オカルトとホラーってなにが違うの?ちょっとマニアックなB級オカルト映画5本

2018.07.13
映画

恐怖は生きるための潤滑油

やすゆき

今宵もやって参りました13日の夜。
B級映画と廃墟をこよなく愛すやすゆきが、オススメのホラー映画を独自のカテゴリでご紹介。

皆さん7月13日は“オカルト記念日”というのはご存じでしょうか?
今から44年前の7月13日、オカルト映画の金字塔『エクスシスト』が日本で初めて公開されました。それを祝し、日本では7月13日がオカルト記念日となったそうです。

ところでオカルト映画って何? ホラー映画とは違うの? そう思う方も、いらっしゃるかと思います。多くのオカルト映画には目を背けたくなるいたましいシーンや、観客を脅かしてくるシーンなど、ホラー的な要素も含まれておりますが、主に宗教や悪魔、超自然現象などを題材とした作品がオカルト映画と呼ばれております。

『エクソシストや『ローズマリーの赤ちゃんなど、オカルト映画には是非観て頂きたい定番作品もございますが、本日はせっかくなので、ちょっとマニアックなオカルト映画5作品を紹介させて頂きます。

少女生贄(2013)

yasuyuki_0042

都会から田舎町の牧師になるため引っ越してきたブランフォード一家は、町の人々から歓迎を受けた。翌日、家族の元に町の人からケーキが届く。それをつまみ食いした娘は、スグにその異変に気付く。そっと口の中に手を入れると血が溢れ、中から牙の様な物が出てきた。そして彼女は生贄として選ばれたのである……的な作品。

「ンボボボボボボォォ」のパッケージでお馴染みの本作は、田舎を舞台とした定番のオカルト映画。ストーリーも分かりやすく、どなたでも楽しめるお手軽なオカルト映画といった感じでしょうか。衝撃のラストもB級感たっぷりで最高です。

悪霊喰(2003)

yasuyuki_0043

ニューヨークで司祭を務めるアレックスのもとに、1本の電話が入る。それは恩師・ドミニクの死を伝えるものだった。ローマへ向かったアレックスは、ドミニクの遺体と対面し、その体に妙な痕を見つける。この痕が何らかの儀式によって付けられたものだと気づいたアレックス。そして罪食い人という謎の存在を知ることになる……的な作品。

ヒース・レジャー主役の本作は、推理と本格的なオカルトを楽しめる重厚な内容。さらに雰囲気のある独特の世界観が作品に花を添え、オカルト映画好きには欠かせない一作でしょう。

ブレス・ザ・チャイルド(2000)

yasuyuki_0044

主人公マギーの元に突然、妹が訪ねてくる。妹は生まれたばかりの娘・コーディをマギーに預け、失踪した。それから6年、わが子のようにコーディを育ててきたマギーの元に再び妹が現われ、有無を言わさずコーディを連れ去って行った。マギーは懸命にその行方を追うと、たどり着いたのは謎のカルト集団だった!……的な作品。

昔、地上波でよくやっていたのですが、FilmarksでのMark!(観た)数が少ないことにビックリしました。カルト集団や悪魔などが登場する本作はサスペンス要素も多く、最後まで飽きずに楽しめる作品です。

ラスト・エクソシズム(2010)

yasuyuki_0045

牧師のコットンは悪魔の存在を認めていなかった。しかし悪魔を信じ、それに苦しむ人がいるのならと、インチキな悪魔祓いをしていた。そんなある日、「娘が悪魔に憑りつかれている」と連絡を受け、コットンはその家族を訪ねた。いつものように適当な悪魔祓いをするが、今回は何か違う……的な作品。

オカルト映画といえば、やっぱりエクソシズムですよね。勇敢な神父が悪魔と真っ向勝負!みたいなのが定番ですが、本作は悪魔の存在を認めない神父が、目の前で起きる超自然現象にガクガクする、というちょっと変わり種です。まるで自分もその現場にいるかのように感じる本作は、B級ながらも満足できる秀作。

アンボーン(2008)

yasuyuki_0046

ケイシーは不気味な少年が現れる夢にうなされていた。次第に精神を蝕まれていったケイシーは、ついに悪魔祓いをすることに。すると自分には、共に生まれて来ることが出来なかった双子の兄がいたことを知る。果たして夢に出てくる少年の正体とは……的な作品。

登場する悪霊たちが印象的な本作は、ホラー要素がたっぷりです! さらに監督・脚本は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の脚本を手がけたデビッド・S・ゴイヤー氏。ストーリー、展開共に満足度の高い作品です。

■まとめ

いかがでしたか?

宗教用語や科学などが登場するオカルト映画は、少し難しいイメージもありますが、ホラーにサスペンス、家族愛、さらにはノンフィクションだったりと、一癖も二癖もある作品がたくさん! 皆様もこの夏は是非、素敵なオカルト映画を楽しんでくださいね。

【あわせて読みたい】
※ 雨と一緒になにかがやってくる…臨場感たっぷりのホラー映画10本
※ 【史上最も恐ろしいホラー】『エクソシスト』がTVシリーズになって蘇る!ファン必見の魅力を解説!
※ <マンガでおさらい>レザーフェイスって意外とかわいい?ホラーの傑作『悪魔のいけにえ』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS