ただのサバイバル・スリラーじゃない!『バード・ボックス』の3つの謎を徹底考察

Netflixオリジナル映画『バード・ボックス』の3つの謎を徹底考察

サンドラ・ブロックが主演を務める話題作 『バード・ボックス』が、12月21日よりNetflixで独占配信されている。

未来を生きる君たちへ』でアカデミー外国語映画賞を受賞した スサンネ・ビアが演出を、『メッセージ』でアカデミー脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラーがシナリオを担当。正体不明の“何か”によって、世界が崩壊していく様子がヴィヴィッドに描かれる、新感覚のサバイバル・スリラーだ。

完全ネタバレは避けつつ、『バード・ボックス』に仕掛けられた 3つの謎について 考察していこう。

謎その1:人類に災厄をもたらす“何か”の正体とは?

BB

目にしただけで精神に異常をきたし、人間を暴走させたり死に追いやってしまう“何か” とは一体何なのだろうか。映画ではその正体についてはっきり明言していないが、スーパー店員のチャーリー(リル・レル・ハウリー)が、こんなことを語るシーンがある。

「宗教や思想では悪魔や霊魂が存在する。恐怖や悲しみを利用して人にとりつくんだ」

もし彼の言葉が正しいとするなら、“何か”は人間が根源的に抱えている負の感情にそっと忍び込みこんで暴走に追い込む、悪魔的な存在ということになる。“何か”と対峙するということは、自分自身の闇と向き合うということなのかもしれない。

謎その2:『バード・ボックス』のタイトルの意味とは?

BB

バード・ボックス』とは、文字どおり鳥かごのこと。「逃げ出す事が出来ない(自由がない)」という意味で「かごの中の鳥」という慣用句があるが、 “何か”の襲撃を恐れて家から出ることができないマロリー(サンドラ・ブロック)たちを比喩的に表現したタイトルといえるだろう。

しかしマロリーは勇気を振り絞って、愛する家族のため決死の逃避行に出ることを決意する。この作品はサスペンスやショック描写だけに重きを置いた作品ではなく、「絶望的な状況にあっても人間は希望を持って生きられるのか?」という問いを突きつけた人間ドラマでもあるのだ。

謎その3:『バード・ボックス』に隠された社会的メッセージとは?

BB

“何か”による感染を防ぐために、マロリーたちは目隠しをする。視覚を奪われた世界で、人類は生存を図るのだ。

この「見ることが死につながる」というプロットは、非常に現代的といえる。なぜなら、フェイクニュースや不祥事などで「信じる」ことが揺らぎ始めている時代において、我々はより「正しい情報を見抜く力」を必要としているからだ。

単なる視覚情報だけを鵜呑みにしてはいけない。それはあなたを惑わせ、迷わせるかもしれない。『バード・ボックス』には、そんな社会的メッセージが隠されている。

◆『バード・ボックス』information

バードボックス2

あらすじ:思いがけず子どもを身ごもったアーティストのマロリー(サンドラ・ブロック)は、ある日突然訪れた世界の終焉と人類滅亡の危機に直面する。残された幼い命を守れるのは彼女だけ。生き残るためにできることは決して“その闇”を見ないこと。マロリーは決死の逃避行を決意する―。

上映時間:124分
配信日:12月21日(金)よりNetflixにて配信中!
公式サイト:https://www.netflix.com/バードボックス

Netflixオリジナル映画『バード・ボックス』連載

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ほの
    2
    流れはいいけど、最後微妙な気分になる。
  • きりん
    3
    突如として訪れた世界の終焉。 生き残るためにはその闇を見ないこと。 幼い子供を抱え闇から逃げ延びることはできるのかって話😎 『クワイエット・プレイス』が音縛りに対してこちらは視覚縛り。 とにかく見たら即アウト!よって逃げる際には目隠しをして視覚を奪われた状態なので困難極まりない👀❌見えなくても常に恐怖が付き纏ってくるのは恐ろしくて良かった。 でも『クワイエット・プレイス』と比べて設定における説得力が欠けていて、闇を抱えた人間は大丈夫だとか曖昧な部分があってう~ん🤔 人間の闇深さを描くでもなく若干退屈。 冒頭の国民がパニック起こして逃げ惑うシーンがピークだったかもしれない。 雰囲気はとても好きな作品なだけにラストの落とし所もイマイチでモヤモヤが残る形となったのが残念でした😣💦 鳥籠((ε( ーөー)໒꒱· ゚ これって宗教観がわからないといけないやつなのかね🤔
  • gen
    2.5
    ○○したら死んじゃう系映画。突如起こった異変によって、室外にいるなにかを見てしまうと精神に異常をきたし、自ら命を絶ってしまうというパニックホラー。 設定がガバガバで、どこからどこまでが外って認識なの?とか、なんで見ても平気な人たちがいるの?とか、ていうか目隠ししてるのにまあまあガツガツ歩くなおいとかツッコみが絶えない。とりあえずそういうことを気にするとまったく楽しめなくなるので、雰囲気を全力で楽しむ映画。 テーマのひとつである母性(たぶん)が絡む、ラスト間近に他人の子どもを犠牲にして自分と自分の子どもが先に進むかどうかをサンドラブロックが葛藤するシーン。ちょ、おまえ、マジやめろよ、マジやめろよ。と個人的に一番ハラハラしました。女の子可愛すぎやし。 ネトフリが宣伝をがんばりすぎたせいで、バードボックスチャレンジなる現象が社会問題になったことでも有名ですが、マジでバカすぎて口開きました。
  • カナノシ
    4.1
    世界中で突如発生した謎の現象。 現れた「何か」を見てしまうとーーー死ぬ。 生き残った僅かな人類は家の中に立て篭もり、「何か」や飢え・病気を恐れ暮らしていた。 幼い子供を抱えるマロリーは、生き残るためにただただ必死であった……な話。 もうずっと心が痛い話。 正体不明の「何か」から逃れる術はなく、意図的に目隠しをして手探りで生き延びるしかない人々の苦悩と愛の物語。 いやー出てくる人たちの考え方は全部間違いじゃないから全編通して苦い取捨選択ばかりで精神の疲弊がすごい。 自分も一緒に立て篭もってんじゃないかと錯覚させられる没入感があった。 はじめは愛というものに否定的だったマロリーが人との出会いや子供達との逃避行でだんだんと変わっていく様子、そして愛というものを知ってしまったが故に苦しみ葛藤する姿から人としての成長も感じることが出来た。 設定はトンデモSFではあるが、痛みのある良い物語だったのではないでしょうか!彼女達はこれからも苦しみながら、しかし幸せを感じながら成長し続けるのではないか。そんな期待を込めて「銘菓ひよこ」を送りたい。そんな一本でした。
  • かと
    -
    過去記録
バード・ボックス
のレビュー(23971件)