【一切のセリフを排除した話題作】昨年の東京国際映画祭で注目を集めた作品が遂に公開

人生に旅と食事と映画を

ちゅねよし

気温も涼しくなり、秋の訪れを感じるようになりましたね。秋といえば芸術の秋、芸術の秋といえば映画の秋!9月からも注目作が目白押しの映画界。

ですが、日本映画界にとって秋といえばもちろん!今年は10/22〜31に開催される東京国際映画祭ですね!

東京国際映画祭は毎年10月に都内で開催され、国内では唯一の国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭でありアジア最大級の規模を誇る映画祭。国内外から多くの長編作品が集まり、様々な部門や企画が開催されます。

そして今回の記事では、昨年の東京国際映画祭で上映され、来場した観客や審査員に大きな衝撃を残し、今月末に待望の日本公開が決まった『草原の実験』について紹介していきます!!

無言の衝撃— 『草原の実験』

草原の実験

あらすじ

舞台は世界のどこかにある広大な草原地帯。父と二人で、悠然と流れる時間のなかで繰り返される日々を平和に暮らす、優しく美しい少女。彼女に想いを寄せる二人の青年とのほのかな三角関係。そんな穏やかな日々が突如、変わり始める。そして物語は衝撃のラストへ……。

監督はロシアの新鋭、アレクサンドル・コット監督。彼はこの作品で東京国際映画祭では唯一の二冠(!)、最優秀芸術貢献賞とWOWOW賞を、本国ロシアではロシアのアカデミー賞と言われるニカ賞において最優秀音楽賞を、その他映画祭でも最優秀作品賞を獲得するなど、世界中で極めて高い評価を受けています!

主演の少女、圧倒的映像美、音響に心奪われる・・・

この映画の最大の特徴であり魅力は、一切のセリフを排除していること!

しかし言葉がなくとも、圧倒的なロケーションとカメラワークが織りなす映像美、息を呑む存在感のある音響、表情のみで魅せる役者陣の演技があれば、充分。現代映画であっても「セリフ」が必要不可欠な要素ではないということを痛感します・・・。

エンターテインメントとしてではなく、芸術としての映画の、一つの極致とも言える作品かもしれません!

物語の構想は、旧ソ連の構成国であったカザフ共和国(現在のカザフスタン)で実際に起きた出来事から着想を得ていますが、物語中で時代や場所を特定することはありません。そのうえ上記にもあるように、一切セリフもありません。

それにもかかわらず、胸ぐらを掴まれ「これは決してフィクションなどではない。今後世界のどこかで起きうるかもしれない現実なのだ。」と言うかのような、監督の作品に込めた強いメッセージを感じる事ができます。

都内での公開は9/26から!

ここまでつらつらと『草原の実験』の魅力について語ってきましたが、とにかくまず!観てください!この映画は観て、そして感じる映画だと思います。映画ファンであるなら一見の価値大アリです!!!間違いなく9月公開の隠れた注目映画であると自信を持って言えます!

上映される劇場は都内だと9/26から渋谷のシアター・イメージフォーラムのみのようです。上映期間もどれくらいあるのか分からないので観たい!と思った方はぜひお早めに観ることをオススメしますよ〜!

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ひろ
    3.4
    これずっとprimeにあっていつか見ようと思って放置してたらprimeからハズレてしまい見ればよかったなと後悔したのでU-NEXTで見つけて見てみました! 100分弱一切セリフがなくめちゃくちゃ可愛い少女とキム兄似のお父さんと他、数人しか出てこない不思議な映画でした。 本編とは関係ないけどあのお父さんからあの少女?母親がよっぽど美形だったんだと思うしかない。または養女的な事よね。
  • K
    5
    少女は、心地よい風が吹き渡る草原にぽつんと立つ家で父親と2人で生活していた。仕事に出て行く父を見送った彼女は、スクラップブックを眺めたり、トラックの荷台を掃除したりしながら時を過ごす。そんな美しい彼女に地元の少年や、風来坊の少年が好意を抱くもその関係性に次第に暗雲が立ち込めてくるのだった。 果てしなく続く大草原にポツンと建つ小さな家に住む少女と父が過す、ある村の運命。練りに練られた計算し尽くされたカメラワーク、構図、そして自然光が魅せる、大自然の織り成す美しき映像詩でありながら、その美しさ、台詞を排した特異な構成故に残酷さが際立つ極めて現実的な側面も併せ持っている。唐突に訪れる絶望を前にどうやって残り少ない人生を生きるのか、破滅を知って尚も生きる人間の強さと儚さを見た。これが旧ソ連で起きた実話に基づいているという事実。映画の持つ、ある種のパワーを最大限に引き出した紛うことなき傑作であった。
  • misato
    4.5
    大草原果てしなく広がる地平線。自分の生活とはかけ離れた世界のお話だったけど、ラストシーンで語りかけるメッセージが骨の髄まで染み渡った。言葉も音楽もない。聞いた言葉といえば父親のブーンと青年の叫び声。少女は何も語らずとも、目で訴えかけてくる。削ぎ落として削ぎ落として洗練されたものは、あまりにも強い。絡まる二人の洋服。自然は時にドラマチックなものを届けてくれる。真っ赤な太陽を見て、同じ太陽をわたしも見てるんだなって思ったら一気に身近に感じた。ぜんぜん違わないわたしも一緒に生きているんだなって。
  • にしたさん
    5
    エレーナ・アンが可愛いので星5つ。洗濯物がえっちだったので星5つ。
  • pppoookkkooo
    2.6
    記録用
草原の実験
のレビュー(3446件)