映画『僕に、会いたかった』あらすじ・キャスト情報・特報【EXILE・TAKAHIRO単独初主演!】

日本を代表するダンス&ボーカルグループ・EXILEのメインボーカルTAKAHIROが単独初主演を務める映画『僕に、会いたかった』が、2019年5月10日(金)より全国公開となる。

映画僕に、会いたかったあらすじ

僕に、会いたかった_一人

ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹(TAKAHIRO)。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか? 島の愛は、人の心を救えるのだろうか? その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。家族の絆と再生を描く感動の物語。

映画僕に、会いたかったキャスト

僕に、会いたかった‗二人

徹/TAKAHIRO

主人公・事故がきっかけで記憶を失う元漁師。

1984年、山口県生まれ。EXILEのメインボーカリスト。ドラマ『戦力外捜査官』、『ワイルドヒーローズ』、映画「HiGH&LOW」シリーズなどに出演し、俳優としても活動の幅を広げつつ、2017年にはイギリス演劇界最高の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた「MOJO」で初舞台、初主演を務めた。今作では満を持して、映画での単独初主演となる。

TAKAHIROコメント

初めての岐のでの撮影。かな自然にまれ、素なキャスト、スタッフの皆さんと共に、非常に思い出深い撮影期ごせました。大なシンもありましたが、地元の皆さんの多大なご力のもと、心温まる素晴らしい作品が出来上がったと思います。

松坂慶子

主人公・徹を献身的に支える母親。

1952年生まれ、東京都出身。映画『青春の門』(81)、『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』(81)で日本アカデミー賞主演女優賞受賞をはじめ、その後も数々の映画賞を受賞。2009年には紫綬褒章を受賞した。NHK連続テレビ小説『まんぷく』での好演も記憶に新しい。

小市慢太郎

主人公・徹に寄り添う心優しい医師。

1969年、大阪府生まれ。後に劇団M.O.Pに参加。2010年に解散するまで在籍し、主演を多く務めていた。NHK連続テレビ小説『てっぱん』にも出演。“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレイヤー。

山口まゆ

“島留学”で島にやってきた学生。

2000年生まれ、東京都出身。ドラマ『コウノドリ』や『駐在刑事』に出演し、その演技力の高さから話題を集めた注目の若手女優。映画『くちびるに歌を』(15)では、合唱部員役で出演した7名で期間限定ユニット「Lips!」を結成し、配信限定シングルをリリースした。

板垣瑞生

同じく“島留学”で島にやってき学生。

2000年、東京都生まれ。若手男性アーティスト集団EBiDANのボーカルダンスユニットM!LKのメンバーとしても活動中。映画『ソロモンの偽証』(15)や『響 -HIBIKI-』(18)など話題の映画に出演。『初恋ロスタイム』(19)の公開も控える。

映画僕に、会いたかった監督

錦織良成

本作を手がけたのは、フランス最大の日本映画の祭典「KINOTAYO映画祭2010」でグランプリにあたる金の太陽賞を受賞した中井貴一主演の『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(10)や、モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で最優秀芸術賞を受賞した『たたら侍』(17)など、島根県隠岐の島を舞台にした作品を多く手がける

さらに、『HiGH&LOW』シリーズをはじめ、数々の映像作品、舞台作品に出演し、『jam』(18)ではアソシエイト・プロデューサーも務めた劇団EXILE所属の秋山真太郎が、プロデューサー兼共同脚本として参加。

映画僕に、会いたかった特報

映画僕に、会いたかった作品情報

2019年5月10日(金)公開
配給:LDH PICTURES
公式サイト:https://bokuai.jp/
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

【文/taco】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • studioPkids
    3.0
    TAKAHIROさんとは名前が似ているので鑑賞!(о´∀`о)ノ 私、 20代の頃、漁師町に住んでいました。 離島ではないけど、古くからの漁師町は実に閉鎖的部落でしてね、 よそ者ってのをなかなかに受け付けない。 私も引越し当初はそうでした。 話しかけても流され、 かなりの孤独感を味わいました。 ところがそこでへこたれず、例えば、あそこの家で不幸があったと聞けば 徹底的にお手伝いしたり、 街の行事に積極的に参加したりし続けると、 こういった閉鎖的な場所の人々から信頼を受けた途端に 家族のような扱いになっていきます。 例えば 離島でのホームステイの受け入れが行政とかの発案で、指示されてのことであっても、 一度受け入れられたとしたらもう、 その時から家族になるんでしょうね。 私の場合は家族というか、アイドルのようでした。 小さな商店街を歩けば、アチコチの店から「ちょっと寄っていけ!」 と声がかかり、 色んなモノを貰えてね、 食堂では刺身定食を貰ったり、 ちょっと往復するだけでお腹一杯です。ヽ( ´¬`)ノ 漁師からはバカデカい釣りたてのイナダ貰ったりして、 自分でサバけなくとも安心。 食堂へ持っていけばサクッと刺身にしてくれます。 随分とご馳走になりましたね。 八百屋の大将はケチだったなぁ’`,、(’∀`) ’`,、 借金だらけだったらしいからな。┐('~`;)┌ TAKAHIROさん、 そんな私が暮らしてた漁師町に確かに居た、漁師を見事に演じていました。 あまり寡黙な漁師を私は知りませんが、 TAKAHIROさんらしい、良い役どころだったと思う。 若き頃を過ごした街を思い出した、かなりの良作だった。 2019.5.15    TOHOシネマズ上大岡
  • クロワッサン
    3.3
    島の美しさを映像で見ることができたのは良かったが、話の流れがゆったりしていて、全体的にぼやけた映画という印象。 松坂慶子をはじめとする名脇役の人達が引き締めてくれた感じ。
  • na
    3.5
    内容忘れちゃったけど、まあまあ良かったような。
  • 映画好き
    2.5
    いい意味で全くTAKAHIROと分からない映画! この島のお兄さん的な役どころが物凄くハマっていたと思う。演技も全く違和感無かった。 松坂慶子のお母さん役も良かった! ただ話が全体的に薄くて入り込めず… ラストは、ほーんそうきたかと思うけど特に感動もなく。 TAKAHIROさん好きな方は是非!な作品でした。
  • なすこ
    3.0
    記録用
「僕に、会いたかった」
のレビュー(130件)