山田孝之が現代社会に問う「善と悪」。重く切ない人間の葛藤を描いた最高傑作

Filmarks公式

フィルマーくま

映画『デイアンドナイト』1月26日(土)公開開始!レビューとともに作品紹介!

日本を代表する俳優・山田孝之が全面プロデュースした映画『デイアンドナイト』が、1月19日に作品のロケ地となった秋田にて先行公開。そして、1月26日から全国公開される。

本作で山田孝之は完全に裏方に徹し、ロケ地の選定、オーディション審査、スポンサー交渉、脚本開発などを担当した。中でも脚本開発は、主演にして企画者である阿部進之介と共に、実際に役を演じながら脚本を作るという俳優ならではの制作方法を採用。

そして、メガホンを取った藤井道人監督と共に、丁寧に時間をかけた脚本は28稿を数え、完成までに4年もの時間が費やされた作品のテーマは「人間の善と悪」。ここに極限の人間ドラマを描く重厚な映画が完成した。

デイアンドナイト1

 

家族を殺された男、家族を生かすため罪を犯す男、家族を知らない孤独な少女が観客に問いかける「善と悪」

主人公の明石幸次(阿部進之介)は、自殺した父の死をきっかけに帰郷。そして大企業の不正を告発したことで父が死に追いやられたと知る。そんな明石に手を差し伸べたのが、児童擁護施設のオーナー・北村(安藤政信)だ。孤児を父親同然に養う傍ら、「子どもたちを生かすためなら犯罪も厭わない」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村。次第に明石は彼の価値観に魅せられていく。児童養護施設で暮らす孤独な少女・奈々(清原果耶)はそんな明石を案じるが、彼は父への復讐心を膨らませ、善悪の境を見失っていく——。正義を貫くための「善と悪」。明石、北村、奈々が織りなす人間ドラマが我々にそのテーマを問いかけてくる。

デイアンドナイト2

  • ■これ以上の映画を、少なくともこれまでに見たことがない。ただの復讐映画ではなく、人間の裏と表、社会の裏と表、正義とは善とはルールとは何か、また悪とは、正しくないとは何かを問われた。(MikaInageさん)
  • ■軽いギャグで構成された俳優プロディース作品ではなく、企業と地元経済の現実を重厚に描いた作品だと思います。(Marikaさん)
  • ■一言で言っちゃえば「重い作品」ではあるんですが、ぜんぜんそれだけじゃないです。(OmmyEatWorldさん)

「善と悪」はどこからやってくるのかー。

父の自殺の原因が大手企業の不正を告発したことで、そこで働く三宅(田中哲司)らに追い込まれたことと知る。“正義”を貫こうとした父がなぜ、死ななければいけなかったのか。明石の徐々に湧き上がる復讐心の前に現れたのは、児童養護施設の運営のため、裏稼業で稼いでいる北村。彼の道徳観に違和感を抱きながらも明石は彼に魅せられていく。昼は児童養護施設で、夜は盗難車の違法販売など犯罪行為に手を染める二重生活の中で、大切な人を守るために 自らの“善と悪”に翻弄されていく明石。彼を中心とした登場人物たちの葛藤は、現代社会で強く生きることの厳しさをも静かに描き出している。

そんな明石の心境を推し量ると重苦しく、やりきれない気持ちが胸の内に充満するだろう。そして訴えかけてくることは、理不尽な出来事にも正攻法か、手段を選ばず自分の正義を貫くべきか……という善と悪の基準。重く、切なく、答えが簡単には出ないテーマがのしかかってくる。

共感、あるいは深く考えさせられる本作の鑑賞後には何とも言い難い余韻が残る一作でもある。吉田修一原作『悪人』や怒り』、また俳優・監督それぞれで確かな地位を確立するクリント・イーストウッド作品にも通じるような濃厚な世界観を感じることができる。これらの作品を好む人には必聴の映画だ。

デイアンドナイト3

  • ■今年観た中で1番の映画。(マロンさん)
  • ■生きるとは何か?家族とは何か?正義とは、正しいとは何か? いつも無意識に目を背けている核心を突く問いを投げかけられる作品。(technoさん)
  • ■久しぶりにこんなに心に残る邦画に出会えましたよ。 台詞も風景も音楽も…ずっと頭から離れない!(Saikiさん)

明石と奈々が抱える「孤独」という共通点

また本作は、「孤独」により支え合う関係性をも描いていく。北村の運営する児童養護施設で暮らす奈々は、他人とは距離を置くような孤独な少女。しかし、明石にだけには自然と心を開いていく。それはいつか会えると信じている父親がいると聞かされた「東京」からやってきた明石に、何か父の手がかりがあるではと淡い期待を抱いたのからかもしれない。そして、次第に明石もまた自分を頼ってくる彼女に寄り添っていく。「孤独」を抱える奈々と、過酷な毎日の中で、彼女から安らぎを感じるようになる明石。そんな2人に突きつけられる悲痛な真実の中で、探し求めた正義の在り処とは----。

 

デイアンドナイト4

  • ■明石さんの気持ちも、北村さんの気持ちも、奈々の気持ちもとてもよくわかる。 それぞれの「個人的なこと」は、ほどよく描かれてて、感情移入するには十分な量でした。(OmmyEatWorldさん)
  • ■清原果那ちゃんと阿部進之介さんの演技は本当に素晴らしい。(Readmeさん)
  • ■明石の心の動きにずっとひきつけられ、2時間以上あった映画が一瞬でした。最後の決断に心が震えました。正義とは何だろう。(すうたんさん)

エンディングに流れる主題歌が明石たちの一筋の光

デイアンドナイト』は正義のための「善と悪」について、観客自身の価値観を試される映画だ。そのため爽快感がある結末ではないが、エンディングに流れる主題歌「気まぐれ雲」が謳う切実な願いが登場人物たちのその後に一筋の光を感じ、心が救われる。その劇中の大野奈々名義で歌う清原果耶、そして作詞・作曲・プロデュースを担当したのは人気ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎だ。奈々を演じる清原果耶は、圧倒的な表現力と才能から500名にも及ぶ応募者の中から満場一致で選ばれた。オーディションで見せた彼女の演技に自然と涙があふれたと山田孝之に言わしめた若き才能だ。その奈々の澄んだ声と、野田洋次郎が贈る映画の世界観に合ったメロディや歌詞が観客を包み込む。2019年、俳優発信から出来上がった超力作。ぜひ劇場で体験してほしい。

  • ■奈々の演技迫力あってよかった。 主題歌も優しい歌声でとてもよかった。 とても丁寧なエンドロールにピッタリだったと思う。(scopeさん)
  • ■大野奈々の名前で歌う果耶ちゃんの透明感のある声がグッド。(amelie0123さん)
  • ■山田孝之が惚れ込んだという清原果耶さんの演技力は素晴らしい。野田洋次郎作詞作曲のエンディングの歌声も。 重たいテーマだし長いし後味悪いけどもう一回観たい。 (yunさん)

◆『デイアンドナイト』 information

デイアンドナイト5

あらすじ:父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていく——。

上映時間:134分
公開日:2019年1月19日(土)秋田県先行公開/1月26日(土)全国公開
配給:日活
公式サイト:https://day-and-night-movie.com/
(C)2019「デイアンドナイト」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 椎名永薫
    -
    【2019/3/22】12本目
  • じょにー
    3.4
    昼の顔、夜の顔、善と悪 正義の価値とは人それぞれだということ ただ、人に迷惑をかけるのは正しい正義ではないのかな
  • Lyra6
    -
    終わらない戦い だと思います。 奈々さんにとっては 何が一番大切なのか考えています…
  • ヤマナカミオ
    -
    人間の二面性。 大切な者を守るために、手を汚す。 果たしてそれは善なのか、悪なのか。 復讐のために生きたとして、 もし晴らしたらあなたのこれからの人生はどうなるのか。 そばにいたい、力になりたい、 愛情にも様々な種類があるが、 家族、恋人、友人、 それぞれに存在する愛情の境界線は何なのだろうか。 どの愛も間違いなく正しいはずなのに、時によって罰せられてしまう現実。 誰かの為に生きるというのは、 美しいと同時に恐怖とも言える。 私の人生をあなたに捧げるのだから。 さよならの直前に当たり前だったものが綺麗に見えたりするのってどうしてかな。
  • まい
    4.4
    善と悪についてとかいう考えても考えてもまとまらないような内容の映画好きでしかない、哲学を映像化した感じ 登場人物がそれぞれ自分の思う正義で動いてたのかもしれないけど、結果的には死んだり捕まったり笑顔で笑ってたり、正義の元に動いてることには変わりがないのになんでこんなに結果が違うんだろう、結局この国が決めた法律とか社会の元づいた正義が優遇されてそれ以外はやっぱ排除されるんだろうなあ、でもそんなことわかりきってる話で日本に住んでる以上法律はあってドラマやニュースでみんなの頭に刷り込まれてる当たり前に基づいてたら中身はなくても笑ってはいれるわけで、それでも自分がそれがどんなに負の感情であれ感情をぶつけまくって感情のままに生きることができるのは側から見たら汚いし何でそんなことするの何をしてるの?ってなるかもしれないけど、まいはそう思わなかった映画だからなのかもしれないけど目には汚く見えても純粋に凄く凄く凄くかっこいいって思ったし復讐?いいじゃんやったれってなっただって実際黙ってれば穏便に済む話で頭下げてれば終わる話だったしでも絶対にしたくなくて自分の中に生まれた感情をぶつけまくることを無意識にできるのは天才、尊敬する、神様かと思った、し、最後のシーンでボロボロになった明石がななちゃんに抱きしめられるところ、神様は万能じゃないし、あのシーン好きすぎて完璧じゃない完璧人間て感じで自分が尊敬してる人に似てて名前のない感情にかられました、明石が一番人間してた 登場人物たちは明石にお前はおかしいよそこまでする必要ない間違ってるなんて言葉をかけ続けてた、自分も感情のままに動きまくってそういう言葉かけられたことあるけどもう動いちゃったら止められないわけで否定されてもそれが正しいのかもしれないって思っても後に引けなくて、っていう描写がされていて見ててわかるわかるわかるそうなんだけど、そうなんだけどさ、、、ってなった 今になってあれは正しかったのかな自分にとってはよかったけど相手にとってはどうだったのかなっていう後悔かわからないような気持ちの副作用が、感情を優先すると生まれるわけでその点社会一般法律ルールに基づいた世間の無言のルールに基づいた場合はそんなリスクないわけで。ズルいわほんと 感想っていうか変な文になっちゃったけど、善と悪てゆー哲学を映像化したような作品で凄く自分は大好きだった
「デイアンドナイト」
のレビュー(1313件)