映画『ファースト・マン』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【『ラ・ラ・ランド』デイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングの最新作!】

2017年公開の映画『ラ・ラ・ランド』で、当時32歳にしてアカデミー賞監督賞をはじめとする多数の賞に輝いたデイミアン・チャゼル監督が、再びライアン・ゴズリングを主演に迎え製作した最新作『ファースト・マン』が、2019年2月8日(金)に公開される。

史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた実在のNASA宇宙飛行士ニール・アームストロングの、全人類の夢であり未来を切り開いた偉業と真実の姿を描き出す。

1125

すでにいくつかの映画祭に出品されている本作は、特にIMAX上映では視界に広がる没入型宇宙体験で観客を圧倒。ライアン・ゴズリングとクレア・フォイの演技に絶賛の声があがっており、海外の映画評論家から高い評価が集まっている。

アームストロングの息子兄弟や、原作者ジェイムズ・R・ハンセン、撮影に協力したアポロ15号の元NASA宇宙飛行士アル・ウォーデンらも、本作を大絶賛している。

1121

映画『ファースト・マン』あらすじ

1124

人類がいまだかつて足を踏み入れたことのない未知の領域、月面着陸の任務を託された実在のNASA宇宙飛行士アームストロングの視点を通し、その偉業と真実の姿を描く。

月面着陸に挑むだけでなく、人類の偉大な一歩を歴史に刻んだアームストロングの壮絶な飛行体験とその人生、生命に関わる重大な未知の計画だと理解していながらも、彼をそばで支える家族たちの闘いを、圧倒的なリアリティと臨場感のある映像で表現する。

映画『ファースト・マン』キャスト

1122

ニール・アームストロング/ライアン・ゴズリング

主人公ニール・アームストロングを演じるのは、チャゼル監督の前作『ラ・ラ・ランド』でもタッグを組んだ演技派ライアン・ゴズリング。子供向け番組「ミッキーマウス・クラブ」で子役としてキャリアをスタートさせ、『ラースと、その彼女』(07)や『ブルーバレンタイン』(10)など複数の作品でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。『ラ・ラ・ランド』で、悲願の受賞を果たした。

ジャネット・アームストロング/クレア・フォイ

アームストロングを支える妻ジャネットを、イギリス女優クレア・フォイが演じる。日本ではあまり馴染みのない彼女だが、「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』で主人公・リスベットにも大抜擢された、注目の女優だ。

映画『ファースト・マン』スタッフ

監督は、前作『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞監督賞を史上最年少で受賞したデイミアン・チャゼル。商業映画としては2013年の『ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛』、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』に脚本家として携わる。翌年、監督・脚本を手がけた『セッション』が世界的ヒットを記録。サンダンス映画祭にて観客賞およびグランプリを獲得した。

脚本を、『スポット・ライト 世紀のスクープ』(15)でアカデミー賞脚本賞受賞、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(17)でゴールデングローブ賞脚本賞にノミネートされたジョシュ・シンガーが手がける。

映画『ファースト・マン』予告編

映画『ファースト・マン』原作

原作は、ニール・アームストロング公認の伝記である、ジェイムズ・R・ハンセン著の「ファースト・マン」。

映画『ファースト・マン』作品情報

ファースト・マン

2019年2月8日(金)公開
配給:東宝東和
公式サイト:https://firstman.jp/
(C)Universal Pictures and DreamWorks Pictures (C)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 3.5
    暗い。 あの名言が聞けて良かった。
  • Daiki
    4.1
    2019年公開映画16本目。 人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である。─ ニール・アームストロング 2019年アカデミー賞視覚効果賞受賞作品。 人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号。 船長ニール・アームストロングを主人公にし、その成功までの道のりを描く人間ドラマ。 月面着陸というミッションのスケールに反して、カメラはアーム・ストロングを限りなく「接写」し続ける。 宇宙飛行士やアポロ計画を扱った映画は数あれど、ここまで乗組員個人に迫った作品はなかった。 人類史に残る偉業の裏にあった重圧と、パーソナルな娘への想い。 月への旅は、政治的目論みや英雄的行為という視点から離れ、一人の人間が前進する「小さな一歩」へと解体される。 これだけ接写で抑制した内容を続けながら長尺を飽きずに観れたのは、それがニールという人物の内面を切実に伝えていたからだ。 中盤のジェミニ8号をはじめ、電話でとある悲劇を聞くシーン、出発前夜の妻とのやりとりなど、追いつめる描写で魅せてしまうのは流石デイミアン・チャゼル監督。 もはや怖いくらいの重圧感だった。 家庭のシーンはざらついたホームビデオの質感。 コクピットの内部はニールの孤独な精神状態を表すような閉塞感。 つまり、どこまでもニール・アームストロング個人の内面に寄り添っている。 そこに、感情を露わにしない演技が効いてくる。 彼が月を目指したのは、そうするしかなかったからなのかもしれないという視点。 チャゼルの描いた「狂気」の中でも最も悲痛だ。 だから、旗を立てるシーンが無いのは理に適ってる。 冷戦下での競争の時代背景を描きながらも、やはり主眼はニール個人の苦悩、とりわけ死をどのように受け入れるかという所にある。 華々しい功績のみが称えられるが、その裏には数々の犠牲と、悲痛な「前進」の物語があったのだ。 徹底して閉塞感ある画を繋げたのち、アポロ11号の打ち上げシーンからギアチェンジ、そして月面着陸で一気に視界が開ける。 映像はざらついたホームビデオから高精細の宇宙映像に、盛り上げていた轟音やBGMは消失し無音の世界に。 この解放感は、ようやくニールが死と向き合える静寂を手にした瞬間だ。 チャゼル監督作品の共通点は、夢を追う動機が「そうするしかなかったから」で、そのため狭い世界に狂気的に囚われ追い詰められていくのだが、その果てにある光景は有無を言わせぬ美しさがあり、そこに辿り着いた者にしか与えられない救いもまた確かにあるという人生観。 『セッション』や『ラ・ラ・ランド』では歪んだ夢追い人を傍観させて、最後に二人だけが到達した世界の美しさを見せて黙殺する作りだったが、本作は最初から最後まで主人公に寄り添っている分感情移入しやすく、やはり前2作とアプローチは似ていても出力は異なっていた。 今までミュージカル映画を撮り続けてきたチャゼル監督が、「こういうのも撮れますよ」という意志表明且つ、幅を広げた作品になったにことは間違いない。 2019年劇場鑑賞7本目。 劇場鑑賞日:2018年2月11日
  • かど
    3.7
    タイトル通り、アポロ計画よりもニール・アームストロング個人にフォーカスした内容。月に想いを馳せる宇宙飛行士、犠牲を払っても猛進し続ける。コックピット内の音や振動が緊張感を募らせ、そしてたどり着いた光景に魅了される。足跡に感動。
  • KUMA
    4.0
    ディミアン・チャゼルの作品、やっぱり好きだー。 緻密な心理描写からくる緊張感と、開放された瞬間のカタルシスが上手い! そして音楽の使い方が好き。 それにしてもゴズリングかっこいいなあ。
  • takaG
    4.0
    ライアン・ゴズリングの顔と演技で成り立った映画! 宇宙と挿入曲のコラボレーションがなんとも秀逸な作品。 アームストロング船長の娘とのお別れの長い旅路。 人生を感じる映画でした。
「ファースト・マン」
のレビュー(15625件)