映画『蜘蛛の巣を払う女』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【「ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作】

鬼才デヴィッド・フィンチャーによって2011年に製作された映画『ドラゴン・タトゥーの女』。そのシリーズ最新作となる『蜘蛛の巣を払う女』が、2019年1月11日(金)に公開される。

蜘蛛の巣を払う女

原作は、全世界で累計9,000万部以上の売り上げを誇るスウェーデンのベストセラーミステリーシリーズ「ミレニアム」。製作陣・キャストを新たに迎え、“今世紀最高のミステリー”の新章が再び幕を開ける。

映画蜘蛛の巣を払う女あらすじ

特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、パンク風の特異な風貌、そして背中にドラゴンのタトゥーを入れた強烈な個性の持ち主リスベットは、天涯孤独で、壮絶な過去を持つ。その過去が、あるキーパーソンによって明らかにされていく……。自らの裁きによって悪を正そうとするリスベットに対し、「皆を助けるのに、なぜあの時……私だけを助けてくれなかったの?」と意味深な言葉を彼女に投げかける謎の女カミラ。彼女もまた、凄惨な過去と秘密を背負っていた。二人の関係を紐解きながら、リスベットはジャーナリストのミカエルと再びタッグを組み、新たなる犯罪組織の陰謀に迫る。

映画『蜘蛛の巣を払う女キャスト

リスベット/クレア・フォイ

蜘蛛の巣を払う女

本作から主人公リスベットに抜擢されたのは、多彩な演技を見せるイギリスの実力派女優、クレア・フォイ。2019年2月に公開されるデイミアン・チャゼル監督最新作『ファースト・マン』では、ライアン・ゴズリング演じる主人公ニール・アームストロングを献身的に支える妻ジャネットを演じ、高い評価を得ている。

カミラ/シルヴィア・フークス

蜘蛛の巣を払う女

リスベットの過去の真相を知るカミラ役を演じるのは、『ブレードランナー 2049』(17)で世界中に強烈な印象を残す熱演をしたシルヴィア・フークス

映画蜘蛛の巣を払う女』監督

監督・脚本を手がけるのは『死霊のはらわた』(13)で長編デビューを果たし、2016年の映画『ドント・ブリーズ』(16)がスマッシュヒットを記録したフェデ・アルバレス。本作が長編3作目となる。

前作『ドラゴン・タトゥーの女』で監督を務めたデヴィッド・フィンチャーは、製作総指揮として本作に携わる。

映画『蜘蛛の巣を払う女』原作

映画『蜘蛛の巣を払う女』原作

映画『蜘蛛の巣を払う女』作品情報

蜘蛛の巣を払う女

2019年1月11日(金) 全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト: http://www.girl-in-spidersweb.jp

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • たろ
    4.0
    リスベットと姉、父親との確執が深く描かれていないので深みに欠ける。原作を読んでいなければ、リスベットとカミラの対決が楽しみ意味するところはほとんど理解できないのでは。リスベットの鬱屈した性格も表現しきれてはおらず、原作版のリスベットよりもずいぶんと普通な印象だ。 原作が強烈なインパクトを持つゆえ、どうしても小さくまとまってしまった感が強いものの、一つのアクション作品としてみれば及第点。十分楽しめると思う。
  • てれいら
    3.7
    笑っちゃうほどカッコつけてるのが、もうなんか気持ちいい。一年に2本くらい作ってくれないかな。
  • Ryusuke
    3.3
    主人公が、もっと闇に生きるダークな雰囲気が欲しかった 脚本的にはまぁまぁ面白いので、あまり期待せずになんとなく観るには面白い映画かも
  • 衣織
    4.0
    主人公のぶっ飛び加減が減って、人間らしさが急に増して、違和感があったが、どうやら原作の4作目とのこと。 鬱々とした前作と違い、テーマも壮大かつ、主人公の過去も明らかになる。 ハッキングシーンよりもアクションシーンが際立ったが、何より他人の温もりを求め、そして協力を求めた事に驚いた。 「あの子は父と同じサイコパスになった」 「何故今までずっと、私のことは助けてくれなかったの」 この認識の相違こそ、今回の主題なのではないのだろうか。 誰かに助けを求められる、そして救う側の人間になった主人公が、妹の本音を知った時の絶望は想像を絶する。 続編で彼女はどんな変化を見せるのか、楽しみでならない。
「蜘蛛の巣を払う女」
のレビュー(2790件)