”敬老の日”に観たい!こんな年のとり方をしたいと思わせる素敵な映画10選

2015.09.21
まとめ

映画好きなサラリーマン。

柏木雄介

敬老の日

出典:By   Takalani Radaliより著者編集

本日9月21日は敬老の日です。日頃、おじいちゃん、おばあちゃんに会ってない方も、この大型連休に日頃の感謝の想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

今回は【敬老の日】に合わせて、おじいちゃん、おばあちゃんが素敵な映画をご紹介します。

年を取ることは一般的に否定的なイメージが付きまといますが、将来こんなおじいちゃん、おばあちゃんになりたいなぁと思わせるそんな映画を10本選びました。シルバーウィークの連休に是非ご覧下さい。

一癖も二癖もある”おじいちゃんの生き方に学ぶ!

”ゆるい”おじいちゃんも良い!『ヴィンセントが教えてくれたこと』

ヴィンセントが教えてくれたこと

現在公開中のこちらの作品はひねくれ老人と12歳の少年との友情物語。

ちょいワル老人ヴィンセントを演じるのはビル・マーレイです。ものすごく適当で荒々しさが素敵な彼は、昼間っから酒飲んで、夜の女性を家へ呼んだり、ギャンブルも大好き。

そんなどうしようもないおじいちゃんなのですが、周りの人を見れば彼が人を大事にする人だと分かるはずです。隣に引っ越ししてきた少年はおじいちゃんと一緒にいることが多くなるのですが、彼がおじいちゃんの魅力を語るスピーチの場面がとても感動的。

表面上では分からないことですが、一緒にいることでおじいちゃんが誇れる人生を送っていたことに気付かされます。

かっこいい男の”生き様”を魅せる!おじいちゃん。『グラン・トリノ』

グラン・トリノ

クリント・イーストウッド主演・監督映画。かつて朝鮮戦争の兵士として戦い、妻に先立たれ、今は一人孤独に暮らす無愛想で頑固な老人ウォルト。誰にも心を許さず、自分の芝生に立ち入ればライフルを突きつけます。息子との関係も良くない。いわゆる近寄りがたいめんどくさいおじいさん。

『ヴィンセントが教えてくれたこと』と同じく隣にアジア系移民の若者が引っ越してくることにより彼の内面が浮き彫りになります。息子にはできなかったことをその若者に教えていく。年老いてなお私たちに体を張って"これが男だ"と教えてくれる、そんな余韻が残る映画です。

”好きなことをして”生きる人生は素晴らしい!『ビル・カニンガム&ニューヨーク』

ビル・カニンガム&ニューヨーク

ニューヨーク・タイムズ紙のファッション・コラムと社交コラムを長年担当するビル・カニンガムという80歳すぎのおじいちゃんの写真家を追いかけたドキュメンタリー映画。

「私は働いていません。ただ好きなことをしているだけです」と自信満々に答える姿に働く誰もが憧れを抱くと思います。自分が魅力的だと思ったファッションを撮るという一貫したポリシーを持ち続けていて、いつまでも自分に正直に、ぶれずに自分の仕事に対して妥協せず生きています

そして何より、ビル・カニンガムはひとが大好きで、愛されているからこそ多くのひとを引き寄せる。誰もが魅了する”笑顔”が素敵で、こんな風になりたいと思う理想像です。

”最高”の人生を魅せてくれるおじいちゃんのロードムービー!

今でも”夢”を追い続けるおじいちゃんがかっこいい!『世界最速のインディアン』

世界最速のインディアン

63歳でバイクの世界最速記録に挑戦する、実際にいた人物に基づいた物語。63歳のおじいちゃん(アンソニー・ホプキンス)が時速300キロ飛ばしちゃいます。

走行シーンがとにかく爽快で、見てて思わず応援したくなる作品。病気になっても、どんなことがあっても、必死に夢を追うこと。25年間思い続けてきた夢が叶う瞬間。グッときます。

子どものように大きな夢を見ますが、のんきでゆるやか。人に頼るということも欠かしません。憧れのレース会場へと向かいますが、その屈託のない笑顔により見ず知らずのたくさんの人が彼にエールを送ります。常に死と隣合わせで、夢に向かって挑戦し続ける姿。かっこいい!!

年齢なんて関係ない!恐れなんてないんだ!って、いろんなことに挑戦していきたい!と思わせる映画です。「夢を追っている5分間は一生分の時間に勝る」「リスクというスパイスのない人生は面白くない」など名言が胸に刺さります。

人生の先輩が教えてくれる”年を取ることの素晴らしさ”『ストレイトストーリー』

ストレイト・ストーリー

おじいさん(ストレイト)が芝刈り機に乗って、遠方に住む病気の兄に会いに行くデヴィッド・リンチ監督のロードムービー。 新聞に掲載された実話を元にした映画です。

喧嘩別れした兄貴が心臓病に倒れたことを知り、仲違いを詫びるために560キロの道のりをトラクターで会いに行く老人(リチャード・ファンズワース)。『世界最速のインディアン』では時速300キロでしたが、こちらの映画のおじいちゃんは時速8キロのトラクターで走りまくります(歩いている人に抜かれマス)。

不効率極まりない移動手段ですので、ゆったりと話が進みますが、その代わりいろいろな人に出会います。「年をとって良いことってある?」そんな問いに関して人生の先輩でもあるお年寄りが、大切なことを教えてくれる。言葉なんかいらず、互いに労わりあう兄弟の姿に思わずジーンとする映画です。

”ボケ”ているけど、良いじゃない??『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

こちらも緩いロードムービー。どう考えてもインチキな100万ドルが当たったという通知を受け取ったおじいちゃんのウディ(ブルース・ダーン)が息子とともにお金を受け取りに、ネブラスカまで4州をまたいで車で出かける旅の話です。

基本的に淡々としていますが、所々”風刺””毒”がつまったところも見所。普段知る機会のない、親のこと。親の家族、親戚、友人、知り合いと道中出会うことで、親の人となりを知ることになります。

旅が終わった後、息子があることをするのですが、そこがとっても感動します!!誇らしげに運転するシーン。カッコいい!最後まで心に残る映画です。

ユーモアたっぷり”可愛い”おばちゃま素敵!『あなたを抱きしめる日まで』

あなたを抱きしめる日まで

おばあちゃんというよりか、おばちゃまと言いたいのですが、フィロメイナ・リーというおばちゃま(ジュディ・デンチ)を描くロードムービーでもあります。

1952年、アイルランドで未婚のまま妊娠した女性が、修道院に入れられ、そこで生まれた我が子と無理やり引き離され、50年の年月を経てから、息子を探したいと思いつき我が子を探すストーリー。実話です。

設定が少し難しく、なかなか重いテーマを扱っているのですが、簡単に言うと”可愛いおばちゃま、息子を探しに旅に出る”という映画です。ユーモアと優しさがたくさん詰まっています。常にユーモアを持って心を広く持てるようなひとになりたいなぁと思いました。

前に向かって走るおじいちゃんが素敵!

”一途な”おじいちゃんの愛と冒険に涙!『カールじいさんの空飛ぶ家』

カールじいさんの空飛ぶ家

一生涯愛し続けた妻を亡くした夫のその後の生活の話。

ぽっかり、心に穴が開いて誰とも心を通わすことのなくなったカールじいさん。妻との思い出、過去にしがみつきながら、生きていきます。そんな中、幼い頃からの妻の夢を果たすために、その思い出(家)とともに”冒険”に出て行くストーリー。

年を取っていくということは、同時に大切なものともお別れすることも多くなるということ。大切な思い出とともに生きることは素敵なことですが、今目の前にある大切なものも薄らいでいく。もう一度夢を見るために、幸せだった過去を捨てること。前に向かって走り続けるおじいちゃんが素敵な映画です。

今まで生きてきた人生をより”輝かせる”ために。『最高の人生の見つけ方』

最高の人生の見つけ方

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演。余命幾ばくかしかないことを悟ったおじいちゃん2人が、”死ぬ前にやりたいことリスト”に基づき人生を楽しむ人間讃歌の映画。

最後の時を静かに過ごすのではなくて、スカイダイビング、チョモランマ登頂、ピラミッド見物など今まで以上にアクティブに過ごすことに決めた二人のおじいちゃんのパワフルさは圧巻。きっと誰もが自分の最後はこうやって生きたいと思わせる映画です。

こんなジジィにも僅かな”輝き”を魅せてくれる。『ロボジー』

ロボジー

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督作品。

木村電器のエンジニア3人は、社長命令である二足歩行ロボットの制作で行き詰まってしまい、やむなく、73歳の老人をロボットに仕立て上げその場しのぎをするが、予想に反して偽ロボットが世間から注目を浴びてしまったというコメディです。

ロボットの中身を演じたジジィ鈴木重光を演じたのがミッキーカーチス。ちっちゃなロマンを心に抱き、年を取ってきた哀愁感が半端ありませんが、ほんの少し脚光を浴び、そして静かに日常に戻るそんな後ろ姿を見て考えさせるものがあります。ちょっとしたさりげない気配りができるそんな紳士になりたいと思わせる映画です。

番外①:”強い”ババァも素敵やん!『デンデラ』

デンデラ

もしかしたら失礼かもしれませんが、”戦うババァ”ってなんか魅力的です。

『ロボジー』のようにおじいちゃんの方は、なぜか老いてしまうとコメディになってしまったり、悲哀感を魅せる映画が多いですが、女性は老いてもなお”強い”のが印象的。いつまでも夢を思い描く男と違い、現実をしっかりと見つめ”力強く生きる”女性のエネルギーとたるや。屈服する他ありませんっ!そんなことをド直球に派手に大げさにさせたのが、『デンデラ』という映画。

雪深い山村で70歳を迎えると山に捨てられるという姥捨山の続きという設定。捨てられた老女たちは新しい別世界を作り、力強く生きて、100歳を迎える先駆者を筆頭に50人に達する共同生活を送っている話です。

自分たちを捨てたものたちへの復讐と思いきやそうではなかったのがポイントです。大半は、老婆VS熊の話というシュールさ。こんな年を取りたいかは議論は別れるところかもしれませんが、”強い”女性は大好きです。

番外②:苦労して”生きてきた証”を知る!『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

マッドマックス 怒りのデス・ロード

今年の衝撃的な話題作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』にも強い”女性”が登場します。

以下の記事にあるように美しい女性も出ますが、戦う”ババァ”がまた素晴らしいのです。若さには表現できない”老い”があってこそ、深く重みがあり、しみじみくるのです!そして終盤のあのシーンと結末。あのババァの笑顔にうるっときます。女性が戦わざるを得ない理由はあります。そこに苦労や生きて来た証があるので私たちを感動させるのです。

▼参照:『マッド・マックス怒りのデスロード』に出演してる美女たちはだれ?

 

今回ご紹介できませんでしたが、他にも様々な映画に素敵なおじいちゃん、おばあちゃんが登場します。

お父さん、お母さんがいて、私がいる。そのお父さん、お母さんの先には、当たり前ですが、おじいちゃん、おばあちゃんがいる。そんな家族の大切さとつながりを知って感謝したくなるのが『思い出のマーニー』。

そして逆再生から、年を重ねることを知る運命を描いた『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』もまた”老い”について考えさせられる映画だと思います。夫婦の方は、こんな夫婦でいたいと思わせる素敵なロマンチックムービー『きみに読む物語』をおすすめします。

以前も切ない映画でもご紹介しましたが、『鑑定士と顔のない依頼人』もおじいちゃんが登場しますが、こちらは見終わった後愕然としてしまいますので観る際はご注意を。。。

あなたなら、どんなおじいちゃん、おばあちゃんになりたいでしょうか。自分と照らし合わせてみて、どんな風に年を重ねていきたいか。自分ならこの映画に出てくるおじいちゃん、おばあちゃんが素敵、こうなりたいと思うものがあれば是非教えてください。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • すみす
    5.0
    Sir Anthony ありがとうございました
  • cacao
    4.0
    記録
  • GASS
    4.0
    「夢を追わない人間は野菜と同じだ」 夢を追い続けることの大切さ。 夢を信じることの素晴らしさ。 主人公の言葉一つ一つが心に染み入る、観た者の心が洗われる傑作ロードムービー。 1967年にオートバイでの最高速度記録を68歳という年齢で樹立した実在のライダー、バート・マンローの物語。 バートは長年の夢であったアメリカで開催されるレースに出場するために、友人の力を借りながら故郷のニュージーランドを1人バイクと共に旅立った。 老齢のバートと年代物のバイクを見た他の出場者からは笑い者にされるが、バートの必死に夢を追う姿に感化された人たちの心が少しずつ変わり始め....... 主演のアンソニー・ホプキンスが実に素晴らしかった。 羊たちの沈黙でのレクター博士の印象が強い彼ですが、今作では温かみがあり洒落の効いた好々爺を自然体で演じていたように見えました。 この作品、前半はバートの日常が描かれ、中盤はロードムービーとなります。 その道中での様々な人との出会いがとても感動的。 出会った人の心を温かく包み込み、優しく、そして強く心に残るような言葉を一人一人に刻んでいきます。 一期一会かもしれない彼等の出会いですが、彼等は一生バートのことを忘れないんじゃないでしょうか。 私もバートのような人に出会いたいですね。 終盤では速度の限界に挑戦する緊迫感のあるレースが描かれるのですが、1920年代に作られたバイクでの時速300km超え... 本当に驚きです。 さらに驚いたのが、その後もバートはレースに出場を続け、自らの記録を何度も何度も自分自身で塗り替えていくことになったそうです。 彼の諦めない精神力と夢を追う姿に感服します。 この作品のテーマは何と言っても「夢」。 監督がこの作品の映画化を目指してから完成するまでに26年もの時間がかかったそうですが、この作品の完成自体が監督の「夢」だったのかもしれませんね。
  • LeonMatsuo
    4.3
    いくつになっても夢を追いかけていられる人、かっこいい!!
  • Go
    3.6
    記録
  • Yagi
    4.0
    ・実話ベース ・ロードムービー ・やさしい人ばかりなので安心して観られる
  • 床下
    3.5
    んん
  • 蹴舞
    3.6
    子供時代にみたけど、いい話だった。
  • えーたそ
    3.3
    夢を追わない人間は野菜と同じだ
  • Yoshiki
    4.0
    パッケージのダサさからして名作の予感が。 観てて久々にワクワクした!!!! キャベツのままでいてはいけない。 何かでっかいことしてやろう 主演がアンソニー・ホプキンスだと知って驚いた。 めちゃくちゃ人柄のいいおじいちゃんに。 これもある意味怪演。
  • そると
    4.2
    記録
  • Cem
    3.6
    おじいちゃん可愛らしいし、周りの人も良い人ばかりでほっこりした!!
  • Kuni
    4.5
    夢をありがとう
  • HayatoAoshima
    4.0
    純粋にほっこりして、あたたかい映画でした!
  • 武士
    3.9
    終盤でなぜか涙が。
  • HAL2016
    3.9
    年を取ってもいつまでも夢は見るべきですね。生き生きできるし年を取らない。誰に対しても自然に接する事ができ、目線がフラットだから誰からも好かれる。
  • 山本建人
    -
    父との思い出の作品
  • riosa
    4.2
    記録 2017/3/4
  • ユウタ
    4.0
    【かっ飛ばしおじいちゃんルールわ変えられる】 バイクの世界最速記録に挑む老人の話 この作品を見て自分特に日本人は規則もしくはその類いのものに縛られ過ぎなのではないかと思った。 というのも主人公の老人がバイク世界最速を決める大会へのエントリー時に規定をみなしておらず大会規則上参加が出来ないのだが熱意を持って何度も訴えかける事により見事大会への参加が認められるのだ。 その時の大会委員の「規則は大切だがときには縛られないことも大事だ」 の言葉に大切な事柄がなんなのか本質がなんなのかを見失わない心の豊かさを感じました。 そしてこの映画を通してルールの為の目的になっている意味を成さない校則や社即ひいては法即等に従う日本人の自分の姿を見た
  • YosukeTakishita
    4.8
    久々に本当にいい映画を観た。 少年の心を持ち夢を諦めないじいちゃん…最高。 隣に住む男の子との微笑ましい関係…最高。 バードの良い人柄に人々が 惹かれていく…最高。 バイク好きだが、興味無い人にも是非観てもらいたい映画。
  • A画みる
    4.0
    生きているうちにやりたいことやっておこう!って思えた。
  • きょうちゃん
    4.0
    ボンヌヴィル塩平原 スピードの聖地 ここの塩、持ち帰った☺︎
  • カイト
    3.8
    アンソニー・ホプキンスは羊たちの沈黙のイメージが強かったので、この映画のような素敵なおじさまの役は新鮮でした◎
  • ひろ
    5.0
    アンソニー・ホプキンス主演で、1000cc以下のオートバイの地上最速記録保持者バート・マンローの実話に基づいて製作された2005年のニュージーランド・アメリカ合作映画 ・ 少年の心を持ち続けるバート。周りになんと言われようと夢を諦めないバート。そのひたむきな姿に心を打たれる。 ・ その人柄から旅の道中で出会う人たちから愛される。出会う人たちとの温かい交流は感動的 ・ 前向きで夢を追い、輝いているバートを見てるだけで元気を分けてもらえる。 ・ 小さな感動が積み重なって、バートが様々な困難を乗り越えたラストには、自然と流れた涙が止まらなかった ・ こんな清々しい感動を与えてくれるロード・ムービーは久しぶり ・ この映画を最高と呼べるものにしてる1番の要因はなんといってもアンソニー・ホプキンス。 ・ 自然と人々に愛される魅力的な男性バート。雰囲気だけで魅力を放つアンソニーの演技はもう映画界の宝 ・ 好きな俳優はたくさんいるけど、心から尊敬している俳優は数えるほど。アンソニーはそんな尊敬している俳優のひとり ・ こんな夢に生きたおじいちゃんが本当にいたっていうことがなにより素敵 ・ 未だに破られてない世界記録を打ち立てたおじいちゃんの情熱と名言の数々に酔いしれてください
  • レクちゃん
    4.5
    どんな困難な状況であってもくじけることなく、生涯夢を追い続けた実在のライダー、バート・マンローの物語を映画化したもの。 ハングリー精神と、子供のような好奇心旺盛さが、夢を実現するために努力する姿は人生を宝石のように輝かせる。 限られた時間の中で時として、愛や勇気、喜怒哀楽、不可視な人の感情を、製作陣の想いが幾重にも連なるように凝縮され、物語として可視化される。 映画って単なる娯楽なんだけれど、こういったエンターテイメント性の高い作品は自分にとって至高なもので自分の人生においてなくてはならないものだ。
  • TaikiTakemura
    4.2
    面白いという事でレンタル(^◇^) 楽しかった!! 世界最速を目指し、夢を追い続けたおじいちゃんのロードムービー。 この話が実話で世界最速のバードマンローの逸話を元にしてるのにも驚き。 周りの人間に笑われようが愛機を信じ挑戦し続ける姿がかっこいい。 リスクを恐れていてはいけない。それが人生のスパイスだ! 夢を追わない人間は野菜と同じ! 明るく前向きな言葉が元気をくれる。 何よりも主人公の会う人を自然と巻き込む愛嬌とお茶目な人柄がイイ(^∇^) 喜んだ時に小刻みに下手なダンスを踊るところも笑 良い作品だった。
  • よしなり
    -
    好きだわ〜このおじさん。 やっばりバイクって最高だと思うんですよね ぼくは安全運転しようと思います
  • g
    4.3
    実話に基づく、 ニュージーランドからはるばる地球の裏側アメリカで行われるボンヌヴィルに出場するため、旅に出るスピード狂爺さんのロードムービー。 目的達成のための障害は明白で 主人公バートはかなりのお年寄り。 観る前にあらすじは確認してたけど、お爺さんと言ってもファンキーな感じだろと思ってたら想像以上にヨボヨボで、マジか笑と思った 凝り固まった、電車で席を譲られてキレるような爺さんも世の中にはいっぱいいるけど 主人公バートの魅力は、少年のような心にある。 野心はもちろんそうだけど、若者にナメられても怒ったりせず、どんな人にも平等に接する。知らないこと、教えられたことを素直に受け入れられる。 基本的に、とことん助けられながら旅を達成していくんだけど、 会う人会う人、みんな最後には主人公を応援し、好きになっていくような魅力的な人柄。 ボンヌヴィルを走るレースのシーンの爽快感もよかった。 流線型のオートバイもカッコいい。
  • 近藤ノリチカ
    5.0
    夢を追う 爺さんの話 感動します 「夢を見ない人間はまるでキャベチュさ」
「世界最速のインディアン」
のレビュー(2660件)