映画『まく子』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【草彅剛が浮気性のダメ親父を熱演!】

2014年に発表した「サラバ!」で、第152回直木賞を受賞した西加奈子の小説「まく子」が映画化。2019年3月15日(金)より公開となる。

まく子

映画『まく子』あらすじ

小さな温泉街に住む小学生5年生の「ぼく」(サトシ)は、子どもと大人の狭間にいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしかった。女の人とみれば、とたんにだらしなく笑う、父ちゃんみたいには絶対になりたくなかった。 だから、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。 そんなある日、コズエが突然やってきた。コズエはとても変で、とてもきれいで、なんだって「まく」ことが大好きで、そして彼女には秘密があった……。

まく子

映画『まく子キャスト

サトシ/山﨑光

まく子

ひなびた温泉街の旅館の息子。小学5年生。

2003年、千葉県出身。2010年の映画『ちょんまげぷりん』でスクリーンデビューを果たす。主な出演作に『真夏の方程式』(13)。本作で映画初主演を務める。

山崎光コメント

サトシの子供から大人になる過程の複雑な気持ちが、自分の今の境遇と重なり、コズエとの出会いによって、見える世界が少しずつ変わっていくサトシに、僕自身もドキドキしていました。とても魅力的な作品です、たくさんの方に観ていただきたいです。

コズエ/新音(にのん)

不思議な転校生。

2004年、東京都出身。雑誌「VERY」の専属モデルを務めるクリス・ウェブ佳子の長女。モデルとしてキャリアをスタートさせ、第68回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門・正式招待作品『Blue Wind Blows』で映画初出演を飾る。ロックバンドRADWIMPSの楽曲「狭心症」のMVにも出演している。

新音コメント

台本をもらった、その日から「まく子」の持つ世界観を表現できるのがとても嬉しく、私にとって特別な作品になりました。

光一/草彅剛

まく子

サトシの父。家族を愛しつつも浮気をしてしまうダメな父親だが、息子の成長を陰ながら見つめ背中をそっと押す。

1974年、愛媛県生まれ、埼玉県出身。1988年SMAPのメンバーとして活動をスタートさせる。俳優としては映画『シュート!』(94)、『BALLAD 名もなき恋のうた』(09)、『中学生円山』(13)、ドラマ『成田離婚』(97)、『僕の生きる道』(03)をはじめ数々の作品に出演。

草彅剛コメント

「まく子」は、誰しもが持っている、どうしても失ってしまう大事な感情、想いを、もう一度取り戻してくれる作品です。僕たちの前にいきなり出てきて、花火のように僕らの日常を映してくれて、「あいつ、バカだなぁ」って笑いながら、幸せをまいてくれる、この映画もみなさんにとって、そんな存在になる映画だと嬉しいです。

明美/須藤理彩

まく子

サトシの母。思春期の息子を温かく見守る。

1976年、神奈川県出身。現在の事務所であるアミューズのオーディションに合格し、芸能活動をスタートさせる。NHK朝の連続テレビ小説『天うらら』(98)でドラマ初主演。主な出演作に映画『僕等がいた』(12)、「深夜食堂」シリーズ、NHK 朝の連続 テレビ小説『半分、青い。』(18)などがある。

須藤理彩コメント

不思議な出会い、出来事。もしかしたら、今起こっていること全てが幻だっとしても、その時感じたことは心の深くに刻まれて「自分」は少し成長したんだと、、、
そんな思春期の息子を見守る母の役です。母も、そんな息子から、学ぶのです。人を愛する気持ちを。。。

つみきみほ
村上純(しずる)

映画まく子』監督・脚本

鶴岡慧子

初長編映画『くじらのまち』(12)でPFFアワード2012 グランプリ&ジェムストーン賞をW受賞。第63回ベルリン国際映画祭をはじめ、各国の映画祭で高く評価された。

映画まく子』原作

映画まく子』予告編

映画『まく子』作品情報

2019年3月 15日(金)より、テアトル新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本:鶴岡慧子 
(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
公式サイト:http://makuko-movie.jp

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • TadashiSakabe
    3.6
    誰にでもある大人への階段… 遠い昔を思い出した! でも、コズエは本当にどこから来たのか?
  • ゆっく
    2.8
    西加奈子の小説は大好きなので期待して見てみたんだが...あの世界観を映像で表現するのは難しいんかなぁと思った。ただただ不思議な映画といった印象。
  • ワンコ
    4.1
    記憶の片隅にある一瞬を擽ぐる 男の子が少年に変わる、ほんの一瞬の物語だ。 大人になんかならなくて良い。 それは、「帰りのバスを待つ短い時間」…がずっと続いて欲しいと、叶わないと分かっていても願ってしまう気持ちと一緒のような気がする。 バスは来る。それは分かっていても、その一瞬がとても愛おしい。 女の子を好きになるのに、あれこれ理由はいらない。 寂しそうな転校生には気持ちを寄せがちだ。 少しでも心を開いてくれたら、二人の心がずっと通い合うような気にさえなる。 そして、大人の恋愛はどこか純粋じゃなくて、利己的で、誰かを傷つけてるように感じてしまう。 でも、いつかは自分にもプラトニックではいられなくなる日が来る。 こうして、一瞬一瞬の出会いや葛藤も繰り返し、繰り返し、記憶の美しいカケラになっていく。 小さな永遠は、風に乗って流されず、落ちて降り積もって、更にいくつも積み重なって、大きな永遠になるのだ。 まく子は、きっと自分だ。 まいて、下に落ちて降り積もった、小さな想いや、願い、葛藤、そして経験が、いつの日か大きな大きなかけがえのないものなることを知り、誰かに伝える時が、きっとやって来る。
  • ツチカ
    -
    犬の演技までもが白々しく見えた
  • nobby
    1.6
    うーん。つまらなくて、ながら見になってしまって、余計意味不明になってしまった。
「まく子」
のレビュー(615件)