【決定】BEST FILM of 2018 結果発表!No.1は140万票獲得したあの映画

2019.01.12
映画

映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)が開催した、2018年最高の映画に投票するキャンペーン「BEST FILM of 2018」の投票数を集計した結果、『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が見事No.1に輝いた。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

投票結果ランキング TOP10

1位『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』1,424,090票

2位『累 かさね』256,307票

3位『クソ野郎と美しき世界』164,285票

4位『娼年』146,233票

5位『孤狼の血』135,357票

6位『検察側の罪人』117,039票

7位『名探偵コナン ゼロの執行人』110,109票

8位『50回目のファーストキス』101,399票

9位『ボヘミアン・ラプソディ』93,424票

10位『さらば青春、されど青春。』51,392票

----------

2018年に国内で上映された約1,000本の映画を対象に、集まった総投票数は3,489,278件。

第1位は、山下智久や新垣結衣ら出演の人気医療ドラマを映画化した『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。ドラマファンはもとより幅広い世代から支持を受け、興行収入92億円突破の大ヒット。本キャンペーンでも唯一100万を超える票数を集めた。

第2位は、松浦だるまのベストセラー漫画を土屋太鳳と芳根京子のW主演、関ジャニ∞の横山裕や浅野忠信ら共演で実写映画化したサスペンス『累 かさね』。

第3位は、元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演で話題となったオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』だった。

本キャンペーンは、一人につき何度でも投票できるという仕組み。Twitterを中心に情報が広がり、作品や出演キャストに根強いファンをもつ映画が多く上位にランクインする結果となったことが伺える。

クソ野郎と美しき世界

その一方で、2018年の満足度ランキングNo.1(Filmarks調べ)に輝き、本キャンペーンでは第9位にランクインした『ボヘミアン・ラプソディ』以下、15位『君の名前で僕を呼んで』、16位『グレイテスト・ショーマン』、23位『バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫』、27位『レディ・プレイヤー1』、29位『カメラを止めるな!』、31位『ワンダー 君は太陽』、33位『スリー・ビルボード』など、公開時に初日満足度No.1を獲得したものをはじめ、映画ファンから高い評価を得た作品も1万以上の投票を集めた。

1万票以上を獲得した作品は以下の通り。

投票結果ランキング 11位〜38位

11位『BLEACH』44,267票

12位『響 -HIBIKI-』40,780票

13位『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』40,624票

14位『THE COLLECTORS~さらば青春の新宿 JAM~』36,355票

15位『君の名前で僕を呼んで』30,200票

16位『グレイテスト・ショーマン』29,602票

17位『ムタフカズ』28,104票

18位『不能犯』24,236票

19位『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』20,650票

20位『旅猫リポート』18,466票

21位『jam』17,002票

22位『羊の木』16,648票

23位『バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫』15,867票

24位『blank13』14,563票

25位『ごっこ』13,696票

26位『ちはやふる ー結びー』13,192票

27位『レディ・プレイヤー1』13,102票

28位『ヌヌ子の聖★戦~HARAJYUKU STORY~』12,834票

29位『カメラを止めるな!』12,818票

30位『銀魂2 掟は破るためにこそある』12,659票

31位『ワンダー 君は太陽』12,578票

32位『嘘を愛する女』12,574票

33位『スリー・ビルボード』12,256票

34位『万引き家族』10,845票

35位『リメンバー・ミー』10,715票

36位『犬ヶ島』10,528票

37位『キングスマン:ゴールデン・サークル』10,341票

38位『犬猿』10,093票

----------

「BEST FILM of 2018」は、国内最大級の映画とドラマのレビューサービス・Filmarksが主催した、2018年に国内で上映された映画を対象に「2018年最高の映画」を投票するキャンペーン。Filmarksユーザーだけでなく、一般参加者も投票できる新たな取り組み。2018年12月20日(木)から2019年1月7日(月)の期間で投票が受け付けられた。

【あわせて読みたい】
※ 【2018年私のNo.1映画】各界の著名人が今年もっとも心に残った一本を語る!​
※ 【全25作品】2018年下半期 Filmarks初日満足度No.1映画まとめ​
 まもなく平成フィナーレ!平成元年(1989年)公開の邦画を振り返る​

(C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会、(C)2018 ATARASHIICHIZU MOVIE

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS