あの名探偵が帰ってきた!ダニエル・クレイグ扮する紳士探偵ブランがエーゲ海の孤島で起きる殺人事件に挑む『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』

古典ミステリーのエッセンスを現代的にアレンジし、高く評価された『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』。ダニエル・クレイグ演じる、ダンディな紳士探偵ブノワ・ブランという、新たな名物キャラクターを誕生させ、二転三転する目の離せない謎解き展開に、世界中が胸を躍らせました。

そんな「ナイブズ・アウト」待望の続編『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』が12月23日より、Netflixで独占配信となります。今回の舞台は、エーゲ海に浮かぶ大富豪のプライベートアイランド。コロナ禍で隔絶された島で推理ゲームに興じるセレブと取り巻きたちの間に起きた殺人事件の真相にブランが挑みます。

古典らしさと新鮮さを両立させた「ナイブズ・アウト」

「ナイブズ・アウト」シリーズは、『LOOPER/ルーパー』や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督・脚本によるオリジナル映画です。ミステリー作家の大家アガサ・クリスティーへのオマージュをささげ、ゴージャスさと大胆さを兼ね備え、名優たちの競演によって濃密な殺人ミステリーを展開しています。

古典の雰囲気をまといながらも現代的で新鮮な作品に仕上げており、前作『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、第77回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ映画部門の作品賞、主演男優賞(ダニエル・クレイグ)、主演女優賞(アナ・デ・アルマス)にノミネート、さらに、第92回アカデミー賞脚本賞にもノミネートされました。

そして今月12月に発表されたばかりの第80回ゴールデングローブ賞ノミネーションでは、今作の『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』もミュージカル・コメディ映画部門の作品賞、主演男優賞にノミネートされ、両作ともに高い評価を獲得しているのです。

ミステリーを盛り上げる魅惑のキャラクターたち

「ナイブズ・アウト」の魅力は、巧妙に仕掛けられたミステリーの謎解きですが、それに劣らず登場人物たちが観客を魅了します。主人公のブノワ・ブランは、頭脳明晰な紳士探偵。服の着こなしが格好よくて、言葉遣いも丁寧。しかし、曲がった不正は許さない、弱きを助け強きをくじく正義の探偵です。前作は、殺人ミステリーの舞台となった屋敷に捜査依頼で招かれたゲストのような立場で、私生活などは描かれませんでしたが、今作では彼の人間性により深く踏み込んだ内容となっており、意外にお茶目な一面もあることがわかります。

ブランを演じるダニエル・クレイグはジェームズ・ボンド役で有名ですが、このブランも彼でなくては成立しなかったと思えるハマり具合。ボンド役を卒業したクレイグの新たな当たり役と言えるでしょう。

そんなブランを、前作に負けない豪華キャストが今回も待ち受けています。舞台となるプライベートアイランドの所有者、IT億万長者のマイルズを演じるのはエドワード・ノートン。若い頃から演技派で知られた彼の円熟した芝居が物語を加速させていきます。

事件のカギを握る存在ヘレンを演じるのは、ミュージシャンであり女優としても活躍するジャネール・モネイ。マイルズと一緒にビジネスを起こしながらも訴訟で会社を追い出された彼女は、何か裏がありそう。

その他、ひと癖あるマイルズの仲間たち、上院議員選挙を戦うクレア(キャスリン・ハーン)、元スーパーモデルのバーディ(ケイト・ハドソン)、科学者ライオネル(レスリー・オドム・Jr)、Twitch配信で有名なインフルエンサーのデューク(デイヴ・バウティスタ)らは、マイルズに借りがあり彼に頭が上がらないという状況。誰もが何をしでかしてもおかしくない動機を抱えており、この島で起きる事件の犯人は誰なのか、推理するのは大変な難関です。

コロナによる自粛ムードを吹き飛ばす解放感?

「ナイブズ・アウト」は、豪華なビジュアルセンスと圧倒的な世界観も大きな魅力となっています。前作はアメリカ合衆国北東部の古く由緒正しい豪邸が舞台でしたが、今回はガラリと変わりギリシャの孤島にマイルズが建てた大豪邸が舞台となります。タイトルにある「グラス・オニオン(透明なタマネギ)」をかたどった巨大なオブジェがあり、豪邸からはエーゲ海の深い青の海が見渡せ、美しいビーチもあります。庭には彫刻などがいくつも建っており、屋敷内にはモナ・リザやフランシス・ベーコンの絵画もあるという豪華さ。

また、物語の幕開けを告げる、マイルズからの招待状がとてもユニークです。大きなボックスはパズルのような謎解きをして開ける仕組みとなっており、ワクワクするような遊び心が満載です。総じて、リッチでゴージャスで解放的な雰囲気に満ちており、本作が2020年前半のコロナ禍で世界中に自粛ムードが漂っていた時期を逆手に取るような設定になっています。

さらに物語は、前作以上にユーモアに溢れています。本音と建前が交錯する人間の関係の面白さと謎解きの緊張感に加えて、今作は笑いにも満ちており、人生の成功者たちが見せる滑稽さ、ブランの上品な笑いのセンスが随所に垣間見られます。人の心理の裏に謎が隠され、思わず騙されたと思えば、その後痛快な逆転劇に拍手喝采したくなる展開です。

高評価 Filmarksレビュー

前作よりコミカル要素が増した感じでありながらももちろん主軸であるミステリー要素そしてストーリー展開がとてもしっかりしているので、見応えたっぷり!

出てくる要素、人物最初からノンストップで変で怪しい。そして、笑える。殺人は中々、起こらないのに「誰が」「何を 」「起こすのか」で巧みに興味を牽引していき……事件が起きた時には既に騙されている。

いやー!面白かった!やっぱダニエル・クレイグ演じる名探偵ブノワ・ブラン好き!あの空気の読めない感じ(それさえ意味がある)も、鬼気迫る種明かしもまとめて好きな探偵です。

振り回される快感と掟破り上等なクライマックスまで息もつけないサスペンスドラマの応酬。今作を境にこのシリーズが素晴らしいモノとなる予感を抱かせてくれる最高の続編此処にあり。

前作『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』も、現在Netflixで視聴可能。ライアン・ジョンソン監督が仕掛ける極上のミステリー2本を年末年始に楽しんではいかがでしょうか。

◆Netflix映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』information

Netflix映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』全世界独占配信中
Netflix公式:https://www.netflix.com/title/81458416

インタビューも公開中!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • ちゃんみそ
    3.1
    なぜかヒューさまが一瞬だけ出てきて心が華やいだlove
  • のり
    3.6
    ワンのほうが好きかな
  • ふぁる
    3.8
    トリックは前作より深みが無いが、クライマックスは最高でした。 どうしてもジェームズボンドと比較してしまう。チャーミングさが足りない。
  • HSATO
    4
    今回も面白い!! 伏線もわかりやすく回収して、 最後完全にすっきりせずに きれいごとで終わんない感じも らしくていい!
  • 遊佐ちゃん
    -
    記録
ナイブズ・アウト:グラス・オニオン
のレビュー(20282件)