映画『まく子』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【草彅剛が浮気性のダメ親父を熱演!】

2014年に発表した「サラバ!」で、第152回直木賞を受賞した西加奈子の小説「まく子」が映画化。2019年3月15日(金)より公開となる。

まく子

映画『まく子』あらすじ

小さな温泉街に住む小学生5年生の「ぼく」(サトシ)は、子どもと大人の狭間にいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしかった。女の人とみれば、とたんにだらしなく笑う、父ちゃんみたいには絶対になりたくなかった。 だから、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。 そんなある日、コズエが突然やってきた。コズエはとても変で、とてもきれいで、なんだって「まく」ことが大好きで、そして彼女には秘密があった……。

まく子

映画『まく子キャスト

サトシ/山﨑光

まく子

ひなびた温泉街の旅館の息子。小学5年生。

2003年、千葉県出身。2010年の映画『ちょんまげぷりん』でスクリーンデビューを果たす。主な出演作に『真夏の方程式』(13)。本作で映画初主演を務める。

山崎光コメント

サトシの子供から大人になる過程の複雑な気持ちが、自分の今の境遇と重なり、コズエとの出会いによって、見える世界が少しずつ変わっていくサトシに、僕自身もドキドキしていました。とても魅力的な作品です、たくさんの方に観ていただきたいです。

コズエ/新音(にのん)

不思議な転校生。

2004年、東京都出身。雑誌「VERY」の専属モデルを務めるクリス・ウェブ佳子の長女。モデルとしてキャリアをスタートさせ、第68回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門・正式招待作品『Blue Wind Blows』で映画初出演を飾る。ロックバンドRADWIMPSの楽曲「狭心症」のMVにも出演している。

新音コメント

台本をもらった、その日から「まく子」の持つ世界観を表現できるのがとても嬉しく、私にとって特別な作品になりました。

光一/草彅剛

まく子

サトシの父。家族を愛しつつも浮気をしてしまうダメな父親だが、息子の成長を陰ながら見つめ背中をそっと押す。

1974年、愛媛県生まれ、埼玉県出身。1988年SMAPのメンバーとして活動をスタートさせる。俳優としては映画『シュート!』(94)、『BALLAD 名もなき恋のうた』(09)、『中学生円山』(13)、ドラマ『成田離婚』(97)、『僕の生きる道』(03)をはじめ数々の作品に出演。

草彅剛コメント

「まく子」は、誰しもが持っている、どうしても失ってしまう大事な感情、想いを、もう一度取り戻してくれる作品です。僕たちの前にいきなり出てきて、花火のように僕らの日常を映してくれて、「あいつ、バカだなぁ」って笑いながら、幸せをまいてくれる、この映画もみなさんにとって、そんな存在になる映画だと嬉しいです。

明美/須藤理彩

まく子

サトシの母。思春期の息子を温かく見守る。

1976年、神奈川県出身。現在の事務所であるアミューズのオーディションに合格し、芸能活動をスタートさせる。NHK朝の連続テレビ小説『天うらら』(98)でドラマ初主演。主な出演作に映画『僕等がいた』(12)、「深夜食堂」シリーズ、NHK 朝の連続 テレビ小説『半分、青い。』(18)などがある。

須藤理彩コメント

不思議な出会い、出来事。もしかしたら、今起こっていること全てが幻だっとしても、その時感じたことは心の深くに刻まれて「自分」は少し成長したんだと、、、
そんな思春期の息子を見守る母の役です。母も、そんな息子から、学ぶのです。人を愛する気持ちを。。。

つみきみほ
村上純(しずる)

映画まく子』監督・脚本

鶴岡慧子

初長編映画『くじらのまち』(12)でPFFアワード2012 グランプリ&ジェムストーン賞をW受賞。第63回ベルリン国際映画祭をはじめ、各国の映画祭で高く評価された。

映画まく子』原作

映画まく子』予告編

映画『まく子』作品情報

2019年3月 15日(金)より、テアトル新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本:鶴岡慧子 
(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
公式サイト:http://makuko-movie.jp

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • キモサベ
    3.0
    小学生男女の淡い恋物語・・・と思ったらSFかいっ‼ ズバリ勝因は、この男女の会話の“素っ気なさ”です・・・と、そこから“大林ワールド”の匂いをふと感じとったのは自分だけでしょうか? そう、小林聡美や尾美としのりのような・・・ そう言えば根岸季衣も出ていたしね 人は、他者(たとえそれが異星人であっても)を受け入れる(あるいは、映画によっては“許す”)ことによって成長していく・・・物語の王道のような気がします
  • shiori
    -
    不思議だった
  • love1109
    3.7
    風変わりな青年ドノが発する「誰かが、そう信じてほしいことを、俺は信じる」なんて、すごい台詞。みんながそんな風にやさしく生きられたなら、それはきっと幸福に満ちた世界となるに違いない。いつから大人になったのかなんて、まったくわからないし、今もって大人の自覚はないけれど、この映画のように、人を許し、他者を受け入れたときに見える景色が変わる、というのはホントのことだ。
  • はる
    -
    記録用
「まく子」
のレビュー(548件)