【一切のセリフを排除した話題作】昨年の東京国際映画祭で注目を集めた作品が遂に公開

人生に旅と食事と映画を

ちゅねよし

気温も涼しくなり、秋の訪れを感じるようになりましたね。秋といえば芸術の秋、芸術の秋といえば映画の秋!9月からも注目作が目白押しの映画界。

ですが、日本映画界にとって秋といえばもちろん!今年は10/22〜31に開催される東京国際映画祭ですね!

東京国際映画祭は毎年10月に都内で開催され、国内では唯一の国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭でありアジア最大級の規模を誇る映画祭。国内外から多くの長編作品が集まり、様々な部門や企画が開催されます。

そして今回の記事では、昨年の東京国際映画祭で上映され、来場した観客や審査員に大きな衝撃を残し、今月末に待望の日本公開が決まった『草原の実験』について紹介していきます!!

無言の衝撃— 『草原の実験』

草原の実験

あらすじ

舞台は世界のどこかにある広大な草原地帯。父と二人で、悠然と流れる時間のなかで繰り返される日々を平和に暮らす、優しく美しい少女。彼女に想いを寄せる二人の青年とのほのかな三角関係。そんな穏やかな日々が突如、変わり始める。そして物語は衝撃のラストへ……。

監督はロシアの新鋭、アレクサンドル・コット監督。彼はこの作品で東京国際映画祭では唯一の二冠(!)、最優秀芸術貢献賞とWOWOW賞を、本国ロシアではロシアのアカデミー賞と言われるニカ賞において最優秀音楽賞を、その他映画祭でも最優秀作品賞を獲得するなど、世界中で極めて高い評価を受けています!

主演の少女、圧倒的映像美、音響に心奪われる・・・

この映画の最大の特徴であり魅力は、一切のセリフを排除していること!

しかし言葉がなくとも、圧倒的なロケーションとカメラワークが織りなす映像美、息を呑む存在感のある音響、表情のみで魅せる役者陣の演技があれば、充分。現代映画であっても「セリフ」が必要不可欠な要素ではないということを痛感します・・・。

エンターテインメントとしてではなく、芸術としての映画の、一つの極致とも言える作品かもしれません!

物語の構想は、旧ソ連の構成国であったカザフ共和国(現在のカザフスタン)で実際に起きた出来事から着想を得ていますが、物語中で時代や場所を特定することはありません。そのうえ上記にもあるように、一切セリフもありません。

それにもかかわらず、胸ぐらを掴まれ「これは決してフィクションなどではない。今後世界のどこかで起きうるかもしれない現実なのだ。」と言うかのような、監督の作品に込めた強いメッセージを感じる事ができます。

都内での公開は9/26から!

ここまでつらつらと『草原の実験』の魅力について語ってきましたが、とにかくまず!観てください!この映画は観て、そして感じる映画だと思います。映画ファンであるなら一見の価値大アリです!!!間違いなく9月公開の隠れた注目映画であると自信を持って言えます!

上映される劇場は都内だと9/26から渋谷のシアター・イメージフォーラムのみのようです。上映期間もどれくらいあるのか分からないので観たい!と思った方はぜひお早めに観ることをオススメしますよ〜!

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Nob
    4
    セリフも説明的な部分も一切ない展開でありながら、その意図するところが明確であり、且つ、想像を掻き立てる美しくも力強い映像に圧倒される。特に光の反射が綺麗に映し出されているのが特徴的であった。 厳格な父親と美しく優しい娘、そして彼女に想いを寄せる二人の少年のささやかな日常を詩情豊かに描いているが、ラストの急展開の出来事に悲惨な現実が襲いかかる。まさにタイトル通りのショッキングなものだった。 感性が研ぎ澄まされる演出と映像。主人公エレーナ・アンの圧倒的な存在感。観終わった後も記憶に焼き付くこと間違いないだろう。
  • みんと
    3.9
    美少女繋がりでコチラも鑑賞。 全編台詞無し。登場人物達の表情、視線と言った繊細な演技から汲み取ると言う想像力頼みの作品。よって最後の最後までハッキリとした輪郭は掴めないまま終了!…かと思わせたところで、予期せぬラストの衝撃に言葉を失った。 多分、鑑賞後にしっかり考えさせる事こそが今作の狙いでもあるかのようで、先ずは感じろ!そのあと考えろ!と言われているかのよう。そしてタイトルの意味するところも… 果てしなく広がる草原にポツンと一軒家。大きく引きで捉える地平線とか、航空写真のような一本道。吹き抜ける風とキラキラとした太陽光。美少女と言う言葉があまりにピッタリな少女から放たれるみずみずしさは健気な中にも強さと生命力すら感じる。 そして何より、とてつもない映像美。いや更にその先を行く神秘的で繊細な映像美とでも言うか。 寓話的にも思える少年2人との三角関係も謎の父親の存在感も、とても実在するとは思えない。ただ、世界の何処かでこんな風に生きている人達は確かに存在するのだろうとも想像する。 いろんな“?“を頭の中で感じながらも、詩的に紡がれるささやかな日常も一瞬で終わる儚さと表裏一体で、もしかして生きる事も死ぬ事さえもそんなに違わないんじゃないだろうか… そんな境地に立たされる作品だった。
  • Berth
    1.5
    タイトルのまんまで呆れた
  • みきぴん
    4.3
    これ映画館で観てたら 終わっても 立ち上がれなかった気がする 衝撃が大き過ぎる………! 何の前情報も入れずに観て欲しい そして観た後で しっかり調べて知って欲しい 96分間 ただの一言もセリフは無く 地平線と草原と赤い太陽と 美しい少女と 少女の父親と二人の青年 ときおりやってくる飛行機 ジープ  文字の無い絵本の 美しい絵に見惚れながら ページをゆっくりと開いていると 最後の1ページで 思いもよらなかった場面を 見せられ息が止まる 観終わって 調べて愕然とする これは観て欲しい (⚠️ネタバレ⚠️) ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ カザフスタン 【セミパラチンスク 】 最後まで観て この映画の意味が分かると もう一度最初から見直したくなる オープニングの映像 羊🐏 父親の行動 太陽を食べるシーン 鉄条網 配達された手紙 …………… 何ひとつ見逃せない事に気付く 凄い映画だった
  • きの
    3
    記録
草原の実験
のレビュー(3714件)