【試写会】山﨑賢人主演!実写化不可能と言われた原泰久の大ヒット漫画『キングダム』

Filmarks公式

フィルマーくま

『キングダム』Filmarks試写会を100名様にプレゼント。応募締め切りは、2019年3月19日(火)まで。

キングダム』Filmarks試写会へご招待します!

キングダム1

 

王宮を奪還せよ!わずかな希望は、一人の奴隷の少年に託された

紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山﨑賢人)と、中華統一を目指すのちの秦の始皇帝・えい政(吉沢亮)が描かれる。玉座を奪還するため、たった50人で敵軍8万人に挑む勇者たちの戦いは、壮大な映像だ。

コミックスの累計発行部数3800万部を突破した大人気漫画。『アイアムアヒーロー』などを手がけた佐藤信介監督がメガホンをとり遂に実写化。キャストには山﨑と吉沢をはじめ、長澤まさみ橋本環奈本郷奏多満島真之介髙嶋政宏要潤大沢たかおらが名を連ね、脚本は黒岩勉、佐藤監督、原作の原氏が手がけている。

Filmarksユーザー100名様をご招待!

◼︎日時:2019年3月29日(金)18:30 開場/19:00 開映
◼︎上映時間:134分
◼︎会場:東宝試写室 (千代田区有楽町1丁目2番2号 東宝日比谷ビル〈通称日比谷シャンテ〉11階

【応募資格】
・Filmarksユーザーで当日ご参加いただける方
・対象作品をClip!(観たい)している方
・試写会参加日から2日以内に対象作品のレビューを投稿していただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【当選発表】
・応募締め切り後当選者へのメールをもってかえさせていただきます

2019年3月19日(火)23:59までのご応募分有効

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とする場合がございます
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくかお使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください

◆『キングダム』information

キングダム2

あらすじ:紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年の信と漂は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(髙嶋政宏) によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。
王宮では王弟・成蟜(本郷奏多) によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負いながらも、信のいる納屋にたどり着く。「今すぐそこに行け…」血まみれの手で握りしめていた地図を信に託し、漂は息絶える。信は漂が携えていた剣とその地図とともに走り出した。
地図が示す小屋にたどり着いた信の目に飛び込んできたのは、静かにたたずむ漂の姿だった!? 死んだはずの漂がなぜ―

上映時間:134分
公開日:4月19日(金)全国ロードショー!
配給:東宝
公式サイト:https://kingdom-the-movie.jp/
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ふく
    -
    すごく壮大なスケールで描かれていて 予告感動しました!!映画楽しみにしてます!!!
  • Inagaquilala
    3.4
    原作がコミックということは関係ないかもしれないが、いかにも製作費をかけた感じのダイナミックな映像は素晴らしいのけれど、なにせストーリーが単調なのと、登場人物の造形がかなり薄っぺらいので、正直、期待していたほどの作品ではなかった。例えば、マーベル・コミックやDCコミックのヒーローもののように、新たな性格づけをすれば、それはそれで、人物にも感情移入できるのだろうが、ややそのあたりの描写や表現が薄いため、せっかくのヒーローアクションが残念なものになっている。 とはいえ、これが、もしかしたらその後に続く大河物語の序章であるなら、話は別なのだが、そういうものに見えてしまうということ自体が、出し惜しみの感もしないではない。あらかじめ、続編を意識して、このような結末にしてあるかとも勘ぐってしまうし、多分、そうなのだろう。とはいえ、観る側にとっては、それはどんでもないことなのだ。原作は、どこまで主人公は駆け登るのかは承知していないが、中途半端な感じはひしひしとする。それと、中国を舞台にした歴史劇ならば、やはり登場人物にもう少しリアリティが欲しい気がする。唯一、大将軍を演じる大沢たかおだけには、彼なりの役づくりをしていると感じた。また、長澤まさみの勇ましい武者ぶりも、この作品の見どころのひとつかもしれない。
  • ヨラ
    3.3
    原作未読なんですが、わたしが言いたいのは大沢たかおのおねえキャラ(しかも強い)は彼のキャリアの最高到達点では…ということです
  • kazu
    -
    マスコミ試写会にいってきました。 詳しいことは書けませんが、ストーリーもキャストも最高でした。自分は原作ファンなのですが、序盤から号泣するほどツボを突かれまくりでした。観たことない人はもちろんですが原作ファンにこほ観てほしい作品です。 ぼくはあと2回は観たいと思います。
  • サムエル
    4.5
    面白いと言われながら原作未読だが、映画も王道の歴史エンターテイメントでかなり面白かった。 スケール大きいし実写としてかなりよく出来てるのでは?各キャラもいい
「キングダム」
のレビュー(43件)