【映画版ルパンガイド】バラエティ豊かな劇場版ルパン三世7作の概要&見どころ解説

2015.10.19
まとめ

感受性複雑骨折

寂々兵

ルパン三世の新シリーズがスタートして話題になっています。

前回の第3シリーズから30年ぶりとなるTVシリーズに興奮を抑えきれない方も多いはず。青ジャケットを着たルパンがイタリア・サンマリノ共和国を舞台に大暴れをする本シリーズは、ゴールデンではなく深夜帯での放送なだけに、大人向けのハードボイルド路線が期待できますね。

今回はルパン三世の新シリーズスタートを祝して、これまでに公開された「劇場版ルパン三世」全7作を振り返っていきたいと思います。(※今回は実写版や特別版以外の7作を紹介します)

TVシリーズもいいけど、やっぱりルパンといったら映画版は外せません。是非チェックしてみてください!
 

ルパンと神、世界を賭けた頭脳戦
『ルパン三世 ルパンVS複製人間』(1978)

3ルパンマモー

劇場版ルパンの第一作。永遠の命をもたらすと言われる「賢者の石」を巡り、謎の人物マモーとの対決が描かれます。

第1シリーズ初期を彷彿とさせるハードボイルドとジャズ、そしてエロティシズムの見事な融合。ルパンが13階段をゆっくりと上り、絞首刑に処される不気味な冒頭から目が離せません。全編にわたり圧倒的なスケールです。

今でも地上波で2~3年に1度放送されるなど、第一作にして根強い人気を誇っています。

こんな方におすすめ

TVシリーズは当初、大人向け路線で始めたものの視聴率の不振によって子供向け路線に変更したという逸話があります。

そういった意味で本作は大人向けのSFチックな展開と子供向けのドタバタ喜劇がうまく混ざり合っている一作ではないでしょうか。
大人も子供も、双方それぞれに楽しみ方を見出せる作品だと思います。

ルパンは何を盗んでいったか?
『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)

3ルパンカリオストロ

劇場版ルパンの第二作。ルパンがかつて酷い目に遭わされた幻の偽札「ゴート札」の秘密を巡り、カリオストロ公国国王カリオストロ伯爵との対決が描かれます。宮崎駿監督作だけあって、彼の色が強く押し出された作品です。

本作はカリオストロ伯爵のキャラやクラリスの可憐さ、銭形警部の「あなたの心です」などの名台詞によってルパンのみならず日本のアニメ映画としても不動の人気を保っています。

こんな方におすすめ

ルパンファンならずとも、ルパン入門として最適な一作です。反対に原作やTVシリーズの硬派なルパンが好きな方にとってはキャラクター像に違和感を感じるかもしれません。

清順ワールド炸裂、とことんカオスな異色作
『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985)

3ルパンバビロン

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B004EX3WUO

劇場版ルパンの第三作。古代都市「バビロン」の黄金をめぐり、ニューヨークマフィアのボス・マルチアーノとの攻防戦が描かれます。

独特の色彩感覚と映像美学を併せ持つ鈴木清順が共同監督を務めただけあって、劇場版ルパンの中でも断トツでぶっ飛んでいる一作です(清順の作家性は感じませんが)。ゲストキャラにも塩沢とき、河合奈保子、カルーセル麻紀、おぼんこぼん師匠などの独特の演技が見られます。

このハードボイルドとスラップスティックを織り交ぜたような作風は、ある意味ではルパンらしさを端的に表現していると言えるかもしれません。何せ勢いが凄いです。

こんな方におすすめ

「そんなのあり!?」と言いたくなるような展開、オチ、そして演技が目白押しです。「何でもありのドタバタ劇が大好き!」といった方におすすめします。

日本を舞台に五ェ門の本領発揮
『ルパン三世 風魔一族の陰謀』(1987)

3ルパン風魔

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B004EDH5WK

劇場版ルパンの第四作。ルパン一味と風魔一族による墨縄一族の財宝の争奪戦が繰り広げられます。

本作は「ニュー・ルパン」と銘打って声優陣の総入れ替えが行われましたが、前任のレギュラー陣への連絡不備による軋轢やファンからの苦情が重なり、次作からは元通りのキャストになりました。

そのため何かと槍玉に挙げられる本作ではありますが、舞台が日本でありながらもルパンワールドを的確に捉えている作品でもあり、声優陣が変わってもその面白さは色褪せません。やりたい放題も甚だしい中盤のカーチェイスには必見です。

こんな方におすすめ

声優陣に関しては、タレントやアイドルではなく立派なプロの声優が声を当てているので、最初こそ感じる違和感も中盤以降に消え去るでしょう。

作品自体は無難な作りになっているので万人受けすると思いますが、特に五ェ門ファンの方は必見です。反対に次元ファンの方にはちょっと評価の厳しい作品かもしれません。

超高層ビルの大激闘
『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』(1995)

3ルパンノストラダムス

劇場版ルパンの第五作。地上1000メートルのハイテクビルの最上階に保管された「失われた預言書」をめぐり、ルパン一味と新興集団が熾烈な戦いを繰り広げます。クリカンルパンの初出です。

タイトルを冠している通りノストラダムス教団の暗躍を中心に、バベルの塔、アメリカ大統領選、サッカー、ミサンガなど社会的なネタがふんだんに取り入れられており、これらが物凄いスピードで展開します。

記憶喪失になった不二子とルパンのキスはルパン映画史上随一の名シーンです。

こんな方におすすめ

ハイジャックあり、超高層ビルへの潜入あり、刑務所からの脱獄ありと、とことんアクションに徹したルパンです。

アマゾン川で漁師をする少年や大統領の娘など子供も大活躍しますので、家族でご覧になってはいかがでしょうか

王子パニシュは生きていたのか
『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』(1996)

3ルパンデッド

劇場版ルパンの第六作。首狩り将軍によって支配されているズフ国を舞台に、元国王が漂流島に残した財宝をめぐり、王国軍隊との戦いが描かれます。

原作者のモンキー・パンチが監督しただけあって、キャラデザインや設定などが最も原作に近い一作です。元々ルパンというのは紳士でもギャグ要因でもなく「キザな悪党」なので、現代のギャグルパンに慣れてしまった方にとっては違和感をぬぐい切れないかもしれません。

本作は普段のルパン以上に多くの伏線やネタが張り巡らされているので、少なくとも二度鑑賞することをおすすめします。

こんな方におすすめ

ルパン一味のお宝探しも去ることながら、ズフ国の体制や革命など国家事情にも大きく踏み込んでおり、少々大人向けのルパンとなっています。

また登場シーンが短いですが銭形警部が非常にシリアスなので、「原作に近い硬派で敏腕なとっつぁんが観たい!」という方におすすめです。

俺とお前は、あくまでビジネス上のパートナーだ
『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』(2014)

3ルパン次元

劇場版ルパンの第七作。圧倒的な犯罪率の低さを誇る東ドロアを舞台に、国家機密書類「カラミティ・ファイル」を巡る陰謀と、謎の殺し屋ヤエル奥崎との死闘が描かれます。

ルパンと次元がコンビを組み始めた頃の話で、二人がビジネス上のパートナーから相棒へと移っていく過程にしびれます。喜劇的要素を一切排除した劇画調のハードボイルドで、またルパンファンにとってはお馴染みの「あの人」も一瞬だけ登場するなど、大人向けのルパンと言っていいでしょう。

併せて2012年のスピンオフTVシリーズ「峰不二子という女」も見逃せません。

こんな方におすすめ

断然、次元ファンの方におすすめです。彼のガンマンとしてのこだわりや人間味が随所に垣間見られます。

また、全編を通じてハードボイルドに特化しているため、「近年の軽いルパンはあまり好きじゃない!」という方におすすめです。

おわりに

ルパン三世は近年では1年に1回のTVスペシャルでしかお目にかかれないため、劇場版での鑑賞のチャンスはなかなかありません。

今回のTVシリーズの復活を機に、またスケールの大きな劇場版ルパンが製作されることを願うばかりですね!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Kaako
    3.6
    大人のルパンが帰って来た! ルパン三世TV第1シリーズのルパンはモンキーパンチの原作通り劇画調でハードボイルドな内容だったが、視聴率が伸びなかった為子供も見られるようにコミカルで分かりやすく明るい作風に変更された。 この作品は原点に戻り劇画調でハードボイルドな大人向けルパン。 2012年に「LUPIN The Third一峰不二子という女」というTVシリーズが放送されていたようだが知らなかった。残念! 観たかったなぁ〜( >ω< ) これはそのシリーズのスピンオフらしい。 大人向けなので峰不二子のお色気シーン多め! それでも「不〜二子ちゃ〜ん❤️」と鼻の下を伸ばすルパンではない。 嘘だと分かっていても騙されたフリをして不二子を助けに行くルパン。 お前には関係ないと突っぱねる次元を命懸けで守ろうとするルパン。 ルパンの男気と懐の深さに惚れる。(///'ω'///)/♡︎ ラストにあの敵がチラリと出てきたのには驚いた。Σ('◉⌓◉’) 何? このローグ ワン的な流れ… これは次作 「血煙の石川五ヱ門」も観なければ!
  • 森山ともき
    5.0
    5回見た
  • あるぱかっそ
    -
    かっこよすぎてつらい
  • プリン
    3.6
    んー、大人向けルパン三世 普段より少しエロティシズムで、暴力的なイメージ。グロテスクではないけど。 次元の墓標。のタイトルであったけど、ストーリーは普段の納得のルパン三世。 注目すべきは綺麗な作画と、オシャレな緊張感。無駄なものが無い色合いで見る人に不安感を与えないルパンアニメの良いところはそのまんま。 音楽もオシャレだなぁ、落ち着いた音楽が連なってて強弱があまりなくて良い! ルパン達の泥棒歴史の中の少しだけ血生臭いストーリー!やっぱりこの2人のコンビの安心感はいいね!
  • 駄音
    3.5
    映画ほどながくないのね。 おもしろかった!オシャレな感じ
  • よしたか
    4.0
    小池健監督作品 [LUPIN THE ⅢRD 次元大助の墓標] ちょっと前、公開当時、 [LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門] を観て気になったので、 順番は逆になりましたが、 観てみました。 コレ…、面白いじゃあないですか! もちろん同シリーズなので、 ハードボイルドな雰囲気と、 (ちょっとだけ)エロありで、 昔観ていたテレビシリーズとは、 ほぼ別物になっています。 こちら、大人向けルパン、 と言った感じです。 今作、次元メインのストーリーで、 けっこうな衝撃的な展開もありで、 尺も短いので、まったく飽きずに、 最後まで観られます。 テレビ放送と同じく、約25分を2話、 前編後編の構成も良いです。 敵キャラもイチイチカッコ良いし、 次元の台詞も痺れます。 「ロマンに欠けるな…」 1度は言ってみたい笑 これは劇場のスクリーンで、 大音響で観たかったです。 [LUPIN THE ⅢRD 次元大助の墓標] 2017 3 配信にて観賞しました。
  • Miko
    5.0
    @「お前がどれだけ軽い銃を使おうが知ったこっちゃないが、俺に言わせりゃロマンに欠けるな」 こんなカッコイイ、ハードボイルドな作品がまだこの世にあったのか! 痺れるクールさ。 惚れるルパンと次元。 ストーリーもさることながら作画もいい。 最近のコナンコラボみたいな子供むけじゃなく、ひたすらに大人ルパン。 クリカンもドスの効いたクールな喋り方でカッコイイ。 とにかく全てが素晴らしい! DVD買う! ストーリー : ★★★★★ 映像 : ★★★★★ 設定 : ★★★★★ キャスト(声優) : ★★★★★ メッセージ性 : ☆☆☆☆☆ 感情移入・共感 : ☆☆☆☆☆ cc/あばよ、次元。
  • つじあやお
    3.5
    ハードボイルド かっこいい。 初期の雰囲気は好き。
  • けえいち
    3.8
    全体的に程よくシンプルにまとまってて面白かった。 やっぱりルパンはハードボイルドの方が面白い。
  • Ryoma
    5.0
    渋めのセリフ、音楽、劇画チックな作画。まさしくハードボイルドの権化。 次元さんがキマりまくってる。
  • ぬん
    3.6
  • 238
    3.8
    くっそ渋い 惚れるわ
  • カトリナ
    -
    次元大介 国籍:日本 性別:男 年齢:不詳 身長:178cm 体重:70kg 愛用拳銃:S&W M19コンバット・マグナム 早撃ち0.3秒のプロフェッショナルクールなガンマン。その上義理堅く頼りになる男でルパンが最も信頼する仲間。観たい要素ほぼ含有。ルパン劇場版の中でカリオストロ☆5は別格として☆4☆3☆2に分けるなら☆4に入る優秀作。この調子なら血煙の石川五ェ門も良作なはず!次元は勿論渋さマキシマムなのだがおちんこドリルの不二子が変態的にエロい。 面白い! 好き!
  • オレンヂ
    3.2
    PARTY7、REDLINEの小池健監督の次元大介。 ハードボイルドで渋いやつ。
  • hiiro
    3.7
    やっぱり次元大介はクールでかっこいい!
  • 恵雅樹MowHenry
    4.0
    〇'地元での上映の有無は不明 ( '14 6/21〜27先行公開: 新宿バルト9) (全国主要都市等: '14 7/〜公開) ●Hulu配信 配給: ショウゲート ワイド(HDTV) 音声仕様表示無し 3/9 Hulu配信を自宅PS3にて観賞 ※前篇にエンドロール有り、後篇メインタイトル後に前回の粗筋有り。 配信は前篇と後篇を別々に配信。 好みのタッチの絵柄。 不二子の乳首が(ピンクで)かなり立っていた。寒かったのね。 次元役の小林清志氏の声が少々老けていた。 設定上はキャラが若い頃らしいから、ぼちぼち若い人に変わるときかも知れない。 好きな声なんだけどね。
  • Takuma
    4.6
    中だるみがまったくない スピーディでスタイリッシュ。 ルパンのイメージを崩すことなく、うまく今のルパンらしさをより上手く作り出せてるなと思いました。
  • ユカリ
    4.0
    とりあえず作画が神。 前編後編合わせても1時間で終わるといういい感じの展開スピード! 次元とルパンの関係性いいよね!!! ビジネスパートナー良し。 ゴエモンいつ出番あるのかと思ったら 最後までなくて、ちょっと驚いたけど、 まあ血煙の石川五右衛門あったから いいか 笑 こーゆう雰囲気好きな人は たまらない一本なのでは?? そして最後のオチも完璧ですね。 不二子との掛け合い、良かった。 久々にこんな作画が綺麗過ぎるアニメみました!
  • くぼっちゃん
    3.9
    Rupin the Ⅲrdシリーズのハードボイルドな作風とシリアスな展開、全てが大人向けな雰囲気が好きです。
  • 三本足
    3.0
    大塚明夫だろうな
  • ホセ
    3.8
    渋い!
  • seki
    5.0
    記録
  • オリバー
    3.5
    やっぱルパンはおもろいな 次元も渋いし、こういうの見るとタバコ大嫌いだけどカッコよく見える
  • 緑葉
    4.5
    ルパンシリーズは何回見ても安心してハラハラ出来ますね!(矛盾の塊)特にこのアニメシリーズは本当に出来がいい。 みなさんご存じルパン一味のガンマン次元大介メインのお話ですが、案外ふじこちゃんやらルパンも出ます。侍さんはえーと…もう次の映画決まってるから…。とりあえず大人向けのしっぶい作画で話もハード。まあでもなんだかんだでワルガキみたいなところはどのシリーズでも同じで逆にほっこり。「はやくいけよ」「押すなよ~」て小学生男子かよ。煙草シーンのニヤニヤ笑いとかわっるい顔なのにとても楽しそうで何よりです。軽口の言い合える仲っていいよね…。 なんかもうオシャレ~って感じだし次元半端なくかっこいいのでオススメ。あと最後までお見のがしなく。
  • DaigoNoto
    3.6
    今作のルパンは、次元大介と彼を狙う殺し屋との物語です。個人的にはルパン三世は、ハードボイルドな雰囲気の作画が好きです。 ルパンと次元の関係性が、ただのビジネス上のパートナーであるのも新鮮で良かったです。 今作の魅力は、男のかっこよさだと思います。セリフでそのように感じました。次元を狙う殺し屋も個性的で良かったです。クライマックスのシーンで、ルパンらしさと次元らしさが出ていたと思います。
  • いにょ
    3.8
    2017年27本目。 時間短くて気軽にサクッと見れる。こういうシンプルなハードボイルドがたまらんのですよ。
  • 7se
    4.0
    http://xxxchumsxxx.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
  • お漬け物
    4.0
    時間も1時間ほどで長くなく丁度良い 笑いの要素があまりなくハードボイルドなルパン三世がクールでカッコイイ 銃撃線や血の噴き出し感もリアルで緊張感があり 敵のスナイパーとしてのプロ意識や変なこだわりとか銃を組み立てるシーンも良かった。 映画だから絵がほんとキレイ なんといってもBGMが一番良かった ED曲凄くカッコイイ ルパンや次元の後半のセリフもしびれる マイナス要素がなくスタイリッシュな作品だった。
  • パンの人
    4.3
    クッソォ。 やっぱ大好きです、次元。 テレビ画面の前で、「クァァァ〜かっっけえ………」と膝から崩れ落ちました。 個人的にこのキャラデザはちょっとだけ抵抗あるんですが、もう〜〜とにかくカッコイイ。 1時間弱でサクッと観られるし、気軽に楽しめて◎
「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」
のレビュー(1356件)