映画『あの日のオルガン』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【戸田恵梨香×大原櫻子ダブル主演】

戸田恵梨香大原櫻子がW主演を務める映画『あの日のオルガン』が、2019年2月22日(金)より公開となる。

第二次世界大戦末期、東京都品川区戸越の保育士たちが幼い園児たちと集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を描いた本作。生と死が隣り合わせの時代、幾多の困難を前向きに乗り越えユーモアを持ち突き進んだ知られざるヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語である。

共演に橋爪功、夏川結衣、松金よね、萩原利久たち実力派俳優たちが集結した。

映画『あの日のオルガン』あらすじ

あの日のオルガン

第二次世界大戦末期。警報が鳴っては防空壕に避難する生活が続く1944年、東京・品川の戸越保育所では、保母たちが保育所の疎開を模索していた。まだ幼い園児たちを手放す不安、迫りくる空襲から子供たちだけでも助けたい、と意見の分かれる親たちを保母たちが必死に説得する中、埼玉に受け入れ先の寺がみつかる。
荒れ寺での疎開生活をスタートした若い保母たちと幼い園児たちを待っていたのは、毎日わき出てくる問題との闘いの日々。それでも若き保母たちは子供たちと向き合い、毎日ひたむきに励ましあいながら奮闘していた。しかしそんな彼女たちにも、空襲の影がせまっていたーー

映画『あの日のオルガン』キャスト

板倉楓/戸田恵梨香

戸越保育園の主任保母

あの日のオルガン

1988年生まれ、兵庫県出身。小学生の頃から地元・兵庫で芸能活動をスタートさせ、中学校進学を機に上京。2006年の映画『DEATH NOTE デスノート』でスクリーンデビューを飾る。主な出演作にドラマ「ライアーゲーム」シリーズ、「SPEC」シリーズ、「コード・ブルー」シリーズ。いずれも後に劇場映画化された。そのほか映画では『アマルフィ 女神の報酬』(09)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)、『エイプリルフールズ』(15)など多数。

戸田恵梨香コメント

重たいシーンが続いたので、自分の精神状態が普段いないところにいました。ただ、子供たちも含め、みんなと心を通わせられていたと思うので、現場ではとても居心地がよかったです。板倉楓を演じるにあたっては、みんなの母となれるよう、お姉さんになれるよう、大きな心でどしっと構えていられるように心掛けていました。楓は背負っているものが多かったので、一ヶ月精神的にきついことが続きましたが、有意義な時間で、すごい作品が出来るんじゃないかと手応えを感じています。

野々宮光枝/大原櫻子

愛育隣保育館の保母

あの日のオルガン

1996年生まれ、東京都出身。2013年の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でスクリーンデビューし、日本映画批評家大賞新人賞を受賞。劇中バンドのボーカルとして、歌手としてもデビュー。日本レコード大賞新人賞を受賞した。2014年にソロシンガーとしてデビュー。主な出演作に、映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(17)ドラマ『恋仲』(15)、『好きな人がいること』(16)などがある。

大原櫻子コメント

一生懸命楽しむ、楽しませるということを心がけていました。他の保母さんは子供たちを守るということを念頭に置いているかと思うのですが、光枝の場合は子供たちと楽しもうと意識しました。日常に笑顔を探しました。この作品は、色々な世代、これからの世代の方にも観て欲しい作品です。心が苦しくなるシーンもあるのですが、この作品はコミカルな部分があったり、子供たちの笑顔に見ている人もふと笑顔になる作品になると思います。タイトルの『あの日のオルガン』にもある、音楽のシーンも楽しんで欲しいなと思います。

佐久間由衣
三浦透子
堀田真由
福地桃子
白石糸
奥村佳恵
萩原利久
山中崇
田畑智子
陽月華
松金よね子
林家正蔵
夏川結衣
田中直樹
橋爪功

映画『あの日のオルガン』監督

平松恵美子

山田洋次監督のもとで助監督として経験を積み、『小さいおうち』(13)、『母と暮せば』(15)、「家族はつらいよ」シリーズ(16、17、18)では山田監督との共同脚本を重ねる。2013年の映画『ひまわりと子犬の7日間』で監督デビュー。

映画『あの日のオルガン』原作

映画『あの日のオルガン』予告編

映画『あの日のオルガン』作品情報

あの日のオルガン

2018年2月22日(金) 全国ロードショー
配給:松竹
公式サイト: https://www.anohi-organ.com
(C)映画「あの日のオルガン」製作委員会

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • おりょうSNK
    4.0
    最高の題材、最高のロケーション。   ~サクッとあらすじ~ 東京大空襲目前、疎開の対象から外されてしまった保育園児の集団疎開を、反対派もいながら成し遂げた保母たちがいた。   語り継がれる名作となり得るほど最高な題材だけに、惜しい作品だった。悔しい! エンドクレジットで知ったのだけど、京丹波町や亀岡、舞鶴、米原など馴染みのある場所でロケしていたようで、素朴でとてもいい、古き良き日本の雰囲気。 集団疎開の言い出しっぺである戸田恵梨香さん、裏で支える夏川結衣さんと田中直樹さん、疎開先での良き理解者となる橋詰功さんたちの演技は文句なし。主演の戸田恵梨香さんの演技の確かさは疑う余地がなく、「怒りの乙女」と呼ばれる強い保母を好演。牽引力もある女優さん。 だったのに、後半急に影が薄くなったかと思ったらブレる乙女になっていた脚本が実に惜しい。一度ブレるのはいい、でもあのキャラで2度も3度もブレちゃだめだ。人前で大泣きしてはだめだ。例えばあの泣きは観客だけが知っている涙とかにすればまた違ったはず。   この作品、日常を描いている場面はすごく良くて、微笑んだり涙ぐんだりさせてくれるけど、ここ!というところの力の入れ具合が違うというのか、表現力が足りないというのか。 セリフは100とも200とも300とも言われている映画表現において最下位に位置する、もっとも映画と遠い場所にある表現方法なのに、回想シーン2秒で表現できるところを喋らせる。 オルガンの扱いが実に中途半端で、タイトルとするには弱すぎた。重ね重ね惜しい。
  • なかしま
    3.2
    子供の集団疎開 多重苦
  • りーぬ
    3.7
    戦争は良くないなと思った。
  • TK
    4.5
    記録 2019-043 39本目
  • saho
    4.0
    泣けた........。 楓先生の思いが心に突き刺さって涙が溢れてしまった。当時の状況に身を置いて考えたら本当に辛いの一言。「15年もこの状況、、終わるわけない!」の言葉の重さ、15年もかぁ、、そんなの、あたしだってへこたれる 同じ保育士さんなのもあって、すごく身近に考えさせられた。今を生きてる私は、本当に幸せなんだな〜
「あの日のオルガン」
のレビュー(547件)