【発表】映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』初日満足度ランキング1位獲得

2018.08.20
映画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「8月第3週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画5作品がランクインしました。

Filmarks映画初日満足度ランキング(8月第3週)

5位『KUSO

kuso

[★★★☆☆3.15/レビュー数:44件]ヒップホップのプロデューサーなどで活躍する奇才フライング・ロータスによる初長編監督作品。大地震後のロサンゼルスを舞台に、謎の奇病に侵されながら生活する人々を描いた94分。首にしゃべるコブができた女性、ある「虫」を使って人を治療する医者、コンクリートを食べ続ける女性などが、独特な映像表現で描かれる。サンダンス映画祭で退席者が続出した問題作。[R18+作品

kusokuso

4位『タリーと私の秘密の時間

タリーと私の秘密の時間

[★★★☆☆3.62/レビュー数:285件]マイレージ、マイライフ』などで知られるジェイソン・ライトマン監督が、シャーリーズ・セロンを主演に迎え、仕事・家事・育児に疲れた母親と不思議な魅力をもったベビーシッターとの交流を描いたヒューマンドラマ。役作りのために18kg増量に挑んだシャーリーズ・セロンが話題に。イマドキ女子なベビーシッター役は、ブレードランナー 2049』で鮮烈な印象を残したマッケンジー・デイヴィス

タリーと私の秘密の時間

3位『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

[★★★☆☆3.64/レビュー数:60件]累計3,000万部を突破し、週刊少年マガジンの看板コミックとして人気を集めるマンガ「七つの大罪」初の映画化。原作者・鈴木央が劇場版用に描き下ろしたネームをもとにした完全オリジナルストーリー。幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へやって来た〈七つの大罪〉のメンバーたちの前に、凶悪な魔獣の封印を解こうとする強靭な魔神族の集団〈黒の六騎士〉が姿を現す。

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

2位『ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

[★★★★☆3.87/レビュー数:1,023件]「夜は短し歩けよ乙女」の人気作家・森見登美彦の日本SF大賞受賞小説をアニメーション映画化。勉強家の小学生男子が、海もない住宅街に突如現れたペンギンの謎を解くため研究を始める、ひと夏の青春ファンタジー。アニメーションスタジオ「スタジオコロリド」制作。主人公の声をドラマ『バイプレイヤーズ』で注目を浴びた北香那が務めるほか、蒼井優西島秀俊竹中直人ら実力派が顔を揃える。

ペンギン・ハイウェイ

1位『銀魂2 掟は破るためにこそある

銀魂2 掟は破るためにこそある

[★★★★☆3.88/レビュー数:2,025件]累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ連載の空知英秋による人気コミックを小栗旬主演&福田雄一監督で実写映画化。2017年実写邦画No.1の成績を記録した『銀魂』の続編。将軍を巻き込む陰謀と大騒動の危機に、銀時たち万事屋3人が立ち向かうSF時代劇エンターテイメント。前作のヒットを受け、1年もたたないうちに続編決定から撮影、公開が異例のスピードで進んだ話題作。

銀魂2 掟は破るためにこそある

-----

上位3作品を邦画が占める中、Filmarks調べ8月期待度ランキング6位(邦画1位)の『銀魂2 掟は破るためにそこにある』が、見事先週の初日満足度1位を獲得。

満席で笑い声が絶えなかった笑いもアクションも俳優も全てがパワーアップ!いやー笑って最後は感動の涙「最初からとにかく笑えるし、人情モノとして泣けるシーンもあって銀魂らしくバランスの良い映画でした」「アクションシーンが格好いい」など、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

銀魂2 掟は破るためにこそある

■全国映画動員ランキング

興行通信社調べ、2018年8月18日〜8月19日の全国動員数ランキングTOP10は以下のとおり。

1位(NEW)『銀魂2 掟は破るためにこそある[8月17日公開]

2位(↓)劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-[7月27日公開]

3位(→)インクレディブル・ファミリー[8月1日公開]

4位(↓)ミッション:インポッシブル/フォールアウト[8月3日公開]

5位(NEW)『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』[8月18日公開]

6位(↓)オーシャンズ8[8月10日公開]

7位(↓)ジュラシック・ワールド/炎の王国[7月13日公開]

8位(↑)カメラを止めるな![6月23日公開]

9位(↓)未来のミライ[7月20日公開]

10位(NEW)『ペンギン・ハイウェイ』[8月17日公開]

※( )内の矢印は先週からの変動

■初日満足度ランキングとは

Filmarksの初日満足度ランキングは、2018年8月第3週に公開された映画を対象に、公開日から2018年8月20日時点のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※ 前週の初日満足度ランキングを見る

※本ランキングは公開日から8月20日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から8月20日までのレビュー数(Mark!数)が30件以上の作品を対象としています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。※本記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2018年8月20日時点のものです。

【あわせて読みたい】
 【夏休み観たい映画No.1は】8月公開の映画期待度ランキングTOP20発表
※ 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』あらすじ・キャスト・原作情報
※ 森見登美彦原作で話題のアニメ『ペンギン・ハイウェイ』、制作のスタジオコロリドとは

(C)2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.、(C)鈴木央/講談社 (C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会、(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会、(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画『銀魂2』製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS