不条理な脱力系ユーモアがクセになる三木聡監督が手がけた映画7本<『イン・ザ・プール』など>

映画マニアと呼ばないで

夏りょうこ

5年ぶりの新作映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が話題の三木聡監督が手がけた過去作を7本ご紹介。

阿部サダヲ主演で10月12日に公開される映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』。

本作は三木聡監督の実に5年ぶりとなる長編映画であり、完全オリジナルである。

覚えられる自信がなくなるほどの長いタイトルと、強烈なビジュアルデザインが非常に印象的な本作だが、三木聡監督って、これまでどんな作品を撮ってきたんだろう?
そう思っている方もいるのではないだろうか。

三木聡は1961年神奈川県生まれ。大学時代から放送作家のアルバイトを始め、「タモリ倶楽部」「ダウンタウンのごっつええ感じ」などの大ヒット番組を担当した。

2005年映画監督としてデビュー。『時効警察』(06)など連続ドラマも手掛けている。 ちなみに三木聡作品で強いインパクトを残す名脇役の女優・ふせえりは、妻である。

映画の作品数はまだ多いとはいえないが、一作ごとにガツンとした個性を発揮し、着実にファンを増やしている。

そこで今回は、三木聡のこれまでの監督作品7本をご紹介しよう。

イン・ザ・プール』(2005)

もっと楽に生きれば?

イン・ザ・プール

ハチャメチャな精神科医が、自分のところへやってきた継続性勃起症や強迫神経症、プール依存症の患者たちを破天荒な方法で治療していく。

露出狂の看護師が患者に注射器の針を刺す瞬間を見て、興奮のあまり身悶えしてしまうような医者である。そんな彼が、患者の心の闇を探り当てて治療を行うのだから面白い。かなりいい加減だが、実は腕のいい医者なのかもしれない。そう思わせるこの役を、松尾スズキがクネクネしながら演じている。

自分の気持ちにウソをついて見栄を張ったり、生真面目すぎて自分を追い込んだり。仕事と家庭でストレスが飽和状態に溜まっている自覚がなく、気がつけば病んでいる彼らは、既成概念を破壊する担当医と交流することで、自己を解放していく。

妻の浮気が原因で離婚したのに、最後までカッコいいところを見せたくて罵倒できなかったというエピソードは、男性にありがちなやせ我慢では?

プール依存症になってしまう話が、面白い。バリバリ仕事をして部下にも慕われ、私生活では妻と愛人がいる彼は、何もかもが満たされているように見えるが、水に触れることでしか癒されないというこじれた病み方。俺はイケてると思っているが実は無理をしていたわけで、演じる田辺誠一がいかにもそれっぽくてリアリティあり。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

亀は意外と速く泳ぐ』(2005)

主婦とスパイの両立

亀は

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS