アカデミー賞ノミネート『ボヘミアン・ラプソディ』もう一回観るなら、ScreenX!270度映像で視覚の限界超えてきた

『侵略!外来いきもの図鑑』好評発売中!

ウラケン・ボルボックス

2019年(第91回)アカデミー賞5部門ノミネートの『ボヘミアン・ラプソディ』をもう一度観るなら、ScreenX!

3面マルチスクリーンシアター、ScreenX!

それは、2017年。お台場のユナイテッドシネマに国内初上陸した3面上映システム。正面のスクリーンに加え、両側面の壁にも映像を投影するという3面マルチスクリーンシアターで、270度の視界全てで映画を体験するというある意味チカラ技の上映システム

それが、ScreenX​!

ScreenX!、九州初上陸

3面上映かぁ〜、まぁ興味はあるけど東京でしょ〜? お台場は遠いわぁ〜って思った九州の映画ファンの皆さん。お喜びください。国内2つ目となるScreenX​が、2018年11月ユナイテッド・シネマ福岡ももちに九州初上陸しました! イェーイ!

とは言え、ですね。

興味はあるけど、観に行くほどでもないって人もいると思うんですね。東京住んでる人でも東横線近辺の人だったら「お台場かぁ……二子玉のIMAXで良いかな。」って人もいると思うんですよ。

ちなみに、僕はそういうタイプです。

しかし、そんなScreenX​がわざわざ向こうからやってくるとあっては行くしかあるまい。ということで、行ってきました。

ユナイテッド・シネマ福岡ももち!

スクリーンX

観る映画はコレ!

ボヘミアンラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ』!

ていうかですね。この映画、ScreenX​でやるって聞いた時から、

絶対ライブ会場のシーンあるよね……。

ライブ会場が観客で埋め尽くされるシーンとかあるよね……。

てことは、この映画こそ270度の3面スクリーンで見るべき映画なんじゃない?と、思ってたんです。

これが、3面マルチスクリーンシアターだ!

スクリーンX

(※劇場内の写真はユナイテッド・シネマさんからお借りしたものです)

この画像でスクリーンに投影されてるのが、上映前に流れるデモ映像なんですが、コレで「えっ!」という体験をしました。

スクリーンX

例えて言うなら、

箱の中にある椅子に座ってて、誰かがその箱を持ってフワフワさせてる感じ

はっ! あの立方体をイメージしたロゴはそういう意味が込められているのか!

スクリーンX

臨場感ハンパない

観終わりました。いやー凄かったです。面白かったです。

スクリーンX

まずわかったのは、映画にもよると思いますが全編ぶっ通しで3面上映というわけではありません。ボヘミアンラプソディの場合は主に演奏シーンが3面上映で、両サイドの映像はシーンを効果的に演出するため、演奏者の手元など違う映像が流れていたりしました。

ラストのライヴ・エイドのスタジアムシーンは圧巻です。視界いっぱいに広がる大観客のいるスタジムの俯瞰。そこからステージ上のフレディまでグィイイイーーーー! っと寄っていくカメラ。

スクリーンX

出典:https://ulaken.exblog.jp/29125884/

鳥です。僕たちは鳥になりました。

おそらくもっとアクションの多い作品だと、更なる浮遊感を味わえるでしょう。そして、ライブシーン。

スクリーンX

観客は文字どおりスクリーンから溢れ出し、

スクリーンX

出典:https://ulaken.exblog.jp/29125884/

フレディの拳はスクリーンから突き出る!

そんでまた、ステージ上でピアノの上からフレディを狙ってるカメラですよ。

「いる! 今まさに小人になって、フレディが引いてるピアノの上にいる! 右向いたら観客が大勢いる! うへえええー! 何コレーっ!!」

ってなります。

いやぁScreenX​​臨場感を体感したい方にはマジで最適の上映システムでしょう同じ作品で3DとScreenX​あった場合はどっちにするか迷うとこですが、2Dだったら迷うことなくScreenX​を選ぶべきでしょう。

そういう意味でも『ボヘミアン・ラプソディ』のScreenX​上映はマジで大英断。これScreenX​でやろう! って決めた人に拍手したいくらいです。

一回観たって人も、もう一度ScreenX​で!

『ボヘミアン・ラプソディ』はもう普通に映画館で見たけど、最高だったからもう一回観たいって方、友達に付き合ってもう一回観る予定があるという方。尚かつ、近くにScreenXがある方。そういう方にはScreenX​での鑑賞を猛烈にオススメします。

幸いこの記事を書いている今の段階ではまだ上映しています。『ボヘミアン・ラプソディ』ぜひ今のうちに滑り込んで下さい!

いやぁー映画って本当に面白いものですね! 

BTTF_mlmg8
出典:https://ulaken.exblog.jp/26812741/

それでは、またお会いしましょう! サヨナラ! サヨナラ! サヨナラ!

【あわせて読みたい】
※ 【決定】第76回ゴールデングローブ賞の全受賞結果まとめ!『ボヘミアン・ラプソディ』が2冠
※ 【今月観たい映画No.1は】1月公開映画の期待度ランキングTOP20発表
※ 映画好きが「面白い!」と評価するアクション映画とは?スリル満点&大迫力のおすすめ15本

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS