『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ「物の見方が大きく変わった」【来日インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

フェリシティ・ジョーンズは公私ともに充実している――インタビュー中の弾んだトーク、何度か見せた可憐な笑顔からは、輝きがこぼれ出すようだった。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でのひたむきなソルジャー、『博士と彼女のセオリー』のタフで献身的な妻。どんな役でも、そこはかとなく品が漂うのは、本人の資質に拠るところなのだろう。最新作『ビリーブ 未来への大逆転』でも、“男勝り”とは少し異なる、意志が強く、聡明な女性を説得力を持って演じた。

ビリーブ

名門ハーバード法科大学院を首席で卒業したルース・ギンズバーグは、弁護士の夫マーティと娘に囲まれ幸せそうに見えたが、心中ではたぎっていた。弁護士として働きたくても、約60年前のアメリカでは、女であるという理由で法律事務所に雇ってもらえない。諦められないルースは、マーティから見せられたある訴訟の記録をヒントに、弁護に乗り出そうとする。

1975年、「男女差別」の訴訟を最高裁に持ち込み、歴史を変えることになったというドラマティックな実話を描いた本作。モデルとなったルース本人は86歳の今もなお、最高裁判事を務めているというからたまげる。来日したフェリシティに、実在する歴史的人物を演じる上での苦悩、理想の夫婦関係、共演したアーミー・ハマーとの思い出まで、語ってもらった。

ビリーブ

――働く女性の背中を強く押してくれるような、勇気をもらえる映画でした。ルースさんを演じる上で、何をポイントにしましたか?

フェリシティ ルースさんを演じるということは、アイコンを演じるということになるわけだから、大きな責任を伴うし、大変な努力を必要とすることを最初からわかっていたので、決して軽い気持ちで受けた役じゃないの。作品に入る前、何カ月も前から準備期間を取って、いろいろな側面からアプローチをしたわ。ルースさんには多くの自著もあるので、彼女の書いたものをたくさん読むのもリサーチの一部だった。ルースさんは、本当に素晴らしい物書きでもあるの……! 言語というものが、人の意見をシフトさせるために、どのくらい力を持っているものかをよくわかっていらっしゃるからこそ、本当に精査して言葉を選んでいらっしゃる方。本を読んでいるだけでも、彼女のすごさをすごく感じたわ。

ビリーブ

――ルースさんはご健在どころか、今でもバリバリ現役の方なので、やりにくさみたいなものも同時にありましたか?

フェリシティ ……もちろん(笑)。だけれど、何よりも私の一番のゴールは、彼女が『ビリーブ』を観たときに気に入ってくださること、そして「正しく描いてくれているわ!」と感じていただけることだった。今回、脚本は甥のダニエルさんが執筆していらっしゃるんだけど、何稿も書いた脚本をルースさんは全部目を通していらして、コメントを出しているの。自分のエゴからくる直しではなく、すべて法律的に正確な表現かどうか、ということだったそうなの。

――ルースさんの人物像に触れることが、役に影響したこともありましたか?

フェリシティ 彼女の決意の強さ、何かにコミットしたときのブレなさに、私は本当に感動して、演技の上で取り入れたいと思ったわ。すごく共感したのは、ひとりの人間として、自分の仕事や、やることを自分のやり方で成功させたいと思うところね。しかも周りが環境的にやらせてくれなくても、自分のやり方で手にすることは、すごく共感することができたのよね。

ビリーブ

――彼女には助け合える素敵な夫・マーティさんがいますよね。夫婦の絆や関係性について、どう思いましたか?

フェリシティ 実はお二人の記録映像が残っていて、観ているだけでも、本当にどれだけ愛し合っていたのかがわかるくらいで……! 私は、この物語はラブストーリーでもあると思っているわ。本当にお互いを心から愛しく思っていたし、ユーモアのセンスも同じものを持っていたし、とてもとても聡明であるし、理想主義的なところもあった二人よね。彼女たちが「こういうふうに行動しなければいけない」と周りに決めさせなかったことが、絆の大きな鍵だったと思う。自分たちのやり方で生きたという意味で、パイオニアでもあったのよね。

ビリーブ

フェリシティ ……けれど悲しいことに、この映画を観て、「いや、こんな二人って現実的じゃないよね」、「こんなカップルいないよね」と言う人もいて、「なんて悲しいことを言うんだろう」と思ったわ……。だって、むしろ健康的だし、こうあるべきだと思うから、決して私は手に届かない夫婦像だとは思わないのよ。

――マーティさんを演じたアーミー・ハマーさんとの共演に関しては、いかがでしたか?

フェリシティ アーミーは、肩に全然力が入っていない自然体な方で、人柄も素敵で、「イージーゴーイング」なのよ! 現場でも一緒に助け合いながら、自然に演じることができた。この映画のカップルのように、一緒に作り上げていくことができたのは、アーミーのおかげだと思う。

――ルースのような強い信念を持った女性を演じて、ご自身が影響を受けたり、変わったことはありますか?

フェリシティ 間違いなく、自分のものの見方は彼女と出会ったことで変わったわ。自信を得ることができたの。自分が信じていることを、そのまま信じていいんだ、と思えるようになった。例えば、そうねえ……私は演説がすごく苦手なの(笑)。すごく緊張してしまうんだけど、そういうときに、例えばルースのことを考える。彼女がいかに自分のやり方で、どんな状況でも、ただただ歩を進めていった、前に進んでいったかを思い出すと、自分も「よし!」という気になれるの!

ビリーブ

――効果絶大ですね。では、『ビリーブ』はフェリシティさんのキャリアにおいて、どのような作品になりそうでしょうか?

フェリシティ そうねえ……数年経って振り返らないと、どんな意味合いを持つ作品になったかは、わからないかもしれないわね……。例えば、日本語のポスターがそこにあるでしょう?(※部屋の中に飾ってある)それだけでも感動するの。ルースさんの物語が、こうやってグローバルに届けられること自体、すごく特別なことだし。公開されて、果たしてどんなインパクトを残すかはわからないけれども、少なくとも観客の方には、ルースさんの物語から希望というものを得ていただきたいなと思う。

ビリーブ

フェリシティ 何と言っても、私たちの住む今の時代は、本当に奇妙なことになってしまっているでしょう? 不安も多ければ、恐怖心もある。大きな変化に、私たちはまさに直面しているところで、変化は人に恐怖を抱かせるものでもあるから。そんな中でも、私たち皆が彼女から希望を得られれば、と願うわ。(取材・文=赤山恭子)

映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、2019年3月22日(金)より全国ロードショー。

ビリーブ

監督:ミミ・レダー
配給:ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/believe/
(C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kao
    3.6
    先日『RBG最強の85歳』のドキュメンタリー版を拝見して、めっちゃよかったのでこちらも鑑賞。 観に行く順番としては個人的にははドキュメンタリーを先に観て正解だったなぁ。本物のルースの発する魅力的なオーラ、決して流暢にしゃべる訳ではない、言葉を選んで真摯に発する、そこは本当に深みがある…。 どんな役者さんが演じてもかなわないと思う。こういう女性を目の当たりにすると年を重ねるってマイナスなことばかりではないなぁって思うね。 ビリーブのルースさんは若い頃を演じているせいもあって キュートだし熱血漢だし、ロースクールの食事会で差別的な質問をされたことにもブリブリ怒ってる真っ直ぐなところとか、めちゃくちゃ共感した!私も20年ほど前にマタハラで痛い目をみたんで!(笑) 家庭で模擬裁判を準備したり、見えないところで努力はちゃんとしている人なんだということがこの作品でわかってよかった。 脇役陣も秀逸。先駆者の女性弁護士を訪ねるシーンで、え?あら?もしやキャシー ベイツさん?一瞬フジコ・ヘミング様かと思った(笑) アメリカの裁判のことやジェンダーのことを学びたいなぁ!!
  • 10
    3.8
    記録
  • 4.2
    色んな視点から見てもすっごく面白くて良い映画だったので感想は時間があるときに、、、 アーミーちゃん良い旦那さんだった
  • HarukaFukuda
    3.5
    法廷映画かと思ったけど、女性差別の時代に強く生きた女性の夢と葛藤を描いたサクセスストーリーという感じでしたね。 正直、法廷ものを観るときの楽しみって「スカッとジャパン」を観るときのような爽快感だと思うんですけど(最近スカッとの質があまりよろしくない気がするけど)、今回のスカッと感だけでいうとそこまで高くないかな。 あんなに負かしてやる感満載だった法廷内があのスピーチでこんなに変わるものかな~と。原文ままならもっとつきささったのかな。とはいえノンフィクションだからそうだったんだよねえ。演出不足だったのかな。なんだか肝心のそこがイマイチだったな。 でも、法廷映画は基本いいですよね。「ニューンベルグ裁判」や「アラバマ物語」みたいなザ・王道からはじまって、わたしの大好きな「情婦」もそうだし、近代映画でも法廷ものはブレない良さがありますよね。 法廷ものというくくりでいちばん好きなのは「ニュー・オリンズ・トライアル」ですが。 ボーッと見ていたのでとくに言及するところもないんですが、フェリシティ・ジョーンズ演じるキキ(愛称)の人間としての愛され力、魅力がすさまじいなと。それに尽きる。 ただただひたすら迷うことなく妻を懸命に支える夫。 反抗しながらも母を尊敬する娘。 敗けを承知で手を貸す友人。 最初は疑いつつも、彼女の人となりを知るなり全幅の信頼を寄せる依頼人。 一筋縄ではいかなさそうな重鎮すらも、彼女は虜にしてしまう。 きっと、無条件に人を惹き付けるなにかを持っているのね。 昨今、東大女子の話題もあったりして、賢い女性だからこその偏見や差別もさぞ多かっただろうと思う。そんな時代にじぶんの信念を曲げず、何年経っても諦めず、地道に歩き続けてきた彼女の精神力に感服してしまう。 子育てしながら夫の看護をしつつ、学生としてなすべき本業も決して怠らない。学生時代はさらりと流れていくけれど、「仕事」と「家庭」の両立、それも特殊な環境下(有名大学でトップの成績、夫の看護、ひとりで子育てしつつ女性に対して偏見差別が当たり前)でやってのけた彼女の偉大さ。 そして、女性への差別がなくならない社会に絶望し違う職につきながら、十年経とうが絶えず抱き続けた「弁護士になる」という夢。 あー、すごい。 作品として評価して感動!というよりも、ドキュメンタリーを観たり自己啓発本を読んだりしたときのような、なんともいえないやる気に満ち溢れています。28歳、がんばります。仕事やめるんですけどね。
  • なにがでっきょんな
    4.2
    記録 2019 05月 18本目 累計 113本目 病魔も乗り越え、家事も分担する。そして仕事もできる旦那に感心しました。 また想像以上に女性軽視が直近まで幅をきかせていたのに驚きました。 なんとなく妻との生活を思い出しました。 法廷をエンタメで見せる海外の映画には感心させられます。
「ビリーブ 未来への大逆転」
のレビュー(2248件)