映画初主演の寛 一 郎「主演って…“ヤバい”」 『君がまた走り出すとき』【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

2018年で15周年を迎えた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」のオープニング作品であり、地元川口市を舞台に製作された映画『君がまた走り出すとき』。そのメモリアルな本作は、日本人男性で初めて世界の6大マラソンを走破した実在の人物・古市武氏(川口市在住)の姿を見て、人生を逃げ続けている人たちがマラソンを始め、自分自身、そして自分の人生と向き合う市井の人々のヒューマンドラマとして好評だ。

君がまた走り出すとき

主演は、若手注目株の寛 一 郎。『心が叫びたがってるんだ。』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など、立て続けに話題映画に出演を果たし、ドラマ『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』に出演するなど、着実にキャリアを重ねる寛 一 郎は、映画初主演で何を思い、何を表現したのか? <実話が導く再生ストーリー>を送り出す彼に話を聞いた。

寛 一 郎

ーー本作は<実話が導く再生ストーリー>ということで、非常に観る人の共感を誘うテーマもありました。どういう思いで作品に参加しましたか?

寛 一 郎 初めて映画で主演をやらせていただくということで、意気込みは強かったです。主演って……語彙力がないので……“ヤバい”じゃないですか(笑)。二番手、三番手ももちろん重要ですけど、別の次元にある立場だなってという想像を自分のなかで勝手に作っていました。作品を背負っていかなきゃいけないけれど、僕なんかが引っ張っていくのは無理だから、みんなに担いでもらうのかとか、主演について何かと考えていましたね。

ーー実際、撮影現場に入ってみて、いかがでしたか?

寛 一 郎 実際現場に入ってみるとまったく変わることなく、自分自身でいてしまったところはありますね。でも、反対に撮影に入る前に気負ってしまうよりは、ナチュラルにこなせたと思います。それは周囲のみなさんが助けてくれたからこそなのですが、どういう作品であれ、主演をやるってことに関しての意気込みはあったので、それがいいほうに出たのかなと思います。

寛 一 郎

寛 一 郎 普段映画を観ていれば、主演の人間がどれだけの思いで作品を背負っているか感じることがあるものなので、現場での在りかたも先輩方に聞くものではないような気もしていて。おのおののスタンスもあると思うし、その人たちは自分とは立場も違う。なので、どうしようと考えていましたけれど、そういうことも含めて個人的に学びが多い作品になったと思います。

ーー山下リオさんとは、本格的な共演となりましたが、再会してお互いの成長を確認し合ったのではないでしょうか?

寛 一 郎 以前共演はさせていただいていましたが、その時は一緒のシーンがなかったんです。その時のスタッフさん、キャストさんでご飯に行った時に、1回だけお会いしただけで、それ以来でした。山下さんは撮影中、すごく気遣いをされる素敵な方で、それは彼女にしてみれば無意識なことだったのかもしれないですが、僕自身は救われたところもあったと思っています。

君がまた走り出すとき

ーー<人生は何度でも走り出せる>とコピーにありますが、本作のテーマにまつわって個人的に感じたことは何でしょうか?

寛 一 郎 この作品は『君がまた走り出すとき』というタイトルですが、登場キャラクターの姿を見ていて思うことは、多々ありました。僕自身も自分自身から逃げ出していた時期があって、それはたぶん今でもどこか逃げている部分がある気がしているほどです。でもそれは、みんなそれぞれあることだと思うんです。そのなかで今回はマラソンというきっかけで人間ドラマが始まりますけど、自分の場合は映画の影響はあるかもしれない。映画に影響を受けるというよりも、この仕事を始めたのも映画が好きということがありますし、映画を観ると、とてつもないエネルギーをもらいますよね。

ーー今回の『君がまた走り出すとき』も同じような映画だと思いますが、最近エネルギーをもらった映画は何でしょう?

寛 一 郎 ドキュメンタリーなのですが、妻夫木聡さんが『悪人』という映画に出られた際の、『妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月』です。めちゃくちゃ面白くて。もちろん今回の映画も面白いですけど、僕はもがいている人が出ている作品を観ることが好きで、それは別に悪い意味ではなくて、人間らしい人を結局のところ観たいということ。僕はそれを追い求めているところはありますね。生のものがそこにあるので、それは観ていて、面白かった。いまはおそらくあのような撮り方はもうできないかもしれないです。

寛 一 郎

ーーこの『君がまた走り出すとき』の公開にまつわって、最後にメッセージをいただけないでしょうか?

寛 一 郎 先ほども言いましたけど、映画を作る際にエネルギーを注ぐので、観る側もそれを受け取るじゃないですか。この作品では映画なのでマラソンでパッ!と自分と向き合えますが、本来は徐々に気づいていくことだと思うんですよね。作品ではわかりやすく、ひとつの出来事で自分と向き合えるところまでもっていけるけれど、本来人間はそこまで単純ではない。向き合うまでに、相当な時間と労力がいるはずなんです。だから、この作品のエネルギーが、そういうことへのきっかけになればよくて、そういうことを伝えたいと思っているので、共感してくれたらうれしいですね。(取材・文・写真=鴇田崇)

映画『君がまた走り出すとき』は2019年3月2日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

君がまた走り出すとき

監督:中泉裕矢
配給:キャンター
公式サイト:http://kimimata.com/
(C)2018川口市

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 妖怪映画ビッチ
    2.9
    「翔んで埼玉」はふっかちゃんだったけど、本作はコバトンが目立つところに出てきてた( ・∀・) (埼玉が最近アクティブ!?笑) NHK的なわざとらしいわかりやすい展開だけど、悪い作品じゃない。 松原智恵子さんのおばあさん役が◎
  • 3.6
    何を勘違いしたのか? 頭の中で、情報パズルが崩れたのか? 勝手に 韓国映画だと思い込んで 映画館に向かいました。 ……?! Wポイントデーだというのに 観客が少なかった…… 良かったです! ラスト近く気持ちがこみ上がってきて 泣けました! ベタな話だとは思うけれど、とても爽やかな話でした。 川口市はあんな風に走れる土手があって、よいなぁ。 今度の週末、マラソンに出る友人にエールを送りたくなりました。 私も、走ってみようかな?
  • shalalappio
    3.0
    菜葉菜さんの笑い方がクセになりそうです。
  • nishiyan
    3.5
    最近急増中の自治体PR映画や。今回は埼玉県川口市や。川口っちゅうたら昔は吉永小百合の「キューポラのある街」やろけど今回は川口在住の高齢で世界六大マラソンを走破した実在の市民ランナーと市民マラソン大会がモチーフになっとう。 映画の自体の出来は、自治体もんの制約はあるんやろけど全然悪ないわ。派手さはあれへんけど、基本に忠実にしっかりと作り込んどう印象や。ストーリーや脚本はオーソドックスやねんけど、ちゃんとしっかりしとうし、6人の登場人物の背景もちゃんと描いとう。伏線の回収もちゃんとやってる。最後のほうにちょっとしたサプライズもあるしな。 役者やけど、まず主役の寛一郎がええ。芝居も上手やし、存在感もある。この映画の役に合うとうわ。キャスティングの勝利やな。それに脇も皆ベテランで安定感あるし。 人は外見では何もないように見えるけど、人それぞれにどうしようもない闇を抱えて生きんねん。それでも自分の幸せを追い求めて、一所懸命毎日生きてんねんな。偶然知り合った性別、年齢層もバラバラな仲間とのマラソンを通して、それぞれが抱えてるもんを必死で乗り越えていく姿に、おっちゃんベタやけどちょっとホロっとしてもたわ。わしも歳往ったんかな、涙もろなったわ。 「失敗とは転ぶことやない、起き上がらへんことや」の映画の中の言葉が妙に気に入ってしもたわ。これからわしも使わしてもーらおっ。
「君がまた走り出すとき」
のレビュー(27件)