【2023年】冬の国内ドラマ満足度ランキングを大発表!No.1は『ブラッシュアップライフ』

2022年12月〜2023年2月に国内で放送・配信された、冬の国内ドラマ満足度ランキングを大発表!

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」内のデータに基づいた、「2023年 冬ドラマ満足度ランキング(国内編)」を大発表! 2022年12月1日から2023年2月28日までの間に、国内で放送・配信され「レビュー数(Mark!)が、300件以上」を超える国内ドラマを対象に、Filmarksのデータを基にしたスコアランキングを算出。

本記事では、詳しいランキングの内容をチェック!

10位『星降る夜に』(2023)

Mark!数:3,240/スコア:★★★☆☆3.77[2023年1月17日公開]

テレ朝ドラマ初主演・吉高由里子×北村匠海共演作。珠玉のラブストーリーを数多く手掛ける恋愛ドラマの名手、大石静が本作の脚本を担当する。のどかな海街の病院で産婦人科医として働く孤独な女性と、遺品整理士として働く男性がドラマチックな出会いを果たし、10歳差の恋愛をひたむきに育んでいく姿を綴ったきらめく大人のピュアラブストーリー。

9位『今夜すきやきだよ』(2023)

Mark!数:844/スコア:★★★☆☆3.93[2023年1月6日公開]

第26回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した、谷口奈津子による同名コミックを原作としている。蓮佛美沙子×トリンドル玲奈W主演作。ひょんなことから共同生活を始めることになった恋愛体質の“あいこ”と、他人に恋愛感情を抱かないアロマンティックな“ともこ”。正反対の二人が、ジェンダーロールやセクシャリティにまつわる生きづらさに立ち向かっていく姿を、美味しいご飯を通して紡いだ心温まるガールズムービー。

8位『今際の国のアリス シーズン2』(2022)

Mark!:16,935/スコア:★★★☆☆3.94[2022年12月22日公開]

麻生羽呂による大ヒット同名コミックを原作に、実写版「キングダム」シリーズの佐藤信介監督がメガホンをとった実写ドラマ第2弾。山崎賢人×土屋太鳳W主演作。ある日突然、“今際の国”に放り込まれ、命を懸けた壮絶な“げぇむ”へ強制的に参加されられることになった人々の運命をスリリングな展開で描き出す。

7位『罠の戦争』(2023)

Mark!:1,896/スコア:★★★☆☆3.98[2023年1月16日公開]

草彅剛主演作。「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く「戦争」シリーズ第3弾。命の限りを尽くしてきたにも関わらず、政治家に裏切られたとある議員秘書。そんな彼が、権力を振りかざす連中に対して、知略の尽くし鮮やかな“トリック”で悪しき政治家たちを失脚させていく様子を描いた、驚異のリベンジエンターテイメント。

6位『すきすきワンワン!』(2023)

Mark!:701/スコア:★★★★☆4.07[2023年1月23日公開]

岸優太(King&Prince)×浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)共演作。夢も希望もない人生諦めモードのクズ男子・雪井炬太郎が、昔飼っていた最愛の犬と不思議な形で再会を果たしたことをきっかけに、愛し愛されながら少しづつ成長していく姿を綴った感動の物語。

5位『大奥』(2023)

Mark!:1,045/スコア:★★★★☆4.09[2023年1月10日公開]

歴史上では男性である人物たちを女性に置き換えるという“男女逆転”の斬新なアイディアでセンセーションを巻き起こした、よしながふみによる同名コミックの実写版。『JIN -仁-』の、森下佳子が脚本を担当。江戸幕府3代将軍・徳川家光の時代から幕末・大政奉還までの時代を舞台に、女将軍の寵愛を得るべく火花を散らす大奥美男3千人の男たちの姿を描く。

4位『舞妓さんちのまかないさん』(2022)

Mark!:5,465/スコア:★★★★☆4.13[2023年1月12日公開]

累計発行部数270万越えの、小山愛子によるベストセラーコミックを原作に、『ベイビー・ブローカー』の是枝裕和監督が、監督・総合演出・脚本を務め、ドラマ化が実現。森七菜×出口夏希のW主演作。華やかな京都・祇園の花街を舞台に、京舞の才能を開花させていく舞妓“すみれ”と、毎日のご飯を用意するまかないさん“キヨ”の美味しい日々を描いた心温まる物語。

3位『ガンニバル』(2022)

Mark!:7,025/スコア:★★★★☆4.19[2022年12月28日公開]

漫画家・二宮正明による、同名のサスペンスコミックを原作としている。『岬の兄妹』の片山慎三監督×『ドライブ・マイ・カー』の脚本家・大江崇允×主演・柳楽優弥の布陣で贈る、ヴィレッジ・サイコスリラー超大作。ある騒動をきっかけに、都会から田舎の山間にある“供花村”に家族と共に越してきた駐在員・阿川大吾が、友好的だがどこか不気味な村人や、村で起こる不可解な出来事と対峙し、恐ろしい狂気の淵へ徐々に追い詰められていく姿を描く。

2位『美しい彼 シーズン2』(2023)

Mark!:772 /スコア:★★★★☆4.28[2023年2月7日公開]

本屋大賞2020受賞作家・凪良ゆうによる傑作BL小説「美しい彼」シリーズを原作とした、実写ドラマ第2弾。萩原利久×八木勇征W主演作。2021年11月から放送された前作では、“陰と陽”正反対の性格を持つ二人の男子高校生の、すれ違う恋模様を美しくみずみずしく描き国内外問わず大ヒットを記録。今作では、高校を卒業し、大学・俳優業へと進んだ“ひらきよ”の“その後”を描き出す。

1位『ブラッシュアップライフ』(2023)

Mark!:12,536/スコア:★★★★☆4.51[2023年1月8日公開]

主演・安藤サクラ×脚本・バカリズムがタッグを組んだ、地元系タイムリープ・ヒューマン・コメディ。地元の市役所で働く実家住まいの独身女性・近藤麻美(33)が、ある日突然、平凡な人生をゼロからやり直す様子を描く。リアリスティックな登場人物の会話劇、平成を彩る懐かしのアイテムの登場、秀逸な伏線回収など、“バカリズムワールド”全開のシュールかつオフビートな展開で多くの視聴者を虜にした。

 

※本ランキング及び記事内のデータは、2023年3月28時点のものです。
※本ランキングでは、国内で22年12月1日から23年2月28日までに放送・配信開始されたドラマ作品(単発ドラマは除く)を対象としています。
※記事内の★スコアは、ドラマ鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0未満)で評価をしたものです。

※各作品の★スコアは、順位付けのため最大で小数点以下2桁まで表示しています。サービス内の正規表示は、小数点以下1桁までです。
※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1メンバー1件までです。
※★スコアが同率の場合は、Mark!数が高い作品が上位となります。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS