【一切のセリフを排除した話題作】昨年の東京国際映画祭で注目を集めた作品が遂に公開

人生に旅と食事と映画を

ちゅねよし

気温も涼しくなり、秋の訪れを感じるようになりましたね。秋といえば芸術の秋、芸術の秋といえば映画の秋!9月からも注目作が目白押しの映画界。

ですが、日本映画界にとって秋といえばもちろん!今年は10/22〜31に開催される東京国際映画祭ですね!

東京国際映画祭は毎年10月に都内で開催され、国内では唯一の国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭でありアジア最大級の規模を誇る映画祭。国内外から多くの長編作品が集まり、様々な部門や企画が開催されます。

そして今回の記事では、昨年の東京国際映画祭で上映され、来場した観客や審査員に大きな衝撃を残し、今月末に待望の日本公開が決まった『草原の実験』について紹介していきます!!

無言の衝撃— 『草原の実験』

草原の実験

あらすじ

舞台は世界のどこかにある広大な草原地帯。父と二人で、悠然と流れる時間のなかで繰り返される日々を平和に暮らす、優しく美しい少女。彼女に想いを寄せる二人の青年とのほのかな三角関係。そんな穏やかな日々が突如、変わり始める。そして物語は衝撃のラストへ……。

監督はロシアの新鋭、アレクサンドル・コット監督。彼はこの作品で東京国際映画祭では唯一の二冠(!)、最優秀芸術貢献賞とWOWOW賞を、本国ロシアではロシアのアカデミー賞と言われるニカ賞において最優秀音楽賞を、その他映画祭でも最優秀作品賞を獲得するなど、世界中で極めて高い評価を受けています!

主演の少女、圧倒的映像美、音響に心奪われる・・・

この映画の最大の特徴であり魅力は、一切のセリフを排除していること!

しかし言葉がなくとも、圧倒的なロケーションとカメラワークが織りなす映像美、息を呑む存在感のある音響、表情のみで魅せる役者陣の演技があれば、充分。現代映画であっても「セリフ」が必要不可欠な要素ではないということを痛感します・・・。

エンターテインメントとしてではなく、芸術としての映画の、一つの極致とも言える作品かもしれません!

物語の構想は、旧ソ連の構成国であったカザフ共和国(現在のカザフスタン)で実際に起きた出来事から着想を得ていますが、物語中で時代や場所を特定することはありません。そのうえ上記にもあるように、一切セリフもありません。

それにもかかわらず、胸ぐらを掴まれ「これは決してフィクションなどではない。今後世界のどこかで起きうるかもしれない現実なのだ。」と言うかのような、監督の作品に込めた強いメッセージを感じる事ができます。

都内での公開は9/26から!

ここまでつらつらと『草原の実験』の魅力について語ってきましたが、とにかくまず!観てください!この映画は観て、そして感じる映画だと思います。映画ファンであるなら一見の価値大アリです!!!間違いなく9月公開の隠れた注目映画であると自信を持って言えます!

上映される劇場は都内だと9/26から渋谷のシアター・イメージフォーラムのみのようです。上映期間もどれくらいあるのか分からないので観たい!と思った方はぜひお早めに観ることをオススメしますよ〜!

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 西
    4.2
    美。この一言に尽きる。 恋愛の美。 親子愛の美。 大自然の美。 女の美。 そして、有終の美。 それは、無残な侮辱である。美を冒涜する侮辱が結末を作る。 素晴らしい。
  • みやchill
    3.6
    無声 映像美 解説↓ https://note.com/yoshizawa/n/ne44c6d70556b
  • 地球外生命体
    3
    内容(「キネマ旬報社」データベースより) 父と娘、そして娘に恋するふたりの少年を描いた人間ドラマ。少女は大草原に建つ小さな家で父親と暮らしていた。遠い世界へ思いを馳せながらも、少女は穏やかな生活にささやかな幸せを感じていた。そんな静かな日々に突如、暗い影が差してきて…。 内容(「Oricon」データベースより) その少女は、大草原にポツンと建つ小さな家で父親と暮らしていた。家の前には家族を見守る一本の樹。毎朝、どこかへと働きにでかける父親を見送ってはその帰りを待つ少女。幼なじみの少年が少女に想いを寄せている。どこからかやってきた青い瞳の少年もまた、美しい彼女に恋をする。3人のほのかな三角関係。ラストに突き付けられる驚愕のエンディングには誰もが言葉を失う。 ★第27回東京国際映画祭 最優秀芸術貢献賞 WOWOW賞 ★第25回キノターヴル映画祭 最優秀賞作品賞 最優秀撮影賞 ★第13回プネー国際映画祭 監督賞 観客賞 ★第51回アンタリヤ・ゴールデンオレンジ映画祭 最優秀映画賞 ★第28回ニカ賞(ロシア版アカデミー賞) 最優秀音楽賞 【原題/Испытание】 テスト、試練、実験 英題/Test (Ispytanie)
  • 万寧
    4.5
    最後のシーンは歴史に残る
  • uson
    -
    美しい映像が美しい史実を物語るのではない、
草原の実験
のレビュー(3241件)