映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』あらすじ・キャスト・原作情報【松尾スズキ、自身監督作“初”主演!】

「大人計画」主宰である松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)が、2019年に公開されることが決定した。2018年、旗揚げから30年を迎えた大人計画。松尾スズキ自身も「松尾スズキ」として活動をスタートさせてから30年目という節目に、自身が手がける作品では“初”の主演を飾る。

1127

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』あらすじ

“108”それは、煩悩の数―。もとい、ある男が妻への復讐として、全財産を使って抱く女の数である。名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をFacebookの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬。あまりのショックに離婚を考える海馬であったが、財産分与で資産の半分を慰謝料で支払わなければならないことを知り大激怒。“不貞”の妻に慰謝料で支払わなければならない1,000万円を、自分の“不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。妻のFacebookの浮気投稿についた、108もの“いいね!” に湧き上がる猛烈な怒り。その数を目標に女を買いまくる、肉慾(よく)全開、前代未聞の復讐劇が幕を開ける―。

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』キャスト

海馬五郎/松尾スズキ

1962年、福岡県生まれ。1988年、舞台「絶妙な関係」で「大人計画」を旗揚げ。以降、主宰として数多くの作品の作・演出をつとめる。1997年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で、第41回岸田國士戯曲賞受賞。2001年「キレイ―神様と待ち合わせした女―」でゴールデン・アロー賞演劇賞を受賞した。2004年には『恋の門』で映画監督デビューし、第61回ヴェネツィア国際映画祭に出品された。2008年には『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。小説では、2006年「クワイエットルームにようこそ」、2010年「老人賭博」、2018年「もう『はい』としか言えない」の三作で芥川賞にノミネートされている。

松尾スズキコメント

ウディ・アレンが、メル・ブルックスが、ベン・スティラーが、そうであるように、コメディの世界に生きるものの一つの到達点として、監督主演映画が撮りたかった。30年、笑いと戦い続けた自称喜劇人松尾スズキが「愛とエロス」のカオスの中でのたうちまわる様をご笑納ください!

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』原作情報

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』作品情報

2019年秋公開
配給:ファントム・フィルム
公式サイト:

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ant
    3.0
    劇団大人計画主宰松尾スズキの脚本監督主演と全力投球のエロ愛コメディー物語。オープニング序盤はコメディーで入り、妻の浮気を知り復讐劇に入って、ちょいセクシーに、これ普通では思いきや、怒涛の裸シーンで、この分量はやっぱR18だなってなった。しかし妻役に中山美穂を据えて、心の物語を構えている所も安泰の造り。基本笑えます。特別試写会LiLicoトークショーも楽しかった。
  • MasaichiYaguchi
    3.7
    2018年に創立30周年を迎えた劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキさんが、監督・脚本、そして主演した本作では、タイトルにある「108」が仄めかしているように主人公をはじめとして煩悩に駆られた人々が、辛辣さと笑いを交えた賑やかなドラマで描かれていく。 展開される大騒動は、脚本家として名を成した海馬五郎が元女優の妻・綾子の浮気をSNS で知り、彼が嫉妬と怒りで彼女に復讐することを決意したことに端を発している。 海馬は復讐方法として、SNSに投稿された妻の浮気写真に付いた「いいね!」の数だけ女を買うことを思いつく。 ここから乱痴気パーティーのような女色に耽る彼の日々が幕を開ける。 だが、その姿は女達に飲み込まれ溺れているように見える。 本来、買う側で立場が上の筈の海馬だが、私から見ると買われる女達の方がしたたかで彼を振り回している。 「悋気は損気」とか「人を呪わば穴二つ」というように、人に黒い思いをぶつければ、それは自分に跳ね返ってくる。 果たして海馬の復讐は、中年夫妻に訪れた危機は、どのような結末を迎えるのか? 本作のドラマは振り切れていて、登場人物達もデフォルメされているが、描かれた夫婦の危機や、結婚とは夫婦とは何か、人にとって愛とかお金とかは何かなど、取り上げられたものは決して我々に無縁のものではないと思う。
  • ガーコ
    5.0
    こんなにエロくて、面白い映画だとは思わなかった! ヤリまくりのハメまくりの、ローションベトベトのR18禁映画。 松尾スズキワールドが、放出しまくりのかなりディープな内容。 夫婦の絆を取るか、若い男を好きな気持ちを優先して不倫するか? 1組の夫婦がどちらを選択するのかを見守る、究極のラブストーリーでした(//∇//) 妻のSNSで、不倫していることを知った夫が、妻に怒りを爆発させて、復讐の為に108人の女と寝まくるという…。 なんとも、かなりスリリングな内容。 夫を松尾スズキさん。 妻をな、な、なんと! 中山美穂さんが演じているからびっくり! あの美しい美貌が、この映画によって淫らに狂わされてしまう描写に、女ながらにとても興奮してしまったのも事実。 中山美穂さん恐るべし! 彼女の天才的な演技力があってこそ、この映画は成り立っていた感じ! 女の浮気も多くなってきている昨今、淑やかで物静かな女なんて古臭い。 松尾スズキさんの描く女性は、みんな強くて逞しくて、自分の気持ちに正直に生き生きと生きている╰(*´︶`*)╯♡ だから、そんな、女性像がすごく見応え抜群でした! だからなのか? 会場にいるのは、女性ばかりだから不思議 (((o(*゚▽゚*)o)))♡ この映画を観たら、男の人はもちろんですが、それ以上に女の人も元気になれそう(笑) 松尾さんが108人も女を抱く為に考え抜いた策略が凄まじすぎて、ついていけなかったけど…。 でも、演じている皆さん、欲望のままに見事に溺れていく感じが凄くエロかった。 人間はもはや究極のエロスを秘めていると言っても過言では無い\(//∇//)\ エロがあるから愛がある。 愛があるから、幸せがある(๑>◡<๑) 松尾スズキさんはとてもシャイな性格との事ですが、そんなシャイな性格だからこそ、うちに秘めた想いが隠れているのかもしれない…。 そんなことを考えてしまう映画でした。 松尾スズキさんのギャップ萌えが大いに期待できる作品となっています! また、今回は映画にも出演しているLiLiCoさんが、特別にトークイベントに参加してくださいました! 彼女のトークは本当に面白い! 1つ1つのエピソードが本当に濃くて、濃くて、一言たりとも聞き逃してはならないと感じるほどの、楽しい話満載でした(*゚▽゚*) 映画の後のトークイベントだったので、裏話もたくさん聞けて、最後の最後まで腹を抱えて笑ってばかりでした! 彼女はどうやら、家に鞭を3本隠し持っているようです…。 本当か嘘かわからないけれど、変態プレイを家で行なっていないことを願うばかり…。 妄想と想像の世界が膨らむ、令和元年最強のエロ映画、ここに完成! 沢山のエロを感じて、感じまくってみるべき映画でした(=´∀`)人(´∀`=)
  • 映画好き子ちゃーん
    4.0
    試写会にて鑑賞。 めちゃくちゃ面白くてめちゃくちゃ裸体が映る映画でした(笑) 2、3箇所じゃなく全体的に笑いが溢れてる。そしてどのシーンを思い出しても笑える。キャラが濃いからなのかな、それとも振り切っているから面白いのかな。 ミュージカルシーンも好きでした! 笑いだけじゃなくて妻として生きることで世間と離れてるというか孤独感、他の人生を生きてみたいという葛藤があった。同じ気持ちになってしまう人多いんじゃないかな? 共感するところもあるので是非色んな人に見てほしい♪ ただ、完全に18禁です。夫婦、カップルで観る時は18禁ということを頭に入れといたほうがいいかもw
  • ナガグツ
    4.0
    勘違いから始まるストーリー。 バカげてるけど、まあなかなか面白い。 笑いが全体を通してバランスよく散りばんでる。
「108~海馬五郎の復讐と冒険~」
のレビュー(45件)