あなたの青春はどの作品?甘くてほろ苦い学生時代を思い出せる邦画たち

2015.10.06
まとめ

映画と音楽は人生の主成分

みやしゅん

もうじき学祭シーズンが到来します。文化祭と言えば、学生時代の想い出が詰まった大切な学校行事…。この時期、ふと、学生時代のことを思い出すこともあるのではないでしょうか?

そこで、今回は学生時代の甘くてほろ苦い“青春”が詰まった邦画作品たちをご紹介します。

ウォーターボーイズ(2001)

WB2

言わずと知れた、矢口史靖監督の代表作品。青春映画といえば、やはりこの『ウォーターボーイズ』なしでは語れません。この作品では、偶然なのか必然なのか、男子高校たちがシンクロをはじめることとなり、文化祭での披露までの奮闘が描かれています。

妻夫木聡や玉木宏などの主演俳優たちが、実際に猛練習してのぞんだという最終シーンは、何かに打ち込んできた人にはガツンとくるものがあります。何事にも挑戦し、全力投球していた頃を思い出させてくれる作品です。

リンダリンダリンダ(2005)

リンダ2

本作では文化祭を3日後に控えたある日、ギター担当の子の骨折を発端に分裂してしまったガールズバンドの様子が描かれており、まさに、これからの学祭シーズンをテーマとした作品です。

実は、この作品では長回しが多用されているため、観ている側もすっと映画の世界観に飛び込むことが出来ます。どちらかと言えば淡々と描かれてはいますが、とても魅了されるものがある…

そう、本作では何気ないやりとりの中に沢山の“青春”が詰まっているのです。THE BLUE HEARTSの名曲たちとともに、寄り道だらけの彼女たちの“青春”を覗いてみませんか?

ハルフウェイ(2008)

ハルフ3

この作品、あまり知られていませんが、実はドラマ『ロングバケーション』や『オレンジデイズ』の脚本家である北川悦吏子の初監督作品です。

個人的にかなりオススメ…と言うのも、ほとんどのシーンがアドリブで創られており、主人公である北乃きいや岡田将生が、自然体かつ等身大の姿で映っているからです。

特にオススメなのは、この大沢たかおと北乃きいのシーン。主人公が恋人に遠くへ行って欲しくない、でも夢を応援したいから送り出したという気持ちを、筆で勢いよく“いけな”と書くシーンは、どこか笑えるけど共感できる部分があります。

実は作品タイトルも北乃きいが「halfway(途中)」をハルフウェイと読み間違えたことに由来しており、それを知るとほっこりします。観れば心が癒されること間違いない青春映画です。

桐島、部活やめるってよ(2012)

桐島2

朝井リョウの代表作『桐島、部活やめるってよ』の実写作品。原作とは違った描写の仕方ではありますが、2012年に話題となり日本アカデミー賞を受賞しました。

朝井リョウ作品の魅力といえば、若者たちの中に渦巻くリアルな感情を繊細に描いているところです。この作品もどこか殺伐とした風景の中に、それぞれの登場人物の中に渦巻くリアルな感情が見え隠れしています。

原作でもそうですが特に注目すべき点は、中心人物である“桐島”が登場しないところです。「それで成り立つの?」と不思議に思った人は、是非、原作とあわせて観てみてください。きっとその世界観に引きずり込まれるはずです。

アオハライド(2014)

アオハ2

近年、テレビドラマや映画の中で漫画の実写化がブームとなっています。この『アオハライド』も、原作とはまた違った甘くてほろ苦い世界観で、多くの人を魅了しました。

中学1年生の時に、互いに想っていたものの気持ちを伝えられずに離れ離れになってしまった双葉(本田翼)と洸(東出昌大)…高校2年生になって再会してからの恋物語。

王道ストーリーとは言え、やはり文化祭や修学旅行を中心に描かれた主人公たちの淡い恋愛模様を観ていると、学生時代の想い出が蘇ることでしょう。

特に文化祭でのバンドの演奏シーンでは、ELLEGARDENの“My Favorite song”と”風の日”が使用されており、世代だった人にはどんぴしゃな演出になっています。

また、終盤で登場する、日本が誇る長崎・稲佐山の1000万ドルの夜景は、双葉と洸の恋の行方を彩るものとなっています。

あなたもタイトルのように“Ao-Haru-Ride”…青春にもう一度乗ってみませんか?

あなたの青春は…?

きっと“青春”の捉え方は人それぞれでしょう。部活に全力を注いだ人もいれば、恋に夢中だった人、もう少し何かしていればよかったかなと思う人…本当に人それぞれだと思います。

この時期だからこそ、あの頃の甘くてほろ苦い想い出をそっと振り返る、もしくはあの頃味わえなかった“青春”を体験してみてはいかがでしょうか?

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • TaikiShimizu
    3.1
    ごく普通に付き合ってごく普通に喧嘩して。。。 ごく普通の高校生の恋愛を描いた作品。 ただ高校三年生で進路が別々になってしまう。 それにヒロが激しく反対し、しゅうも自分の道を諦めてしまった。 ロケーションもキレイで、 正直なんかイロイロ自分と重なったり(重ならなかったり)で 感情移入がしやすくのめりこめた。 すべてが希望に見えたあの日。 怖いものなんてなかった。 そんな時代をかえりみる事が出来た作品でした。
  • ayko1
    3.5
    多くを語らないセリフ。自然な会話。愛らしいやりとり。こんな恋愛を高校生の時にしたかった。
  • 一生
    3.3
    この映画を観ている自分を他人に見られたくない映画No.1 観終わった後の自分のニヤニヤした顔が気持ち悪かったため−1
  • RM
    2.1
    理想オブ理想の高校青春ストーリー
  • しほもん
    3.4
    ひろのわがままが極端というかまじかって思うけども北乃きいも岡田将生も素な感じが良かったし、他の女子高生恋愛映画と比べ2人の表情や環境や言葉一つ一つが本当にリアルで、あああ可愛いなって思いながら観ちゃいました笑
  • てぃだ
    1.6
    「halfway」が読めなくて「ハルフウェイ」って読んじゃったバカ丸出し赤っ恥の北乃きいがそれをそのままタイトルにまで使われちゃってなんだかとてもかわいそうwwwwと思ってたんだが、そんな気が失せるほど終始き、北乃きいがとてもうざい。しつこすぎる。彼氏とてもかわいそう。しかもこれほぼ全部アドリブとかまじか。引くわ北乃きい。これが素だったらまじでドン引きするわ
  • 2.3
    この頃の岡田将生くんは仔犬のようだな、、、、 見ててにやにやしちゃうくらいかわいいカップル! こういう似たようなこと、高校生時代あったな。 自分にも周りにも起きてた。 なつかしい。。 この年齢は、今がいちばん大事なときだし今一緒にいたい人が何より優先だし、ほんとリアルでよくわかる。 salyuの歌すき。
  • みななちゃん
    4.5
    すごく好き。ハルフウェイは、きいちゃんがHalfwayを間違えて読んでつけられたというエピソードも最高。主題歌も好き。アドリブが多いのもリアリティがあって良い。青春。
  • 晦日
    3.3
    北乃きいめちゃくちゃかわいーーーーーーーーーー でもめんどくせーーーーーーーーーー!!!笑 台詞、場面関係なくニヤケちゃってるところがよかった。
  • マミコ
    3.4
    妙にリアルなセリフとか、映画の空気感とか好き。高校生くらいだと、好きな人の将来より、今一緒にいたい気持ちを優先させてしまいがち。行かないでとか言う感じ若くて可愛いなーーー笑
  • ちひろ
    2.8
    ほとんどアドリブだって言う通り、すごい自然な雰囲気の映画だった。
  • うぬ
    -
    記録
  • さき
    2.4
    この2人の高校時代、まさにじぶんの高校時代と同じ時期だからめちゃくちゃ懐かしくなった。スライド携帯が最先端機器だった高校時代、今と比べるといろんなことがアナログで不器用で、その頃の方が好きだったなぁって感じた。 作品は演技というより、日常生活を切り取ってるみたいだった。役感出てるのは成宮寛貴くらいで、北乃きいと仲里依紗のやりとりも自然な友達との会話っぽいし、北乃きいと岡田将生も普通の高校生カップルみたい。北乃きいのお母さんの自然さが結構好き。 Halfwayをハルフウェイって言うところとか2人ともとっても自然体だった。 けどきっと、2人のこの高校時代も人生のハルフウェイでしかないってゆうのを示してるのかと思うと、好きの気持ちや恋人関係もいつかは消えるのが寂しいなって思う。
  • たわし
    -
    記録
  • kahooo
    -
    記録
  • ちゅむ
    3.3
    高校3年生の恋物語。 ほぼアドリブだからこその良さはあるけど、やっぱりグダってる気が。 あ〜あんなイケメンな彼氏欲しいわ。もう5年前に高校卒業してるけど、まだ憧れる。笑
  • ginjiro
    3.0
    ドラマチックでなくて、高校生の日常を切り取った感じが良かった。 近いところばかり見ていては駄目だぞ。
  • s
    3.0
    この時代のこのキャストが良い。 Halfwayをハルフウェイと読み間違えるくだりの2人のやりとりがかわいい。
  • cappuccino
    -
    記録
  • 芽生
    3.0
    勉強もあそびも全部中途半端だった私の高3生活を思い出した。やり直したい。
  • ろどちぇふ
    -
    突っ込みどころの多さにちょっと笑った。性格が近いのかかなり自然に見えた北乃きいの演技が好き。 ハルフウェイすら偶然なのかな?でもあそこの場面わりとよかった。
  • はる
    -
    📎
  • Z
    3.1
    過去鑑賞
  • me
    -
    記録
  • yui
    3.2
    本当の日常を撮ったかのような自然さで良い。爽やかな青春。岡田将生が良い青年。
  • くにかね
    4.0
    最近北川さん好きになって、見てみた。 何か起こるって訳でもないのに、すごく素敵だったし、好き。 ヒロインがめっちゃめんどくさい子だけど、それが可愛くて可愛くて。 北乃きいも岡田将生もそんなに好きじゃなかったけど、この作品ではすごく良い。 こんな風に魅力を引き出せる作れたら最高だね。
  • まゆ
    4.0
    正直大した内容ではないし、痛々しさもあるけど… この時の北乃きいが可愛すぎる、岡田将生がかっこよすぎる、Salyuのhalfwayが良い曲すぎて、色んな補正がかかって好きな映画。久しぶりに見てきゅんきゅんしたい〜。
  • mayu
    2.9
    記録
「ハルフウェイ」
のレビュー(8006件)