ラグビーWC勝敗の鍵とは?過去大会の奇跡的な優勝チームを描いた映画を今こそ見よ!

Why So Serious ?

侍功夫

第8回ラグビー・ワールド・カップが現在イングランドで開催されています。

日本は初戦で優勝経験国の南アフリカ共和国と一進一退を繰り返す接戦の末、南ア32-日本34の僅差で歴史的な勝利を収めました。ただ、スコットランドとの2回戦目では中3日での試合が響いたのかミスを連発。後半で5回ものトライを許し、残念ながら敗れてしまいました。

残された2試合で勝利を収めたとしても、勝ち点差で決勝トーナメントに進出できるかどうかは際どい所。

しかし、まだ希望はあります。過去のラグビー・ワールド・カップで、開催前は決勝トーナメント入りも危ぶまれたにも関わらず、奇跡の連勝を続け優勝したチームがあります。そのチームこそ、今回日本が初陣で勝利した相手、南アフリカチームです。

『インビクタス/負ざる者たち』の時代背景

inv01

1964年、反アパルトヘイト運動の闘士として国家反逆罪に問われたネルソン・マンデラは終身刑を受け、重労働の服役生活を余議なくされます。1980年代、依然アパルトヘイト政策を取る南アフリカは国際社会から孤立しはじめ、国内では爆弾テロ事件も起きてしまいます。事態の改善を図るために政府はマンデラの待遇を段階的に改善していき、1990年2月11日、実に27年もの服役から釈放します。

その4年後、1994年に南アフリカ初の全人種参加の選挙によりネルソン・マンデラは遂に大統領に選出されるのです。

『インビクタス/負ざる者たち』は、その翌年1995年南アフリカ共和国がホストを務めた第3回ラグビー・ワールド・カップで、南ア代表チームの奇跡的な優勝を描いた作品です。監督はあのクリント・イーストウッドなので、いわゆる爽快なスポーツ映画にはなっていません。というよりも、もはや南アチームの勝利は狐につままれたようなオカルトめいたものとして描かれています。

大統領命令は「優勝しろ!」

大統領に就任したばかりのマンデラは、南ア社会で依然富と権力を独占する白人市民たちが、居心地の悪い思いをしていないかを気にかけていました。もちろん人種による差別撤廃を掲げたマンデラが「逆差別」をしていては本末転倒だという意味もあります。そして、なにより富や仕事を海外に流出させてしまうワケにはいかないという、現実的な問題も孕んでいます。

マンデラは南ア代表ラグビーチームを白人と黒人の和解を象徴させるために、それまで通りのチーム運営の継続を取り付けた上で、キャプテンのピナールに理不尽とも思える要求を出すのです。

「ラグビー・ワールド・カップで優勝しろ。」

マンデラがピナールを呼んで、その意を伝える場面それ自体は描かれていません。大統領を前に緊張するピナールと、リラックスしたマンデラが他愛も無い話をしていく、出会ってすぐの様子から、いきなり奥さんが待つ車で重責を課せられた旨を伝える場面に替わります。

台詞でも「たぶん…… 優勝しろって言われた……」と、実際にどんな言葉で言われたのかはボカしています。2人の会談に、2人以外誰も知らない“空白”を設定することで謎めいた、マジカルな空気を意図的に含ませているのです。

敵はハカ!

奇跡的な勝利を続けた南ア代表チームは遂に決勝へ進みます。しかし、迎える相手はラグビー強豪国ニュージーランドです。

「ニュージーランドには「ハカ」があります。勝因の5割は「ハカ」にあると見ています。」という側近による報告がされます。ハカといえば黒ずくめのジャージを着た屈強な男たちがガニ股で「ガンバッテ!ガンバッテ!」というアレです。アレが勝因の5割だと言うのです。

バカバカしく聞こえますが、スポーツにおいて肉体的にも技術的にも拮抗した者同士の戦いは精神力/集中力の僅かな差で決着します。特に団体競技になるとたった一人の集中力のわずかなスキが勝敗の要因になります。だからこそ、あの原始的でブルータルな舞いの“魔力”を何よりも恐れたのです。

タイトルの「インビクタス」はラテン語で「不屈」を意味し、マンデラが長い獄中生活の心の支えとしていた詩のタイトルでもあります。その詩のおかげで獄中を乗り切り、大統領となったマンデラにとってはまさしく“魔力”を持った言葉であったのでしょう。マンデラはその“魔力”をピナールに託し、全国民がチームの優勝を祈るように加担していくのです。

『インビクタス/負ざる者たち』はマンデラと南アフリカ国民による祈りがいかに成功したかを通し“魔力”を実証してみせるのです。

今のラグビー日本代表チームに必要な“魔力”

イーストウッドは「早撮り」として知られています。1カットを1テイクしか回さないという話は本人のインタビューなどでも認めています。

ところが、この話にはウラがあるのです。

イーストウッドが現場に入りカメラの横に座り「じゃぁ始めるか!」という段には、すでに出演者やスタッフたちが自習をするようにリハーサルをしている、というのです。

スタッフや俳優たちはイーストウッドを失望させまいと緊張し、体調を整え、万端な準備の末に現場にのぞむのです。つまり「イーストウッドが監督をする」という時点ですでに演出は完成しているのです。

イーストウッドにしてみれば「やー! 確かにいいスタッフといい俳優をそろえた自負はあるけど、1カットでバッチリだから撮り直しの必要ないなー!」という思いだったかもしれません。

マンデラも同じです

あの、ネルソン・マンデラに呼ばれ、お茶を振る舞われた上に、南アフリカの象徴として新体制を世界に知らしめ、かつ全国民を新しい意志の元に結託させるため優勝しなければならない。「健闘」では足りない。優勝のみがそれを可能にするのだと、直々に伝えられたら、優勝しないワケにはいきません。

マンデラが他界している今、ラグビー日本代表チームが優勝するために必要なのは、イーストウッドの脅しでしょう。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • クラゲライダー
    3.7
    内容は面白い。 しかしラグビーファンとしては、ラグビーシーンに全く迫力がない。 イーストウッドはきっとラグビーが好きじゃないだろうし、ルールも知らないんじゃないかな。
  • 記録用
    4
    マンデラの言っていた「人を赦す(forgiveness)」、自分には到底真似できないな。
  • ダイキ
    3.9
    昔、学校の授業でネルソンマンデラのことを学んだことがあって、思い出しながら鑑賞した。 去年、ラグビーW杯でハマった身としては、とても興奮した。 ラグビーって、他のスポーツと違った独特の高揚感、どよめきがあるなって思う。 この作品もどんどん時間が経つにつれて、引き込まれていった。
  • 春木英雄
    4.1
    人種差別が 渦巻くなか 黒人大統領として ラグビーを通して 国を改革していく。
  • yuki
    5
    27年投獄された政治犯から、南アフリカ共和国初の黒人大統領になったネルソン・マンデラと、1995年自国開催W杯で初優勝したラグビーチームの、実話ベースの作品。 やっと観れた。 道路を挟んで、片方の整備されたグラウンドで白人の青年がラグビーの練習をする一方、もう片方の土のグラウンド(?)では黒人の子供たちが裸足で(!)サッカーをしている。 英国発祥のラグビーは白人文化そのものであり、黒人選手が1人しかいない南アフリカ代表のラグビーチーム「スプリングボクス(愛称ボカ)」はアパルトヘイトの象徴とされていた。 スポーツがアパルトヘイト(人種隔離政策)の象徴になることがショックだった。 黒人の子供がボカのユニフォームを配給されることに失望し受け取らずに走り去る姿。それを不思議な目で見るボカの主将フランソワの母親。 物理的にも心理的にも徹底した断絶が冒頭から描かれていく。 この途方もない溝をどうやったら埋められるというのか。 インビクタスとはラテン語の「屈服しない」「征服されない」の意であり、ある詩のタイトルでもある。 I am the master of my fate,I am the captain of my soul.
「我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり」 英国の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの詩。 ヘンリーは幼少期に骨結核にかかり、十代で片足を切断。この詩は不運にみまわれたわが身の魂の救済をもとめて書いたもの。どんな運命にも負けない不屈の精神を詠っている。 この詩が“マディバ”ネルソン・マンデラを支え、ひらめきを与え、「赦し」を伝えていく。 大統領就任初日の白人職員へのスピーチ 「今朝、執務室に入る前、空席が多いことに目が留まった。箱詰めされた荷物にも。勿論、辞めることは皆さんの自由だ。 だが荷造りをする理由が言語や肌の色の違い、前政権の職員だからクビだと思うなら、そのような恐れは必要ないと言おう。過去は過去だ。我々は未来を目指す。 みなさんの力が必要だ。協力してほしい。 残ってくれる者は祖国に多大な貢献をすることになるだろう。私が望むのは全力を尽くし、真心を込めて仕事をすることだ。 我々が努力すればこの国は世界を導く光となるだろう」 スポーツ評議会での黒人職員へのスピーチ 「アフリカーナー(ヨーロッパ系白人)はもはや敵ではない。彼らは我々と同じ南アフリカ人だ。民主主義における我々のパートナーだ。彼らにはスプリングボクスのラグビーは“宝物”。それを取り上げれば彼らの支持は得られず、我々は恐ろしい存在だという証明になってしまう。もっと大らかに彼らを驚かすのだ。憐れみ深さと、奥ゆかしさと、寛大な心で。それらは我々に対し、彼らが拒んだものばかり。だが今は卑屈な復讐を果たすときではない。我々の国家を築く時なのだ」 これが「ひとつのチーム、ひとつの祖国」へと繋がっていく。 決勝戦を前にして、フランソワが考えていたことは試合のことではなく、マンデラのことだ。 「考えていたんだ。30年も狭い監獄に入れられ、それでも人を赦せる心を」 強豪NZのチーム、オールブラックスとの決勝戦当日。 通りから人は消え、黒人も白人もテレビに釘付け。 試合は延長戦にもつれこみ、必死のスクラムで死守したボカの優勝! ラグビーのルールに疎いマディバ警護班の黒人の一人が、優勝が決まった直後に「俺たちが(優勝したのか)?」 黒人も白人も関係なく、南アの全ての人を指している「俺たち」。 変化する南アの中で唯一(?)変わらないように見えたTVのキャスターが、勝利はスタジアムの観客のおかげですかとマイクを向けたときのフランソワの答えは 「南アフリカ国民4300万人の応援のおかげです」だった。 ラグビー🏉で結束した🇿🇦「虹の国」が見えた。
インビクタス/負けざる者たち
のレビュー(22973件)