【この秋一番の感動作】過酷な状況だろうが守りたい!『パパが遺した物語』が泣ける

映画は人生のスパイス

橋本大介

心にゆとりがない時、あなたは人に優しくできますか?

じぶんのことで精いっぱいなとき、時間、お金、健康などにゆとりがないとき、ふと我を見失うことはありませんか?

「過酷な状況だろうが自分を犠牲にして守りぬく愛」をテーマに『幸せのちから』『7つの贈り物』などを手掛けてきたガブリエレ・ムッチーノ監督。

そんな監督に「いままで読んだ脚本の中でも最高級だ」と言わしめた最新作『パパが遺した物語』がいよいよ10月3日に上映されます。

パパが遺した物語

素晴らしい脚本×名優だから泣ける!

未来のアカデミー賞が眠る「ブラックリスト」とは?

まだ映画化されていない優秀な脚本を発掘するため、映画業界の関係者が投票して決めるブラックリスト賞。『スラムドッグ$ミリオネア』『アルゴ』『英国王のスピーチ』などアカデミー賞を受賞した作品もあるくらいレベルの高さは折り紙つき。

本作も2012年にブラックリストにランクインして映画化へ。今年のアカデミー賞も敗者復活戦からの大番狂わせがあるかもしれません。

だれにも屈しない男ラッセル・クロウが号泣?

小説家の父親役を演じるのは”脚本を読んで感動しない映画は絶対に引き受けない”というルールを持っているラッセル・クロウ。もちろん本作の脚本も感動して泣いたそうです。

アカデミー賞の主演男優賞を受賞した『グラディエーター』をはじめ、『ビューティフル・マインド』『ロビン・フッド』『スリーデイズ』など一途に妻や子供を愛する”理想の夫”を演じてきたハリウッドを代表する名優。

鋭い目つきに強靭な肉体、さらに太くて渋い独特の声。インテリジェンスと存在感を持ちあわせた彼は「けっして信念を曲げず、けっして誰にも屈しない」まさに男の中の男。

レ・ミゼラブルのコンビ再会

大人になった娘を演じるのは『レ・ミゼラブル』でラッセル・クロウと共演した実力派女優のアマンダ・セイフライド。父親に「会いたい」という想いが胸の奥にまで伝わってくる演技はさすがとしか言いようがありません。

ふたりの天才子役たち

娘の幼少期を演じるのは、11歳にしてすでに出演作が20本を超えるカイリー・ロジャース。500人のオーディションから選ばれた彼女の武器は「涙」。「泣いて」という要求にたいしてすぐに涙を流したそうです。

さらに史上最年少でアカデミー主演女優賞にノミネートされ、『ANNIE/アニー』で主演を演じたクヮヴェンジャネ・ウォレス​。素朴で無邪気な表情はとても演技と思えません。

芦田愛菜ちゃん並みに大人顔負けの天才子役たち。ふたりの演技にも注目してみてはいかがでしょうか?

苦しみのすえに遺した愛の物語とは?

前置きはここまでにして、本作のあらすじを紹介したいと思います。

次第に明らかにされていく父との想い出

幼い頃に愛する両親を失った心の傷をかかえた大学院生のケイティは「愛する人は消えてしまうのでは?」という思いから人との深い関わりをずっと避けてきました。

そんなある日、小説家だった父の大ファンだという青年と出会い、恋に落ちます。しかし、過去のトラウマから愛することが怖いと感じてしまうケイティ。

やがて彼女は過去と向き合い、新しい人生を踏み出そうとします。

妻の他界、引き裂かれた娘

20年前。小説家のジェイクは、妻と7歳の一人娘ケイティと幸せな毎日を送っていました。しかし、ジェイクが起こした交通事故で妻は他界。ジェイクも入院し、ケイティは妻の姉に預けられることに。

事故の後遺症による発作

7カ月後、退院したジェイクはすぐさまケイティを迎えにいきます。「もう離れない?」と不安がるケイティにこれからは「ずっと一緒だ」と約束します。ところが事故の後遺症による発作は悪化するばかり。

評論家の酷評と訴訟問題

後遺症による痙攣と闘いながらも書いた新作小説は、無残にも評論家から酷評されてしまいます。

さらに、娘を持つことが長年の夢だった叔母はケイティを溺愛するあまり、養育権を巡る訴訟を起こすことに。

ジェイクは必死で娘との生活を守ろうとする一方で、一緒に自転車に乗ったり、カーペンターズの名曲「Close to You」を歌ったり大切な時間を共に過ごします。

父が娘に遺した最期の物語

困難にもめげずに娘にひたすら愛情をそそぐジェイクですが、病状も生活も苦しくなるばかり。そんなギリギリまで追い詰められていく中で新しい小説を執筆します。それは愛する娘とのささやかな幸せを書いた愛の物語。

父娘の時空を超えた愛の絆はどのように結ばれるのでしょうか?気になる続きは劇場でお楽しみください!

過酷な状況でも人に優しくできるとき、、

きっとそこにはどうしても守りたい強い愛があるのでしょうね。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • aki
    4.5
    fathers & daughter 🥺 ラッセルクロウよかった 脚本いいなぁ
  • naco
    3
    見て見ぬふりをしていたシリーズ 長らく観たかったのですが、涙もろいので覚悟がいり躊躇していました。 翌日が休みでどこにも行かない日を選び目を腫らす準備を整え、ようやく鑑賞! あれ、、、泣けない、、、、 ちょっと思っていた感じとは違っていました。 現在と過去、3つの話が同時に進んでいくスタイルなのですが、切り替わりが早く点々としていてあまり物語に入り込めず。 無理に泣かそうとしたり感動にもっていこうとしない自然な感じは好きだったのですが••• 結局最後まで謎なままのこともあり、ちょっともやもや☁️ 語弊を恐れずに言うと、ラッセルクロウの痙攣がこの映画で一番良かったです。 (とにかく演技が素晴らしいです。) 自分の勝手な事前イメージと実際の内容が離れていたため、なかなかレビュー出来ずにいた作品です。 泣けたと書かれている方も大勢いらっしゃり、私の心が死んでいるだけ説も濃厚なので気になる方はぜひ鑑賞してみてください。
  • ゆうゆぅ
    3.4
    なんだろ? 最後にぐわぁっと感動ポイントが来るのかな? と思っていたけど、さらぁ〜て終わる感じ 全体的には好きな雰囲気なんですが、不完全燃焼な感じ せめて最後に書き上げた小説の内容を知りたかった
  • 映画嫌いpotter
    1.9
    (ネタバレ一切なし) この映画に対する持論や、改善点はブログに記載しております。 https://pottereiga.com/?p=2093 ← タップで記事に飛べます。 それでは早速、「パパが遺した物語」の感想について結論から述べていきたいと思います。 カーペンターズの名曲「Close to You」と、エンディングで流れていた曲がとにかく心に響く映画でした。しかし、映画の内容自体にはそれほどインパクトは無く、記憶には残らないような気がします。 というような感じですね。胸が震える程の感動を期待したのですが、その期待を下回ってしまった映画でした。 「この映画は結局何を伝えたかったんだろう?」と考えた時に、これと言ってメッセージ性のようなものは無かったと思いますし、それが原因でインパクトに欠けているのだと思います。 父親と娘の様子を描いた映画ならば、「アイ・アム・サム」の方が全然素晴らしいと思いますし、正直「アイ・アム・サム」を上回っているポイントは一つも無かったです。 キャストについてなのですが、主演を務めたラッセル・クロウさんの演技が凄かったです。 それから、アマンダ・セイフライドという女優さんが、めちゃくちゃエマ・ストーンに似ていたので、ずっと勘違いしながら鑑賞していました。 「エマ・ストーンのスタイルめちゃめちゃいいなぁ」と思って観ていたら、全く違う女優さんでした。
パパが遺した物語
のレビュー(13969件)