【一切のセリフを排除した話題作】昨年の東京国際映画祭で注目を集めた作品が遂に公開

人生に旅と食事と映画を

ちゅねよし

気温も涼しくなり、秋の訪れを感じるようになりましたね。秋といえば芸術の秋、芸術の秋といえば映画の秋!9月からも注目作が目白押しの映画界。

ですが、日本映画界にとって秋といえばもちろん!今年は10/22〜31に開催される東京国際映画祭ですね!

東京国際映画祭は毎年10月に都内で開催され、国内では唯一の国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭でありアジア最大級の規模を誇る映画祭。国内外から多くの長編作品が集まり、様々な部門や企画が開催されます。

そして今回の記事では、昨年の東京国際映画祭で上映され、来場した観客や審査員に大きな衝撃を残し、今月末に待望の日本公開が決まった『草原の実験』について紹介していきます!!

無言の衝撃— 『草原の実験』

草原の実験

あらすじ

舞台は世界のどこかにある広大な草原地帯。父と二人で、悠然と流れる時間のなかで繰り返される日々を平和に暮らす、優しく美しい少女。彼女に想いを寄せる二人の青年とのほのかな三角関係。そんな穏やかな日々が突如、変わり始める。そして物語は衝撃のラストへ……。

監督はロシアの新鋭、アレクサンドル・コット監督。彼はこの作品で東京国際映画祭では唯一の二冠(!)、最優秀芸術貢献賞とWOWOW賞を、本国ロシアではロシアのアカデミー賞と言われるニカ賞において最優秀音楽賞を、その他映画祭でも最優秀作品賞を獲得するなど、世界中で極めて高い評価を受けています!

主演の少女、圧倒的映像美、音響に心奪われる・・・

この映画の最大の特徴であり魅力は、一切のセリフを排除していること!

しかし言葉がなくとも、圧倒的なロケーションとカメラワークが織りなす映像美、息を呑む存在感のある音響、表情のみで魅せる役者陣の演技があれば、充分。現代映画であっても「セリフ」が必要不可欠な要素ではないということを痛感します・・・。

エンターテインメントとしてではなく、芸術としての映画の、一つの極致とも言える作品かもしれません!

物語の構想は、旧ソ連の構成国であったカザフ共和国(現在のカザフスタン)で実際に起きた出来事から着想を得ていますが、物語中で時代や場所を特定することはありません。そのうえ上記にもあるように、一切セリフもありません。

それにもかかわらず、胸ぐらを掴まれ「これは決してフィクションなどではない。今後世界のどこかで起きうるかもしれない現実なのだ。」と言うかのような、監督の作品に込めた強いメッセージを感じる事ができます。

都内での公開は9/26から!

ここまでつらつらと『草原の実験』の魅力について語ってきましたが、とにかくまず!観てください!この映画は観て、そして感じる映画だと思います。映画ファンであるなら一見の価値大アリです!!!間違いなく9月公開の隠れた注目映画であると自信を持って言えます!

上映される劇場は都内だと9/26から渋谷のシアター・イメージフォーラムのみのようです。上映期間もどれくらいあるのか分からないので観たい!と思った方はぜひお早めに観ることをオススメしますよ〜!

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 夏りょうこ
    -
    ドッヒャ〜!この邦題はあんまりでは…と思っていたら最後でその意味がわかる。
  • 魂のアソコ監督さそり
    4.5
    全編全くセリフがなく、大宮イチみたいなおっさん、美少女、外国人、バイク青年の4人しか登場せず、その眼差しと動きだけで成立させた奇跡のような映画。 大草原の引きの画が素晴らしく、それを見てると説明もセリフも映画にはいらないと思った。 画だけで全ては語れる。 主演のエレーナアンが映画史に残る美少女で彼女の顔だけで成立している。 ビクトルエリセのようでもテレンスマリックのようでもある。 詩のような世界が突然蝕まれる結末に衝撃。最後にタイトルの意味が判る。 ささやきのような音楽も音も良い。ほぼ自然光で撮影したと思われる。 モンゴル?かと思ったら国籍不明の不思議な世界。 こういう映画が撮りたいという見本のような作品。触発された!
  • 桐ちゃん
    4
    圧倒的な映像美と衝撃の結末。 登場人物に台詞が一切なく、今までに体験したことのない映画の見方ができた気がします。 少女役の方が美し過ぎたのと、微かな表情の変化での演技が素晴らしく、存在感がありました。 1本の枯れ木など、タルコフスキー感がある風景もとても良いです。 物語はあるところから一気に不安要素が入り込み、ラスト5分の衝撃でタイトルの「実験」の意味が分かります。 あまりに突然で、観終わった後でやっと感情を整理することが出来たくらいでした。 あらゆるシーンが鮮烈に脳裏に焼き付く映画でした。
  • YYamada
    3.7
    佳作!傑作!【外国映画のススメ】 ◆製作国: 🇷🇺ロシア ◆製作年: 2014年 ◆ジャンル: 「ファンタジー」「驚愕のラスト」 ◆受賞歴 ・2014年東京国際映画祭:  最優秀芸術貢献賞 〈見処〉レビューチェック前に鑑賞を! ①純朴な舞台と登場人物 ・中央アジアの草原に立つ「ポツンと一軒家」。モンゴロイド系の父娘は、文明とかけ離れた純朴な生活を行う。 ・本作は現地民族の青年と、突然現れたロシア人青年を廻る恋の三角関係のストーリーと思いきや… ・「父親はどうやって生計を経てていたか?」「なぜ急死してしまった?」などの小さな疑問はラスト5分で明らかになり、原題の意味を理解する。 ②映画作品として ・本作は一切のセリフがなく、音声は僅かに自然の奏でる風の音や落雷音のみ。その静寂さが、広大な自然と少女の美しさを顕にさせている。 ・本作のアングルやカットはスチールカメラで撮影されたような奥行きある描写が特徴的である。 ③ローカル性を学ぶ ・本作の舞台は中央アジアに位置するカザフスタンのセミパラチンスク某実験場をイメージしているそうだ。 ・作中にロシア人青年が訪れる湖は「原子の湖」と呼ばれる人造湖。 ・「ロシア映画らしさがないな…」と思いながら鑑賞していたが、ラストシーンを見て、その考えが誤っていたことに気がつく。ロシア発の「ダークファンタジー」の佳作。 ・余談ではあるが『あやとり』って日本由来でないことを知りました。 ※本作はフォロワーのmaroonさんに紹介いただき視聴しました。 いつもありがとうございます!
  • くれお
    3.7
    カメラアングルが独特で綺麗 少女が美しい 写真集見てるみたい 内容はシビア 実際にあった事に基づいてる? うそでしょ あり得ないでしょ こわ
草原の実験
のレビュー(3356件)