製作委員会、(C)2018スタジオ地図、(C)Universal Pictures

【あわせて読みたい】
※ 細田守監督最新作『未来のミライ』あらすじ・キャスト情報・予告編
【7月開催】エモさ満点!忘れられない夏になるおすすめの映画鑑賞イベント7選
【誕生日】7月生まれの映画監督・俳優まとめ《トム・ハンクス、池松壮亮、のん ほか》 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS