【紫舟】新時代を担うマーベル最強の女性ヒーローが、この世界を熱くする

Filmarks公式

フィルマーくま

新時代を象徴するヒーローの誕生を描いた映画『キャプテン・マーベル』が、いよいよ3月15日(金)から公開となります。 本作の主人公同様、目覚ましい活躍で多くの人を魅了する日本の若き女性ヒーロー、書家の紫舟さんにお話を聞きました。

ししゅう

(C)masaaki miyazawa

書家/アーティスト 紫舟さん

今の時代だからこそ意味がある
キャプテン・マーベルの登場!

キャプま3

 

諦めない。
それだけは決めている

6歳で書を始め、会社勤めをした後、書家になりました。当時から、書を世界に通用する表現手段にしたいと考え、自ら海外に作品を持ち込んでいました。そのかいあって世界での展示はかなうのですが、日本語を知らない人々には、紙に黒で書いた字は全く通用しませんでした。挫折する中で、何とか「書」が国境を超えて伝わるものにしたいと願い誕生したのが、書を平面や伝統から解放し、立体造形とした「書の彫刻」です。これが世界で評価され、14年にフランス国民美術協会展の最高位金賞を頂き、翌年にはルーブル美術館地下会場にて、大々的な作品展をさせて頂きました。

この華々しい栄光は身に余る喜びでした。けれどそれまでの約半年は毎日、問題が発生していました。夢はきれいな姿ではなく、困難の衣を借りて近づいてくるものだと気づかされました。だから私は、その場から逃げず、解決できなくても一つひとつの問題と向き合い、乗り越えてきました。

昔の私は、何でもすぐ諦める人間でした。知人からそのことを指摘されたことを機に、「諦める」ことをやめました。その経験からも、キャプテン・マーベルの不屈の精神にはとても共感します。諦めないことは少しずつ自分自身を鍛え、その少しずつが蓄積し、やがて強くしてくれるからです。

キャプま4

第一歩を踏み出す
女性ヒーローに期待

キャプテン・マーベル』は、マーベル作品で初めての女性単独ヒーロー。この点が重要ですね。最初の一歩を踏み出した偉大な方は道をつくるだけでなく、後に続く人たちに勇気を与えてくれる。書道の世界では、町春草(まちしゅんそう)先生、篠田桃紅(とうこう)先生が、困難な時代の中、国内外で多大な功績を築かれています。いま私たち女性書道家が活動できるのも、ひとえにそのお陰、恩恵を分けて頂いていることを実感しています。キャプテン・マーベルも先駆者として、困難に立ち向かう姿を示すことで多くの女性たちが励まされると期待しています。日本は男性社会。この社会を変えることができるのも女性です。男性も女性から生まれます。男女平等を教え育てることも、幼い頃から性差の偏った考えを正すことも、私たちにはできるのです。キャプテン・マーベルにはぜひ、女性たちが無意識にかけてしまった「心のブレーキ」を解除し、大いに羽ばたけるようにしてほしいです。

紫舟さん

シシュー/幼少時から書や日本舞踊などの教養を身につけ、奈良・京都で幅広く和や伝統美の研鑽(けんさん)を積む。日本の文化や思想を世界に向けて積極的に発信。大阪芸術大学教授。昨年11月、初の作品集『Creator: A Collection of Works by Sisyu』を刊行。

映画『キャプテン・マーベル』imformation

キャプテンマーベル

■STORY■ 記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーべル。彼女の過去に隠された“秘密”が、恐るべき戦いの引き金となってしまう。自在に姿を変える正体不明の敵に狙われ、孤独と不安に打ちのめされても、彼女は不屈の精神で何度も立ち上がる。果たして彼女は記憶を取り戻し, この戦いを終わらせることができるのか? そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは!? ……。

これは、アベンジャーズ誕生前の物語
315日(金)全国公開

監督・脚本:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
出演:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L.ジャクソン、ベン・メンデルソーンほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:Marvel-japan.jp/captain-marvel​

(C)Marvel Studios 2019

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
「キャプテン・マーベル」
のレビュー(44193件)