火星DASH村計画!?底抜けポジティブ男が“ぼっち”でがんばる『オデッセイ』あらすじ紹介

2018.08.03
映画

映画は「1スジ2ヌケ3動作」by牧野省三

ウラケン

『オデッセイ』8月3日(金)地上波初放送!

金曜ロードShow!のHPを見て目を疑いました。この夏、2週連続の細田守監督作品まつり&3週連続ジブリと、アニメだらけのラインナップの隙間に、スポッと宇宙服を着たマット・デイモンのアップが……

オデッセイ

マジか! おぉおおぉぉぉ……マジか、金曜ロードShow!

金ローでオデッセイを放送してくれるのか!

オデッセイ

『オデッセイ』。ホンダのミニバンの映画ではございません。

オデッセイ

原題は、『The Martian(火星の人)』。監督は『エイリアン』や『グラディエーター』のリドリー・スコット。火星に置いてけぼりにされたマット・デイモン演じる主人公:マーク・ワトニーの火星サバイバル映画です。ちなみに、“オデッセイ(Odyssey)”とは、長期の放浪・長い冒険の旅って意味なんだとか。

火星DASH村計画

火星にひとりぼっち。これ以上の“ぼっち”があるでしょうか。

しかし、彼はめげない! 挫けない!

オデッセイ

出典:https://ulaken.exblog.jp/25395242/

脳みそフル回転でありとあらゆる方法を思索、水を確保し、畑を作り、イモを植え、地球に帰るためにひたすらポジティブに目の前の問題を一つ一つ解決していくマーク・ワトニー! 彼は絶対に凹まない! そして、諦めない!

ていうか、諦めたら死にます!

日本版ポスターには「70億人が、彼の還り待っている。」と書いてありますが、ボーッと待ってても彼は帰ってこられません。これはNASAが総力あげて一人の男を救出しにいく話です。

明日がちょっとだけ明るくなる映画

火星ロビンソン・クルーソー状態でどんな苦境に追い込まれても、決して腐らずひたすらポジティブに次の策を考え、実行していくマーク・ワトニー。

彼を見ていると、無性に元気になります。最近仕事が上手くいかない、プライベートも良いことないってお悩みの方。そして、普段何かとマイナスに考えてしまう地球上の全ネガティブピーポーに是非観ていただきたい一本です。

たぶん、明日がちょっとだけ明るくなるはず。

観ている最中、無性にジャガイモを食べたくなるので、ポテサラとかフライドポテトとかジャガバターとか何かしら芋料理のスタンバイをオススメします。ケチャップを忘れずに。

いやぁー映画って本当に面白いものですね!

それでは、またお会いしましょう! サヨナラ! サヨナラ! サヨナラ!

BTTF_mlmg8

【あわせて読みたい】
※ 【ガッツリ復習マンガ】『インクレディブル・ファミリー』を観る前に前作『Mr.インクレディブル』をおさらい!
※ <マンガでざっくり紹介>静かな恐怖が忍び寄る『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』
※ 映画飯企画!【ルパン三世】「カリオストロの飯」をコンビニの食材で作ってみた!!<イラストレシピ付き>

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS