【発表】映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』初日満足度ランキング1位獲得

2018.07.30
映画

Filmarks公式

フィルマーくま

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、サービス内のデータに基づき「7月第4週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画2作品がランクインしました。

Filmarks映画初日満足度ランキング(7月第4週)

2位『ウインド・リバー

ウインド・リバー

[★★★★☆4.01/レビュー数:491件]実話をもとに、世の中から忘れられたアメリカの闇を描いた話題作。雪深いネイティブアメリカンの保留地で、女性の遺体が発見されたことから始まるクライムサスペンス。主演を『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナー、「アベンジャーズ」シリーズのエリザベス・オルセンが務める。第70回カンヌ国際映画祭〈ある視点部門〉監督賞受賞作。

ウインド・リバー

1位『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

[★★★★☆4.02/レビュー数:1,518件]リアルな医療・災害現場の描写や人間ドラマで高い評価を集めたTVドラマを映画化。東京湾を運行中のフェリーが濃霧のため海ほたるに衝突し、さらに成田空港でも傷病者が多数発生。空と海で未曽有の大事故連続し、現場からドクターヘリの医療チームに出動要請が入る。山下智久新垣結衣戸田恵梨香といったレギュラー陣に加え、椎名桔平安藤政信らも出演。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

-----

根強い人気を誇るシリーズ作、待望の映画化作品『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-が、見事先週の初日満足度1位を獲得。

映画1本で沢山の感情の涙が…。ドクターヘリってすごい」「ドラマ観てないけれど、楽しめた」「邦画でここまで感動したのは久々」「大切なことに気づかせてくれた5人に心から感謝」など、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

新垣結衣戸田恵梨香

洋画では、クライムアクション映画『ボーダーライン』で脚本を務めたテイラー・シェリダンが初メガホンをとった『ウインド・リバー』がランクイン。洋邦1作品ずつがランキング入りする結果となりました。

全国映画動員ランキングトップ10

興行通信社調べの2018年7月28日〜7月29日の全国動員数ランキングは以下のとおり。

1位『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-[7月27日公開]

2位『ジュラシック・ワールド/炎の王国[7月13日公開]

3位『未来のミライ[7月20日公開]

4位『劇場版ポケットモンスター みんなの物語[7月13日公開]

5位『BLEACH[7月20日公開]

6位『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー[6月29日公開]

7位『万引き家族[6月8日公開]

8位『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星[6月30日公開]

9位『虹色デイズ[7月6日公開]

10位『空飛ぶタイヤ[6月15日公開]

■初日満足度ランキングとは

Filmarksの初日満足度ランキングは、2018年7月第4週に公開された映画を対象に、公開日から2018年7月30日時点のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※本ランキングは公開日から7月30日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から7月30日までのレビュー数(Mark!数)が30件以上の作品を対象としています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。※本記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2018年7月30日時点のものです。

【あわせて読みたい】
 【注目】8月1日お得なファーストデイに公開中の最新おすすめ映画6選​
※ 遂に映画化!ドラマ『コード・ブルー』全シーズンを総おさらい
※ 【8月開催】真夏の夜は野外映画で楽しく夕涼み!おすすめ映画上映イベント7選​

(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE、(C)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS