<2019年>第91回アカデミー賞&第39回ラジー賞ノミネート作品一挙発表!

第91回アカデミー賞最多ノミネートは『ROMA/ローマ』、『女王陛下のお気に入り』

現地時間1月22日(水)、第91回米アカデミー賞のノミネート作品が発表された。

最多10部門に名前が挙がったのは、アルフォンソ・キュアロン監督が手がけるNetflixオリジナル映画『ROMA/ローマ』。そしてヨルゴス・ランティモス監督の『女王陛下のお気に入り』(2月25日公開)の二作品。ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞し話題となった『ボヘミアン・ラプソディ』も5部門にノミネートされている。

アカデミー

アカデミー
(C)2018 Twentieth Century Fox

第91回アカデミー賞授賞式は、現地時間2月24日(日本時間25日)に開催される。

一方で、今年も「キャリアの汚点」とも言える“あの賞”もノミネート作品を発表。

最低映画を決める第39回ラジー賞に最多6ノミネートされたのは…

毎年アカデミー賞の前日に発表され、全米の失笑を買うゴールデンラズベリー賞。通称“ラジ―賞”と呼ばれるこの賞は、前年の最低映画を決めるものであり、言わば「キャリアの汚点」にもなりうる最も不名誉な賞。

今年もアカデミー賞ノミネート発表の前日である現地時間1月21日、声高にノミネート作品が発表された。

最多ノミネートとなったのは『パペット 大騒査線 追憶の紫影』。最低作品賞・最低主演女優賞を含む6部門に名が挙がった。

ラジー
(C)2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

もはやラジー賞の常連と言っても過言ではない「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズは、最終章となる『フィフティ・シェイズ・フリード』が、今年も3部門にノミネートされている。

第38回ゴールデンラズベリー賞はアカデミー賞授賞式前日の現地時間2月23日(日本時間24日)に開催される。

アカデミー賞&ラジー賞主なノミネート作品

第91回アカデミー賞ノミネート作品

【作品賞】
ブラックパンサー
ブラック・クランズマン』(3月22日公開)
『ボヘミアン・ラプソディ』
『女王陛下のお気に入り』
グリーンブック』(3月1日公開)
『ROMA/ローマ』
アリー/ スター誕生
バイス』(4月5日公開)

【監督賞】
スパイク・リー(『ブラック・クランズマン』)
パヴェウ・パヴリコフスキ (『COLD WAR あの歌、2つの心』)(6月28日公開)
ヨルゴス・ランティモス(『女王陛下のお気に入り』)
アルフォンソ・キュアロン(『ROMA/ローマ』)
アダム・マッケイ(『バイス』)

【主演男優賞】
クリスチャン・ベイル(『バイス』)
ブラッドリー・クーパー(『アリー/ スター誕生』)
ウィレム・デフォー(『永遠の門 ゴッホの見た未来』)
ラミ・マレック(『ボヘミアン・ラプソディ』)
ヴィゴ・モーテンセン (『グリーンブック』)

【主演女優賞】
ヤリッツァ・アパリシオ(『ROMA/ローマ』)
オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』)
レディー・ガガ(『アリー/ スター誕生』)
メリッサ・マッカーシー(『Can You Ever Forgive Me?(原題)』)
グレン・クローズ (『天才作家の妻 -40 年目の真実-』)(1月26日公開)

【助演男優賞】
マハーシャラ・アリ(『グリーンブック』)
リチャード・E・グラント(『Can You Ever Forgive Me?(原題)』)
アダム・ドライバー(『ブラック・クランズマン』)
サム・ロックウェル(『バイス』)
サム・エリオット(『アリー/ スター誕生』)

【助演女優賞】
エイミー・アダムス(『バイス』)
エマ・ストーン(『女王陛下のお気に入り』)
レイチェル・ワイズ(『女王陛下のお気に入り』)
レジーナ・キング (『ビール・ストリートの恋人たち』)(2月22日公開)
マリーナ・デ・タビラ(『ROMA/ローマ』)

【外国語映画賞】
万引き家族』/日本
『ROMA/ローマ』/メキシコ
『COLD WAR あの歌、2つの心』/ポーランド
Capernaum(英題)』/レバノン
Never Look Away(英題)』/イタリア・ドイツ

【長編アニメーション賞】
未来のミライ
インクレディブル・ファミリー
犬ヶ島
シュガー・ラッシュ:オンライン
スパイダーマン:スパイダーバース』(3月8日公開)

第39回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品

【最低映画賞】
ギャング・イン・ニューヨーク』(3月22日公開)
『パペット 大騒査線 追憶の紫影』(2月22日公開)
Holmes & Watson(原題)
Robin Hood(原題)
ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

【最低男優賞】
ジョニー・デップ(『名探偵シャーロック・ノームズ』)
ウィル・フェレル(『Holmes & Watson(原題)』)
ジョン・トラヴォルタ(『ギャング・イン・ニューヨーク』)
ドナルド・トランプ(『華氏 119』)
ブルース・ウィリス(『デス・ウィッシュ』)

【最低女優賞】
ジェニファー・ガーナー(『Peppermint(原題)』)
アンバー・ハード(『London Fields(原題)』)
メリッサ・マッカーシー(『パペット 大騒査線 追憶の紫影』)
ヘレン・ミレン(『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』)
アマンダ・セイフライド(『ジュディーを探して』)

【最低助演男優賞】
ジェイミー・フォックス(『Robin Hood(原題)』)
リュダクリス(『Show Dogs(原題)』)
ジョエル・マクヘイル(『パペット 大騒査線 追憶の紫影』)
ジョン・C・ライリー(『Holmes & Watson(原題)』)
ジャスティス・スミス(『ジュラシック・ワールド 炎の王国』)

【最低助演女優賞】
ケリーアン・コンウェイ(『華氏 119』)
マーシャ・ゲイ・ハーデン(『フィフティ・シェイズ・フィード』)
ケリー・プレストン(『ギャング・イン・ニューヨーク』)
ジャズ・シンクレア(『スレンダーマン 奴を見たら、終わり』)
メラニア・トランプ(『華氏 119』)

【最低スクリーンコンボ賞】
『パペット 大騒査線 追憶の紫影』気味の悪いセックスシーン
『名探偵シャーロック・ノームズ』ジョニデがアニメ声優をやっていること
『Holmes & Watson(原題)』国民的キャラクターが台無し
『ギャング・イン・ニューヨーク』“バトルフィールド・アース”級の酷評
『華氏 119』ドナルド・トランプの底なしのケチ具合

【最低監督賞】
イータン・コーエン(『Holmes & Watson(原題)』)
ケヴィン・コナリー(『ギャング・イン・ニューヨーク』)
ジェームズ・フォーリー(『フィフティ・シェイズ・フィード』)
ブライアン・ヘンソン(『パペット 大騒査線 追憶の紫影』)
マイケル・スピエリッグピーター・スピエリッグ(『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』)

【あわせて読みたい】
※ 『万引き家族』安藤サクラ×樹木希林「こういう役者がたくさん、これから出てくるといい」【独占インタビュー】
※ 無冠の実力派怪演俳優ウィレム・デフォー、いま観ておくべき出演映画25本
※ 事実は“映画”より奇なり?実在の呪われた館「ウィンチェスターハウス」を大解説

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS