映画『まく子』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【草彅剛が浮気性のダメ親父を熱演!】

2014年に発表した「サラバ!」で、第152回直木賞を受賞した西加奈子の小説「まく子」が映画化。2019年3月15日(金)より公開となる。

まく子

映画『まく子』あらすじ

小さな温泉街に住む小学生5年生の「ぼく」(サトシ)は、子どもと大人の狭間にいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしかった。女の人とみれば、とたんにだらしなく笑う、父ちゃんみたいには絶対になりたくなかった。 だから、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。 そんなある日、コズエが突然やってきた。コズエはとても変で、とてもきれいで、なんだって「まく」ことが大好きで、そして彼女には秘密があった……。

まく子

映画『まく子キャスト

サトシ/山﨑光

まく子

ひなびた温泉街の旅館の息子。小学5年生。

2003年、千葉県出身。2010年の映画『ちょんまげぷりん』でスクリーンデビューを果たす。主な出演作に『真夏の方程式』(13)。本作で映画初主演を務める。

山崎光コメント

サトシの子供から大人になる過程の複雑な気持ちが、自分の今の境遇と重なり、コズエとの出会いによって、見える世界が少しずつ変わっていくサトシに、僕自身もドキドキしていました。とても魅力的な作品です、たくさんの方に観ていただきたいです。

コズエ/新音(にのん)

不思議な転校生。

2004年、東京都出身。雑誌「VERY」の専属モデルを務めるクリス・ウェブ佳子の長女。モデルとしてキャリアをスタートさせ、第68回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門・正式招待作品『Blue Wind Blows』で映画初出演を飾る。ロックバンドRADWIMPSの楽曲「狭心症」のMVにも出演している。

新音コメント

台本をもらった、その日から「まく子」の持つ世界観を表現できるのがとても嬉しく、私にとって特別な作品になりました。

光一/草彅剛

まく子

サトシの父。家族を愛しつつも浮気をしてしまうダメな父親だが、息子の成長を陰ながら見つめ背中をそっと押す。

1974年、愛媛県生まれ、埼玉県出身。1988年SMAPのメンバーとして活動をスタートさせる。俳優としては映画『シュート!』(94)、『BALLAD 名もなき恋のうた』(09)、『中学生円山』(13)、ドラマ『成田離婚』(97)、『僕の生きる道』(03)をはじめ数々の作品に出演。

草彅剛コメント

「まく子」は、誰しもが持っている、どうしても失ってしまう大事な感情、想いを、もう一度取り戻してくれる作品です。僕たちの前にいきなり出てきて、花火のように僕らの日常を映してくれて、「あいつ、バカだなぁ」って笑いながら、幸せをまいてくれる、この映画もみなさんにとって、そんな存在になる映画だと嬉しいです。

明美/須藤理彩

まく子

サトシの母。思春期の息子を温かく見守る。

1976年、神奈川県出身。現在の事務所であるアミューズのオーディションに合格し、芸能活動をスタートさせる。NHK朝の連続テレビ小説『天うらら』(98)でドラマ初主演。主な出演作に映画『僕等がいた』(12)、「深夜食堂」シリーズ、NHK 朝の連続 テレビ小説『半分、青い。』(18)などがある。

須藤理彩コメント

不思議な出会い、出来事。もしかしたら、今起こっていること全てが幻だっとしても、その時感じたことは心の深くに刻まれて「自分」は少し成長したんだと、、、
そんな思春期の息子を見守る母の役です。母も、そんな息子から、学ぶのです。人を愛する気持ちを。。。

つみきみほ
村上純(しずる)

映画まく子』監督・脚本

鶴岡慧子

初長編映画『くじらのまち』(12)でPFFアワード2012 グランプリ&ジェムストーン賞をW受賞。第63回ベルリン国際映画祭をはじめ、各国の映画祭で高く評価された。

映画まく子』原作

映画まく子』予告編

映画『まく子』作品情報

2019年3月 15日(金)より、テアトル新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本:鶴岡慧子 
(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
公式サイト:http://makuko-movie.jp

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ke
    3.5
    カテゴリーとしては「児童映画」に分類されるとは思うが、必ずしも子どもたちにわかりやすい映画ではない。 ただ自分の少女時代を振り返ると、その時はよく意味がわからなくても強烈な印象を残す作品は何本もある。 この「まく子」もそんな作品になるのではないだろうか。 身体の成長に心がついていかず、終始むしゃくしゃしている少年と、地方の温泉街に転校してきた美しい少女という組み合わせは、ある意味王道。 しかしそこは原作・西加奈子、一筋縄ではいかない。 少女の空想だとばかり思っていたものが、実は現実だったというラストはなかなかの衝撃で、一気に今作をファンタジーにしてしまうが、根底にあるのはやはり少年少女期のリアルである。 主役の山崎光と新音に拍手。 二人ともこれからが楽しみな役者だが、この先どんなに上手くなっても、大役をやっても、この年代のこの役だからこその輝きは今しか出せない。そんな刹那の尊さがスクリーンから溢れ出ている。 子どもたちの周囲の大人たちも様々で、みな少しずつ変だ。 しかし、大人だって、いつも正しい答えを握っているわけじゃない。 けっして器用でも理想どおりでもないけれど、そうした情けない姿も含めてしっかりと見せることが、大人たちが子どもたちにできる数少ない贈り物なのだと感じた。 そういう意味で、主人公・サトシの父ちゃん(草彅剛)の女性にだらしないダメ親父ながら、大事なところではきちんと子どもと向き合う人物描写はさすがのひとこと。子どもたちが主役の本作の中でも強く印象に残り、この映画を一段高いところに引き上げている。 思春期真っ最中の皆さんの感想を聞いてみたい一本。
  • すままる
    3.4
    やっと観えた!兵庫県まで行きました! 子供のそれも思春期を描く作品の私の一番好きなもの。なんといっても子供達の目だ。自然で純粋で繊細で。主演の山﨑光くん。とーーーーーっても良い表情でした!素敵です。柳楽くんを思い出したなぁ。 ストーリーは思った以上にファンタジーだった。邦画で意外な展開だった。 父親役の草彅剛さん。嫌な奴だけど、子供への愛の不器用さを少ないシーンでしたが溢れ出ていました。素晴らしい!
  • エミさん
    3.3
    原作を取り急いで端折った感はあったものの、ファンタジックで真理的な良さは活かされていて、フワッとした優しい素敵な作品でした。 やっぱり新音ちゃんの可愛さよ!! 私もトキめきました。 , ・:*:・(*´▽`*) , ・:*:・ そして、草なぎ君のお父さん役。飄々とした雰囲気、何だか良かったなぁぁ。外へ向けた男性としての色気もあるけど、内に向ける家族への愛情もちゃんとあって。そういう人柄をサラリと演じられるようになったんだなぁ〜って、あらためて思わされました。 徐々に大人になっていく11歳の多感なサトシが、大人と子供の狭間で苦しんだりアイデンティティを求めながら毎日を過ごしている様子や、それを興味深そうに追いかけるコズエのやり取りが眩しくて、ずっと観ていたいなぁぁって思ってたら、コズエが言う「小さな永遠を、終わらせないといけない。」っていう、あのセリフ。物語の終焉を予感させるセリフである。 少しだけジンとしてしまった。 私も小さい頃、コズエと出会いたかった…。 友達からイジメられたり、大人から「子供は黙ってろ!」と言われた時、早く大人になりたいと思ったり、放課後の静けさなんかに、フッと物悲しくて「このまま時間が止まれば良いのに…」と思ったり、春休みが来る度に「このままではいけない」という大人にならざるを得ない予感にも似た焦燥感に駆られたりしたものだった。当時は、最悪な毎日を送っていると思っていたが、今あらためて顧みると、何も知らないということは危なげで自由で、でも可能性がたくさんあったんだなぁと、幼なさが逆に懐かしく思える。映画とオーバーラップして、あの頃に帰れたような気がした。 人は生まれた瞬間から死に向かって生きていく。成長過程の時期には忘れているそんな事実も、老いていく過程の時期に差し掛かると急に思い出させられて、思わず忘れ物を探すかの様に、もがきたくなってしまう。ずっと有意義な人生がいいに決まっているが、なかなか、そうは過ごせない。もし、平坦な人生は味のない不幸なものだと思えることで、辛い現実を緩和させることが出来るなら、それだけでも救われるような気がしました。
  • bamtol
    3.7
    原作読まずにみたけど、本当にいい作品。 思春期入りの微妙な感じがすごく出ている。今がどれだけ大事であり、成長という事はどういうことなのか。 サトシにすごく感情移入してしまい、サトシの父親が嫌いで!!!!! でも、草なぎ剛のあの嫌な父親...セクシーだった。父親の不倫を目撃してしまった息子、大人になりたくない=不信感の表しだけど...洗濯場での会話シーンとか、すごく好き。自分の存在がきらきらするような(砂アニメーションや砂画でてくるけど)、海辺の砂浜のように輝く自分を気づかせてくれたような映画でした。
  • rina
    3.4
    ただのファンタジー映画?と思ったけど世界観はとても好きです。 草彅剛のスパイス聞いたダメ親父の演技は、ファンながら良かったと思います。
「まく子」
のレビュー(444件)