映画『蜘蛛の巣を払う女』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【「ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作】

鬼才デヴィッド・フィンチャーによって2011年に製作された映画『ドラゴン・タトゥーの女』。そのシリーズ最新作となる『蜘蛛の巣を払う女』が、2019年1月11日(金)に公開される。

蜘蛛の巣を払う女

原作は、全世界で累計9,000万部以上の売り上げを誇るスウェーデンのベストセラーミステリーシリーズ「ミレニアム」。製作陣・キャストを新たに迎え、“今世紀最高のミステリー”の新章が再び幕を開ける。

映画蜘蛛の巣を払う女あらすじ

特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、パンク風の特異な風貌、そして背中にドラゴンのタトゥーを入れた強烈な個性の持ち主リスベットは、天涯孤独で、壮絶な過去を持つ。その過去が、あるキーパーソンによって明らかにされていく……。自らの裁きによって悪を正そうとするリスベットに対し、「皆を助けるのに、なぜあの時……私だけを助けてくれなかったの?」と意味深な言葉を彼女に投げかける謎の女カミラ。彼女もまた、凄惨な過去と秘密を背負っていた。二人の関係を紐解きながら、リスベットはジャーナリストのミカエルと再びタッグを組み、新たなる犯罪組織の陰謀に迫る。

映画『蜘蛛の巣を払う女キャスト

リスベット/クレア・フォイ

蜘蛛の巣を払う女

本作から主人公リスベットに抜擢されたのは、多彩な演技を見せるイギリスの実力派女優、クレア・フォイ。2019年2月に公開されるデイミアン・チャゼル監督最新作『ファースト・マン』では、ライアン・ゴズリング演じる主人公ニール・アームストロングを献身的に支える妻ジャネットを演じ、高い評価を得ている。

カミラ/シルヴィア・フークス

蜘蛛の巣を払う女

リスベットの過去の真相を知るカミラ役を演じるのは、『ブレードランナー 2049』(17)で世界中に強烈な印象を残す熱演をしたシルヴィア・フークス

映画蜘蛛の巣を払う女』監督

監督・脚本を手がけるのは『死霊のはらわた』(13)で長編デビューを果たし、2016年の映画『ドント・ブリーズ』(16)がスマッシュヒットを記録したフェデ・アルバレス。本作が長編3作目となる。

前作『ドラゴン・タトゥーの女』で監督を務めたデヴィッド・フィンチャーは、製作総指揮として本作に携わる。

映画『蜘蛛の巣を払う女』原作

映画『蜘蛛の巣を払う女』原作

映画『蜘蛛の巣を払う女』作品情報

蜘蛛の巣を払う女

2019年1月11日(金) 全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト: http://www.girl-in-spidersweb.jp

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 争議場職員
    3.5
    年内過去分 原作は作者の変わったシリーズ四冊目、ハリウッド映画化二作目にして、仕切直し一作目でもある…という破滅が運命付けられているような企画ながら傑作。正直話はどうでも良いのだが…。繰り返される上昇/宙吊り/落下。移動に次ぐ移動はいちいち爆走で最高。快い一貫性。
  • ともさん
    3.6
    面白い
  • コーヒー牛乳
    3.3
    リスベットがオバさんになってた。
  • hakofugu
    3.5
    WOWOW
  • YUMI
    -
    原作の「ミレニアム」シリーズの大ファンなんで、映像化されたものでも、やっぱりスェーデン版三部作の方が好きです。 でも、これはこれで悪くない映画だと思います。 全体に銀灰色っぽい画面が、いかにも寒々としていてスタイリッシュだし、リスベットとミカエルがシースルーエレベーター越しに再会するとシーンのカット割りなんかもカッコよかった。 でも、あれだけテレビで宣伝してた割には観た人が少ないのは、こういう知的で複雑で、かつ猟奇的な話は日本では受けないって事なのかなあ。
「蜘蛛の巣を払う女」
のレビュー(5226件)