【プレゼントキャンペーン】本年度アカデミー賞脚色賞!★4.1の話題作『君の名前で僕を呼んで』

君の名前で僕を呼んで』。9月14日(金)からTSUTAYAだけのレンタル開始を記念して、プレゼントキャンペーンを実施!

君僕_sub1

Filmarksでも高評価★4.1。世界中が共感した2人の青年の恋

1987年の北イタリア。17歳のエリオの家に、大学教授の父の助手をするため24歳の大学院生のオリヴァーがアメリカからやってくる。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、いつしか近づいていき、ふたりは激しく恋に落ちる。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づくのだった−。

君僕_sub3

新星ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーの共演

主人公エリオには本作が初主演のティモシー・シャラメ。相手役オリヴァーには『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。弱冠22歳にしてアカデミー賞主演男優賞にもノミネートされ、数々の賞に輝くシャラメは、今やレオナルド・ディカプリオ以来の実力と人気を兼ね備えた才能とセンセーションを巻き起こしている。

君僕_sub4

89歳名匠ジェームズ・アイヴォリーの脚本に涙する

本作は、昨年11月に全米公開されると大ヒットを記録。アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートし、見事にジェームズ・アイヴォリーが脚色賞を受賞した。ジェームズは、映画史に残る『日の名残り』の監督でもある。89歳の名匠が17歳と24歳の青年の恋を瑞々しく描き、エリオの父が息子に語り返る台詞には感涙する人が続出!

君僕_sub2

北イタリアの美しい夏の風景、エリオが奏でるピアノの旋律、温かな家族を背景に描かれるエリオの恋の痛み。エリオの表情だけを映し続ける、かつてない3分30秒にも及ぶ超長回しラストショットを見終えたとき、心を揺り動かされること間違いなし!

いま世界中の映画ファンの注目を集めている『君の名前で僕を呼んで』。男女を問わず、世代を問わず、たとえ今は忘れてしまっていても、誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出す傑作を見逃せない! 9月14日(金)からTSUTAYAだけでレンタル開始!

非売品プレスシート&「恋するシロクマ」コラボポストカードを30名様にプレゼント!

毎月15日発行の月刊コミックジーン(株式会社KADOKAWA)にて好評連載中「恋するシロクマ」の原作・ころも氏も本作を絶賛! 今回紹介した『君の名前で僕を呼んで』の非売品プレスシートと「恋するシロクマ」コラボポストカードを抽選で30名の方にプレゼント!

▼「恋するシロクマ」コラボポストカード

君僕_プレゼント

【応募方法】
(1)本ページの応募フォームから応募情報を送信

▼さらに、以下の手順で、Twitterでタグ付けツイートをすると当選率がアップ!
(2)マイページ内の「設定」でTwitter連携をON
(3)Twitterで「#君僕キャンペーン」とタグを付けて、『君の名前で僕を呼んで』を観た感想をツイートすれば完了!

2018年9月14日(金)〜2018年9月28日(金)23:59までのご応募分有効

【注意事項】
・当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます
・賞品発送時の紛失につきましては対応いたしかねますのでご注意ください
・発送先住所は日本国内に限ります
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合や当選後の連絡が不通となった場合、応募・当選を無効とさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください
・抽選に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください
・応募時に記入いただく情報については、抽選および当選された方への賞品発送にのみ利用させていただきます

◆映画『君の名前で僕を呼んで』information

君僕_posuta-

あらすじ:1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく。

上映時間:132分
2018年9月14日(金)TSUTAYAだけでレンタル開始
公式サイト:http://cmbyn-movie.jp/
©Frenesy, La Cinefacture

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 昇り龍天覚寺
    -
    映像美が見事だし、アーミー・ハマーの肉体美とか、二人の間に流れる言語化できないセクシャルな雰囲気みたいなものが美しかった。 とにかく言語化しない映画だなと思った。みんな具体的・即物的な物言いはしないし、相手の解釈に委ねている。 逆に言えば「分かりやすさ」みたいなのが無いということで、「え?え?どういうこと?」「なんでそうなるの?」と思ってしまうところがあったと言えばあった。 なんとなく洋画の文法を期待して見ていたのが間違いだったかもしれない。制作国を調べたらイタリアフランスアメリカブラジルの合作とあって、あーなるほど!と思った。どちらかと言えば邦画に近い、展開の波が少なくて温度が低い在り方はフランス映画っぽいと言えばそうかも。 そして原作は小説ということで(これも後で調べた)、そう思うとストーリーラインもさもありなん。 ラストの切なさ、みたいなのは感じられたけど、結婚っていうオチもまあ読めたしなあ…。物語としての淡々とした温度の低さは詩的と言えばそうだけど、感情を大きく動かすには物足りないかも。 アーミー・ハマーのズボンの丈がどんどん短くなっていくのに中盤からずっと気になってて、そしたら鷲掴みにするシーンがあったのでなるほど。と思った。特に前半から中盤、とにかく裸のシーンが多い。裸、水浴び、裸。 ティモシー・シャラメの身体はどこか危うい未成熟なティーンのようで、アーミー・ハマーの身体はセクシー。ファン的にはあれで満足できるといえばそうかも。 基本的にセックスシンボルとしての役割?をアーミーの方が請け負っていたのが意外だった。(見る前は、アーミーが美少年のティモシーに熱をあげる映画かと思っていた。) 「美少年愛」みたいになるとニュアンスが大きく違ってくるからかな?(後時代的にも・・・) セックスのシーンはニュアンスに留めているというか、最高に上品にした撮り方をしているなと思った。でも桃はないな。 同性愛抑圧の部分も、正直時代にしては描写がオブラートというか、甘いというか、この映画全体に言えることだけど直接的な描写はそれほどしていなかったように思う。うーん……! いや!もう一回、家じゃなくて、今度は静かな映画館で一人でゆっくり見たら何か変わるかもしれない。理解したいし、感動したい!この映画を!
  • あられな
    4.8
    最高だった。同性愛がテーマだけど重すぎなくていい 夏に見れてよかった
  • はるな
    3
    野外映画祭でみた思い出
  • 天津甘栗
    2.6
    息子の性に対し、異性間、同性間のどちらでも両親があり得ない程オープンで理解ありすぎ。超フラット。びったびたに真っ平ら。 私は仮に娘が女性を好きになったとしても、きっと認めてあげたいと思ってます。 が、この両親の感性は異次元でした。これ程までに理解し、受け止めれる自信は正直ないっす。 2人の惹き寄せ合うタイミングや駆け引きもよく分からなかった。 ももの汁ベトベトのベッドで寝るの嫌や。 母ちゃん超絶ヘビースモーカーよね。指の間には常にタバコ。父ちゃんのマイケルスタールバーグはホアキンにしか見えない件。
  • みすず
    4
    映画館で観れた…嬉しい… ティモシー・シャラメの失恋的演技の素晴らしさよ、圧倒的に顔がいい!!!! 長時間の画面アップであんまり動きがなく表情だけでもたせるの凄すぎて。美しすぎて永遠と見れる。
君の名前で僕を呼んで
のレビュー(57786件)