映画『夜明け』あらすじ・キャスト情報・予告編【是枝裕和の愛弟子長編デビュー作!主演・柳楽優弥】

是枝裕和・西川美和が立ち上げた制作者集団「分福」が満を持して送り出す新人監督、広瀬奈々子のデビュー作『夜明け』が、2019年1月18日(金)より公開となる。主演は、是枝監督作『誰も知らない』(04)で第57回カンヌ国際映画祭・最優秀主演男優賞を史上最年少および日本人として初めて受賞した柳楽優弥。共演に小林薫YOUNG DAIS鈴木常吉など。

1115

映画『夜明け』あらすじ

ある日、川辺を歩いていた哲郎は、水際に倒れていた青年を見つけ、自宅で介抱する。一人やもめの哲郎の家で、彼は「シンイチ」と名乗る。やがて哲郎は、自らが経営する木工所にシンイチを連れて行き、技術を教え、周囲も彼のことを受け入れていく。しかし、シンイチは本名を明かせないある秘密を抱えていた。そして、哲郎にもまた決して忘れられない過去があった。二人の寄る辺なき魂はどこへ向かうのか――。

映画『夜明け』キャスト

シンイチ/柳楽優弥

1116

「シンイチ」とだけ名乗り、その他の素性を一切明かさない謎の青年には、映画『誰も知らない』(04)で衝撃的なデビューを飾り、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)や「銀魂」シリーズなど、シリアスな役どころからコメディまでこなす実力派俳優・柳楽優弥。

柳楽優弥コメント

今回久しぶりに、人と人との繋がりに重きを置いた作品に参加させて頂きました。地方での撮影中、共演者の方々と、不思議と役柄のような距離感で過ごせたこともあり、支えられた事も多かったです。小林薫さんとは、大河から続いて一年以上ご一緒させて頂いたので、信頼を寄せて撮影に挑む事が出来ました。広瀬監督は、初めてお会いした時から嘘のない目をしていて、この人について行こうと思える、とても心強い監督でした。皆様のもとにこの作品が届くことを、楽しみにしております。

哲郎/小林薫

1117

事故で一人息子を亡くし、身元不明の「シンイチ」の面倒をみる哲郎には、日本を代表する名俳優・小林薫。代表作にTVドラマシリーズ「深夜食堂」、「ナニワ金融道」シリーズなどがある。

小林薫コメント

自分の息子とは上手に向きあうことができず、事故でその息子を失っている役でした。柳楽くん演じる青年と出会い、失った息子との時間を取り戻そうとするこれまた難しい役処でした。でも、柳楽くんとはその前にドラマで一年近くも一緒でしたので、スムーズに入れましたしやりやすかったですね。撮影は殆ど千葉県の旭市近辺で撮りました。この辺りは豚のブランド肉が有名で、とても柔らかく超ウマのトンカツ屋があって、プロデューサーの一人は結構通ってたらしいですが、一度も誘われなかったのが心残りでしたね。監督は女性で初監督ということでしたが、シュミレーションを何度としたのか、頭の中にしっかり出来上がったモノがあったンでしょうね。ブレずに指示していたことが印象的でした。

映画『夜明け』監督・脚本

監督・脚本を務めるのは、是枝裕和の“愛弟子”・広瀬奈々子。1987年神奈川県出身。武蔵野美術大学映像学科卒業。2011年から分福に所属し、是枝裕和のもとで監督助手として『そして父になる』『ゴーイング・マイ・ホーム』『海街diary』『海よりもまだ深く』に参加。西川美和監督『永い言い訳』で記録と監督助手を兼任。本作『夜明け』は、広瀬奈々子が自ら書き下ろしたオリジナル脚本。

広瀬奈々子コメント

実質脚本に向かったのは約1年半ほどですが、震災以降の社会や権力のあり方について、20代の間に自分の中で悶々としていたものを全てぶつけるつもりで書き始めました。若い世代とその親世代に、それぞれの角度から観てもらえると嬉しいです。現場は俳優とスタッフの距離が近く、常に熱気がありました。柳楽さんとは同年代ということもありお互いが納得するまで対話を重ね、小林さんには台詞の間からお芝居に関係する美術に至るまで具体的なアイディアをいただきながら撮影を進めました。誰もが妥協せず、一つひとつのことに悩むことができたのは、新人監督としてとても幸せな経験でした。

是枝裕和コメント

この6年「分福」で監督助手として、是枝、西川の両作品を支えてくれた広瀬奈々子さんが満を持して映画監督デビューします。脚本は、彼女らしく、骨太で繊細な人間描写が文字の上からでも充分伝わる作品です。彼女の為なら、と、多くのスタッフが参加を表明してくれていて、恵まれたデビュー作になりそうです。僕とも西川とも違う新しい監督の誕生を大いに期待して、もうしばらくお待ちください。

西川美和コメント

広瀬さんには『永い言い訳』の監督助手についてもらいました。演技に対する観察眼や、映像センスはかなり鋭いものがあり、一年間じっと後ろから見られながら私は冷や汗をかき通しでした。しかし、一番の特徴は、弱い者に対しての優しさが深いところにある部分だと思います。切れ味鋭く人の孤独を描きながらも、観る人に寄り添う作品の撮れる監督になってくれると思っています。

映画『夜明け』予告編

映画『夜明け』作品情報

夜明け

2019年1月18日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開
配給:マジックアワー
公式サイト:http://yoake-movie.com/
(C)2019「夜明け」製作委員会

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ぁぃぁぃ
    3.6
    是枝監督の弟子?かなんかだから気になって観てみた。西川美和のとこでも助監やってたんだ。ゆったりした映画。普段の柳楽くんてかんじ。家庭は監獄って言葉が印象にのこる。最初から何かをかかえているのはわかっていたが周りが勘づいてきてドキドキした。少しずつ心をひらいていくけど噂ってすぐ広まるもの。そんなに簡単に別人として生きていけるわけない。髪を染めたのには意味があったんだな。カメラや挨拶嫌なのにしなきゃいけない苦痛よくわかる。結局なんだったんだろとよくわからなかった。
  • さかもと
    3.5
    放ってほしい ひとりでいたい 傷つけたくない 傷付きたくない 暗い くるしい 怖い さみしい 等々 温いまま色もなく進みました シーンの飛び方と説明の少なさが 海外の映画のようでした 共感できないのは他人なので当たり前です
  • azkyon
    3.9
    夜が明けるまで歩き続けた光がラストに踏み切りで遮断機が下り電車が通り過ぎた後にきちんと自分の足で立ち前を見据えている姿にほっとしてじわーっと泣けた。 偽りのまま哲郎の息子として生きていく道もあっただろうが、苦しみのうえにさらに偽りを重ねるのは辛すぎるとわかったのだろうと思う。 また哲郎をはじめとして周囲の人々の温かさを裏切りたくな思いもあったのだろうし、哲郎にも立ち直って欲しいという気持ちもあったのではないだろうか。 生きている意味など考える前にまずは自分のありままに、そして人のためにまっすぐ生きてみる。 そのうち生きる意味がわかるかもしれないし、生かされている自分もわかるかもしれないし、死ぬまで分からないかもしれないし、要は自分次第、自分の生き方次第。 柳楽優弥はやっぱりいいねぇ!
  • yukke
    3.0
    あまり予備知識入れずに観てて感じた西川美和テイストが、予期せず正解だったのはちょっと驚いた ところどころでなんだかな…と思ってたらエンドロールに是枝監督の名前も…(これは三度目の殺人がイマイチしっくりこなかった感覚を思い出して納得) 過去はそんなに簡単には消せない、そんなに簡単には逃げられない。向き合うしかない なかなかにヘビーです
  • コツコ
    3.0
    ピカデリーで舞台挨拶とともに鑑賞。 内容全く知らないまま興味本位で鑑賞したのだががっつりヒューマンドラマ!!真一を囲むキャストの方々がとても温かくて優しくて…。 テツさんの息子への異常な執着と不器用なが切なすぎる、、すぎるんだよ、、いつも寡黙なテツさんの真一を引き止めるシーンでの心の叫びに泣いてしまった😢 真一とテツさんの行動に「何故こんなことするの?」という疑問が何度も浮かんで。舞台挨拶で監督がその何故?を自分なりに考えてください(曖昧)と仰っていたけどどうしても分からない。結局真一が何故あそこまで家に帰りたくなかったのか、何故最後あのような行動をしたのか分からなかった( ˘ ˘̥ ) 人間の弱さと不器用さと少しの恐怖をみることができました。
「夜明け」
のレビュー(835件)