映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』あらすじ・キャスト・原作情報【松尾スズキ、自身監督作“初”主演!】

「大人計画」主宰である松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)が、2019年に公開されることが決定した。2018年、旗揚げから30年を迎えた大人計画。松尾スズキ自身も「松尾スズキ」として活動をスタートさせてから30年目という節目に、自身が手がける作品では“初”の主演を飾る。

1127

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』あらすじ

“108”それは、煩悩の数―。もとい、ある男が妻への復讐として、全財産を使って抱く女の数である。名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をFacebookの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬。あまりのショックに離婚を考える海馬であったが、財産分与で資産の半分を慰謝料で支払わなければならないことを知り大激怒。“不貞”の妻に慰謝料で支払わなければならない1,000万円を、自分の“不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。妻のFacebookの浮気投稿についた、108もの“いいね!” に湧き上がる猛烈な怒り。その数を目標に女を買いまくる、肉慾(よく)全開、前代未聞の復讐劇が幕を開ける―。

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』キャスト

海馬五郎/松尾スズキ

1962年、福岡県生まれ。1988年、舞台「絶妙な関係」で「大人計画」を旗揚げ。以降、主宰として数多くの作品の作・演出をつとめる。1997年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で、第41回岸田國士戯曲賞受賞。2001年「キレイ―神様と待ち合わせした女―」でゴールデン・アロー賞演劇賞を受賞した。2004年には『恋の門』で映画監督デビューし、第61回ヴェネツィア国際映画祭に出品された。2008年には『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。小説では、2006年「クワイエットルームにようこそ」、2010年「老人賭博」、2018年「もう『はい』としか言えない」の三作で芥川賞にノミネートされている。

松尾スズキコメント

ウディ・アレンが、メル・ブルックスが、ベン・スティラーが、そうであるように、コメディの世界に生きるものの一つの到達点として、監督主演映画が撮りたかった。30年、笑いと戦い続けた自称喜劇人松尾スズキが「愛とエロス」のカオスの中でのたうちまわる様をご笑納ください!

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』原作情報

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』作品情報

2019年秋公開
配給:ファントム・フィルム
公式サイト:

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ワンコ
    4.2
    それで…、あなたは、どうしたいの? それで…、あなたは、どうしたいの? これは、女性の開き直った問いかけだろうか、戦術的な質問だろうか、それとも、心からの問いかけだろうか? 「それで」の後のタメも意味深だ。 ある意味、究極の質問だ。 これに、すんなり答えられる男なんか、自分も含めて、ほぼ見たことがない。 女性の質問界のリーサル・ウェポンだ。 男の心を見透かしている(因みに、海馬五郎は、絶対、島にも行きたいのだ)。 映画はバカバカしさ満載で、詭弁ありの、痙攣して病院で診てもらうという昔聞いた都市伝説ありの、かなり楽しい。 女性の裸やエッチシーンも出てるけど、そんなエロくはない。 美月が、男と女って結局こうなるのよねと呟く方が、どちらかと言えば、グッと来る。 女性が観たら、男ってバカだねとか、男って、こんなことばっかり考えてるの?とか、また、女性の質問が怖くなる…、そんなストーリーでした。 松尾スズキさん、Bunkamuraシアターコクーンの芸術監督に就任されるそう。蜷川幸雄さんの後ということになるんですね。スゴイ! 僕は応援してます。
  • あーち
    4.0
    松尾スズキの喜劇は最高!
  • tt
    2.3
    もう、何をやりたいのかわからなかったけど、最終的にこれは松尾スズキ氏の欲望なのか??とも。 久々に早く終わってほしいと感じた…☆
  • shinya
    4.0
    松尾スズキ監督作の中でベスト作品。 過去作に比べて突き抜けた面白さがあり、コメディ作品としてあるべき姿がある。 役者陣も皆素晴らしかった。 笑えるシーンは多々あり、クライマックスのローション複数プレイなんかも凄いですが、病室のシーンの秀逸さは天下一品でした。また映像的にもホラー的なギョッとする演出や、オナニーするまでをワンカット長回しするなどこれまでに無い凝り方を魅せいてます。 正直、話のオチは弱い部分もあるのですが、覆水盆に返らずで、大人の悲哀や哀愁が深く滲む。 オリジナルで、監督、脚本、主演を自身でやりきった松尾監督を賛美したい。 これが評価されないとより日本国内で作家性のあるオリジナルのコメディ映画の製作がされなくなっていってしまうのだ。 松尾スズキにはメル・ブルックス×ウディ・アレンで自身主演で沢山コメディ映画撮って欲しいのです。 エロくて笑えるのは素晴らしいじゃないですか。
  • リク
    4.0
    松尾スズキさんやっぱり笑いのセンスがすごい! そしてこの作品やりたい放題感が凄まじい(笑) 目的が目的なだけに話は下ネタばっかりなのだけれどもセンスがいいから笑いの質は高くてずっと笑ってられる、 劇場でゲラゲラ声上げて笑うのをみんな我慢してたけど、我慢の限界でブーって吹き出すのがあちらこちらで多発して仲間意識芽生えた(笑)
「108~海馬五郎の復讐と冒険~」
のレビュー(503件)