『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ「物の見方が大きく変わった」【来日インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

フェリシティ・ジョーンズは公私ともに充実している――インタビュー中の弾んだトーク、何度か見せた可憐な笑顔からは、輝きがこぼれ出すようだった。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でのひたむきなソルジャー、『博士と彼女のセオリー』のタフで献身的な妻。どんな役でも、そこはかとなく品が漂うのは、本人の資質に拠るところなのだろう。最新作『ビリーブ 未来への大逆転』でも、“男勝り”とは少し異なる、意志が強く、聡明な女性を説得力を持って演じた。

ビリーブ

名門ハーバード法科大学院を首席で卒業したルース・ギンズバーグは、弁護士の夫マーティと娘に囲まれ幸せそうに見えたが、心中ではたぎっていた。弁護士として働きたくても、約60年前のアメリカでは、女であるという理由で法律事務所に雇ってもらえない。諦められないルースは、マーティから見せられたある訴訟の記録をヒントに、弁護に乗り出そうとする。

1975年、「男女差別」の訴訟を最高裁に持ち込み、歴史を変えることになったというドラマティックな実話を描いた本作。モデルとなったルース本人は86歳の今もなお、最高裁判事を務めているというからたまげる。来日したフェリシティに、実在する歴史的人物を演じる上での苦悩、理想の夫婦関係、共演したアーミー・ハマーとの思い出まで、語ってもらった。

ビリーブ

――働く女性の背中を強く押してくれるような、勇気をもらえる映画でした。ルースさんを演じる上で、何をポイントにしましたか?

フェリシティ ルースさんを演じるということは、アイコンを演じるということになるわけだから、大きな責任を伴うし、大変な努力を必要とすることを最初からわかっていたので、決して軽い気持ちで受けた役じゃないの。作品に入る前、何カ月も前から準備期間を取って、いろいろな側面からアプローチをしたわ。ルースさんには多くの自著もあるので、彼女の書いたものをたくさん読むのもリサーチの一部だった。ルースさんは、本当に素晴らしい物書きでもあるの……! 言語というものが、人の意見をシフトさせるために、どのくらい力を持っているものかをよくわかっていらっしゃるからこそ、本当に精査して言葉を選んでいらっしゃる方。本を読んでいるだけでも、彼女のすごさをすごく感じたわ。

ビリーブ

――ルースさんはご健在どころか、今でもバリバリ現役の方なので、やりにくさみたいなものも同時にありましたか?

フェリシティ ……もちろん(笑)。だけれど、何よりも私の一番のゴールは、彼女が『ビリーブ』を観たときに気に入ってくださること、そして「正しく描いてくれているわ!」と感じていただけることだった。今回、脚本は甥のダニエルさんが執筆していらっしゃるんだけど、何稿も書いた脚本をルースさんは全部目を通していらして、コメントを出しているの。自分のエゴからくる直しではなく、すべて法律的に正確な表現かどうか、ということだったそうなの。

――ルースさんの人物像に触れることが、役に影響したこともありましたか?

フェリシティ 彼女の決意の強さ、何かにコミットしたときのブレなさに、私は本当に感動して、演技の上で取り入れたいと思ったわ。すごく共感したのは、ひとりの人間として、自分の仕事や、やることを自分のやり方で成功させたいと思うところね。しかも周りが環境的にやらせてくれなくても、自分のやり方で手にすることは、すごく共感することができたのよね。

ビリーブ

――彼女には助け合える素敵な夫・マーティさんがいますよね。夫婦の絆や関係性について、どう思いましたか?

フェリシティ 実はお二人の記録映像が残っていて、観ているだけでも、本当にどれだけ愛し合っていたのかがわかるくらいで……! 私は、この物語はラブストーリーでもあると思っているわ。本当にお互いを心から愛しく思っていたし、ユーモアのセンスも同じものを持っていたし、とてもとても聡明であるし、理想主義的なところもあった二人よね。彼女たちが「こういうふうに行動しなければいけない」と周りに決めさせなかったことが、絆の大きな鍵だったと思う。自分たちのやり方で生きたという意味で、パイオニアでもあったのよね。

ビリーブ

フェリシティ ……けれど悲しいことに、この映画を観て、「いや、こんな二人って現実的じゃないよね」、「こんなカップルいないよね」と言う人もいて、「なんて悲しいことを言うんだろう」と思ったわ……。だって、むしろ健康的だし、こうあるべきだと思うから、決して私は手に届かない夫婦像だとは思わないのよ。

――マーティさんを演じたアーミー・ハマーさんとの共演に関しては、いかがでしたか?

フェリシティ アーミーは、肩に全然力が入っていない自然体な方で、人柄も素敵で、「イージーゴーイング」なのよ! 現場でも一緒に助け合いながら、自然に演じることができた。この映画のカップルのように、一緒に作り上げていくことができたのは、アーミーのおかげだと思う。

――ルースのような強い信念を持った女性を演じて、ご自身が影響を受けたり、変わったことはありますか?

フェリシティ 間違いなく、自分のものの見方は彼女と出会ったことで変わったわ。自信を得ることができたの。自分が信じていることを、そのまま信じていいんだ、と思えるようになった。例えば、そうねえ……私は演説がすごく苦手なの(笑)。すごく緊張してしまうんだけど、そういうときに、例えばルースのことを考える。彼女がいかに自分のやり方で、どんな状況でも、ただただ歩を進めていった、前に進んでいったかを思い出すと、自分も「よし!」という気になれるの!

ビリーブ

――効果絶大ですね。では、『ビリーブ』はフェリシティさんのキャリアにおいて、どのような作品になりそうでしょうか?

フェリシティ そうねえ……数年経って振り返らないと、どんな意味合いを持つ作品になったかは、わからないかもしれないわね……。例えば、日本語のポスターがそこにあるでしょう?(※部屋の中に飾ってある)それだけでも感動するの。ルースさんの物語が、こうやってグローバルに届けられること自体、すごく特別なことだし。公開されて、果たしてどんなインパクトを残すかはわからないけれども、少なくとも観客の方には、ルースさんの物語から希望というものを得ていただきたいなと思う。

ビリーブ

フェリシティ 何と言っても、私たちの住む今の時代は、本当に奇妙なことになってしまっているでしょう? 不安も多ければ、恐怖心もある。大きな変化に、私たちはまさに直面しているところで、変化は人に恐怖を抱かせるものでもあるから。そんな中でも、私たち皆が彼女から希望を得られれば、と願うわ。(取材・文=赤山恭子)

映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、2019年3月22日(金)より全国ロードショー。

ビリーブ

監督:ミミ・レダー
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/believe/
(C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Alohagirl
    3.0
    なんていい旦那さんなんだろう。この旦那さんが男女差別せずに、男だからって奥さんに家庭のこと任せるんじゃなくて、家事もこなして勉強も応援して。彼の存在こそが一番の成功の鍵だったんじゃないかな。
  • mocamovies
    3.0
    男女平等が大事だ! 何のために男女雇用機会均等法があるのか 女性でも政治に参加するべき、仕事するべき、日常生活では趣味とか男らしいことをしても良い!! そんな女性弁護士は男女平等裁判に挑んだ。 アメリカは人種差別だけではなく、ジェンダー的な差別があった。 勿論、LGBTに関する差別が多かった。 昔の日本だって、そういった言い伝えはあった。 男は仕事、女は家事と決められていた。 現在は性差別というのは無くなって来ているが、100%無くなっていない。 職場だったら、セクハラといった性差別を受けている人がいるのであろう。
  • キッチー
    3.8
    86歳でアメリカ最高裁の現役女性判事ルース・ベイダー・ギンズバーグの伝記的映画。 まだ女性が公然と差別される時代に、違う角度から性差別に対する訴訟(未婚男性の介護手当受給が認められなかったことに対する性差別を争った訴訟)を弁護士として争い、女性差別への突破口を開こうとしたルース。 100年の先例があり勝ち目がないとまで言われ、圧倒的に不利な状況でも諦めない。その先例こそが差別に対する先人たちのチャレンジの歴史であり、彼女も果敢にチャレンジしていく。過去を見て判断するのではなく、未来のために公正な判決を!と訴えていく彼女の姿、そして裁判官の英断に感動しました。 彼女自身もハーバード、コロンビア大学のロースクールで優秀な成績を残していたのに当初は女性だということで裁判所判事や弁護士の職を得られなかった差別を受けており、その悔しさも原動力になったんでしょうね。 こういう人たちがいて、今の女性の地位もある訳で、この映画で彼女を知ることが出来たのは良かった。それにしてもこういう映画観るといつも驚くんですけど、長い歴史の中でも、ほんの50年位前の出来事なんですよね。差別されている人たちが声を上げ続けること、そして権力者が公正に聴く耳を持つこと、大事だと思いました。 今作では、RBG役を大好きなフェシリテイ・ジョーンズが好演。聡明で強い女性が似合いますね。夫マーティン役のアーミー・ハマーと娘ジェーン役のケイリー・スピニーは奮闘する彼女を温かく応援している感じが伝わってきて、良かった。家族の絆にもほっこりさせられました。
  • 花椒
    3.8
    本人のドキュメンタリー映画であるRBGに感動して、そういや似たような女性が主役のヒューマンドラマをやってたよなあ、って思ったら本人がモデルの作品だったとは😅 ちなみに下高井戸シネマは同時上映してましたね 持つべきものは良き理解者 RBGの二月ほど前に公開された作品。ドキュメンタリー見たあとにフィクション観たのは明らかに順番違い😅 日本ではRBGが2月遅れの公開だったけど連動企画や戦略的な公開だったのかしら?
  • KS
    4.1
    70年代のアメリカで介護費控除が男女差別であることを違憲であることを認めさせた弁護士の話。 この映画の印象的なセリフとして、「国民への税のかけ方に国の価値が表れる」。確かに、平等とか権利という概念が欠落している日本は消費税というより取引税がどんどん上がっていくのかぁと腑に落ちた。 医学部入試に女性であること、浪人である事で差別されていたという現実がいまの日本にはあるわけで、職業の自由の前段階で差別をして人権を奪うやり方はデータそのものをイジッて意味をなくしてしまう所をいろいろな所でみる日本社会の体裁だけを整えるthitholeな“らしさ”が出ているなと思う。 最近、ブレイディ みかこ著『労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 (光文社新書)』を読んでいて、そこにはサッカー好きのおっちゃんたちが自分たちを労働者階級と言っている意味が書かれていたが、私は日本のデモクラシーについて知らなさ過ぎるなと思った。今年は自分のテーマとして“アイドルと人権”、“ベトナム戦争”の二つにしようと思っていたので、日本のデモクラシーの歴史は両方と繋がるかも思ったので、そこに向けて掘り下げてみようと思う。 日本に住んでいると、色々込み上げてくるものがある映画です。
「ビリーブ 未来への大逆転」
のレビュー(3786件)