【完全新作】笑いはもちろん、感動も青春も全部詰め込んだ「おそ松さん」の新境地!劇場版『えいがのおそ松さん』

Filmarks公式

フィルマーくま

一世風靡したTVアニメ「おそ松さん」の待望の劇場版『えいがのおそ松さん』が3月15日から公開となります。

今回の劇場版は、「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐ物語。高校時代の6つ子が登場し、彼らがどんな青春時代を送ったのかも描かれています。TVアニメでお馴染みのギャグ要素もふんだんに盛り込みながら、映画ならではの新たな一面、笑いだけではない深い感動を呼び起こす作品に仕上がっています。

おそ松さんってどんな作品??

「おそ松さん」は赤塚不二夫のギャグ漫画「おそ松くん」を原作にしたアニメ作品。「おそ松くん」は、見分けのつかない6つ子兄弟と個性豊かなキャラクターたちのシュールなギャグで国民的人気作品となり、これまでにも2回TVアニメ化されていました。

「おそ松さん」は大人になった6つ子たちを描いた作品で、2015年にTVシリーズ第1期が放送されるやいなや、原作とは異なる個性を獲得した6つ子たちのキャラクター造形や、予測不能なギャグ展開が大評判となり、2016年の流行語大賞にノミネートされるなど大ブームを巻き起こしました。

ニートで童貞という共通点を持ちながらも、それぞれが個性豊かな兄弟たちの抱腹絶倒の掛け合いを作り上げたのは、バラエティ番組の構成作家出身の松原秀。切れ味鋭くテンポの良い展開は、従来のアニメにはない独特さを生み、「銀魂」シリーズで知られる藤田陽一監督のギャグを生み出すセンスと合わさり、他に類のない作品となりました。

おそ松:長男 パチンコ、競馬、女の子が好き。
カラ松:次男 常にカッコつけているが、実は繊細。
チョロ松:三男 兄弟の中ではツッコミ役に回ることが多い。自意識過剰でアイドルオタク。
一松(いちまつ):四男 やたら自己評価が低くて暗い性格。ネコが好き。
十四松(じゅうしまつ):五男 とにかくテンションが高い。常に斜め上行く行動で周囲を驚かす。
トド松:末っ子 あざとく計算高い。愛称はトッティ。

  • ■ わたしの期待をはるかに上回る、バカ丸出しの6人に惚れまくり(^^)6人の個性がここまできちんと描かれたのは、初めてかも!(ガーコさん)
  • ■ アニメ同様6つ子が表情豊かで、ギャグもほんとにくだらないんですが面白くて上映中ずっと笑ってましたw(Swallowolfさん)
  • ■ 本当に、おそ松くんとおそ松さんの空白を見せてくれるストーリーでした。6人のキャラクターをよく知っていればいるほど、笑えるところが山盛り。(手塚さん)

TV版でお馴染みの予測不能ギャグの数々も健在!

a

クズでニートな6つ子たちが繰り広げる日常を軽快かつシュールなギャグで描いたTVシリーズのエッセンスは映画でも健在。高校の同窓会では、ニートにもかかわらず就職したと嘘を重ねて収拾がつかなくなる様子や、迷い込んだ不思議な世界で6つ子たちが出会う高校時代の自分たちとのギャップなど、爆笑必須の要素が満載。またチビ太やイヤミ、デカパン、ハタ坊などTVシリーズでもお馴染みのメンバーも勢揃い。ヒロインのトト子ちゃんも変わらぬ可愛さを見せてくれます。

  • カオスとは聞いていたけどここまでとは・・・だけど好きです(Kazuさん)
  • 前情報等ゼロで参戦。想像をはるかに超える面白さでした。私的に、あんなに吹き出してしまうアニメはなかなかありません。(pocosaecoさん)
  • ■ 高校時代の6つ子達が可愛くて愛おしかった。笑えるシーンもたくさんあって楽しい時間でした。(メルさん)

今度のおそ松さんは感動要素も

a

不思議な世界に迷い込んだ6人は、この中の誰かが高校時代に後悔を残しており、それが原因であることを知ります。彼らは早速調査を開始し、過去の自分を追跡します。高校時代の良い思い出なんて何もなかったと思っていた6つ子たちですが、過去の自分たちと対峙することで、忘れていた大切な何かに気が付きます。そのラストは、観客に深い感動と前向きに生きる希望を与えるでしょう。

  • ■ いっぱい笑ったしちょっとうるっとしたし面白かった〜!(ちろさん)
  • ■想像以上に可愛かったです。そして、感動しました。これは予想外だった。(カゲヲさん)
  • ■ 序盤からめちゃくちゃ笑えたし、ハチャメチャゆるゆるなおそ松さんワールドはそのままに、爽やかで甘酸っぱくて少しせつない要素もあったりして(ぶんさん)

劇場版『えいがのおそ松さん』 information

a

あらすじ:あの6つ子が、完全新作劇場版で帰ってくる!二十歳を過ぎてもクズでニートで童貞の松野家6兄弟。ある日訪れた、高校の同窓会。再会した同級生たちは、社会人として生活する、ちゃんとした大人になっていた。ごまかしきれず、冴えない自分たちの現状を曝されてしまった6つ子たちは、そっと家路に着く。すっかりやさぐれて酒をあおり、眠ってしまったおそ松たち。翌朝、目覚めた彼らが目にした光景とは・・・

上映時間:108分
公開日:2019年3月15日(金) より全国公開
配給:松竹
公式サイト:https://osomatsusan-movie.com/
(C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ノダ
    3.6
    2回見た! 相変わらずのおそ松ワールド!笑 トッティ推しの私は、トッティのかわいすぎる18歳姿を見ることが出来て鼻血が👃 特典もトッティGETで泣きました😭💗
  • Nana
    3.0
    おそ松さんファンの娘に連れられ鑑賞。 小学生が見ても大丈夫か? という内容も多いおそ松さんだけど。笑 これは十四松、これはチョロ松、などと詳しく教えてもらい、1期、2期見た後、公開前には名前と顔も一致出来るまでになった。笑 普通に大人も笑えるよね。 高校生時代の六つ子のキャラは最高だった。とくに一松。最高。 冒頭で、おそ松が映画での尺がもつのか、バカじゃねーの、どーのこーのてゆ セリフ言ってたけど、笑 映画でも十分楽しめる内容。 チョロ松の茶髪はやっぱり思い出すだけで笑えてくる。チョロ松事変大好き!
  • マシュマロ
    2.5
    ファン過ぎて期待し過ぎちゃった。TV版周回しよう。 映画としては微妙。 キャラ映画としては最高。 ここまでいい話っぽくまとめられると、逆に昨今の感動系お涙頂戴邦画へのアンチテーゼかな?と思ったり。それなら納得、大爆笑。
  • あばよ
    3.4
    むつごわちゃわちゃしててかわいかった〜ほんとキャラクター造形とか掘り下げに全振りしてるよね松って……おそ松兄さんの変わらなさとか、一松の無理した明るさとかそういう機微がめちゃくちゃうまいと思う…… ただこれは二期からの傾向でもあるけど童貞いじり、多いな〜!!!さすがにちょっと多すぎて真顔になった……どの層に向けたノリなんだ、これ……
  • inotomo
    3.0
    松野家の6つ子達は、ある日高校の同窓会に揃って出席する。同級生の手前、サラリーマンをしていると嘘をつく彼らだったが、おそ松の発言で、ニートであることがバレてしまう。好奇の目にさらされながら帰宅した6つ子は、ヤケになりお酒を飲みまくり、そのまま寝てしまう。翌朝二日酔いで目覚めると、周りの様子がいつもと違う。そこは6つ子の高校生の頃の思い出の世界だった。 テレビシリーズが好きだったので、せっかくなので、劇場で鑑賞。上映の前には、前説のムービーが流れ、映画公開から期間ごとに内容を変えて流しているらしい。私が見た時は前説の第5松。その内容がテレビシリーズそのままの、エッジの効いた内容で、本編への期待が膨らんだ。本編は、映画ということで、万人にウケるようにストーリーを作っているためか、テレビシリーズの時のような、やりたい放題の、突き抜けた大人の笑いはやや薄まっているものの、独特のノリは健在で、それなりに楽しめた。私としては、テレビシリーズでお気に入りのエピソードだった、チョロ松が茶髪にする話のくだりが出てきたのが嬉しかった。物語としては、爽やかかつ泣きの要素が入り、うまくまとまった印象の展開。エンドクレジットのあとまで引っ張ってるけど、そこまで見るとより泣ける展開になってるのがミソ。また、思春期に誰もが抱く悩みをモチーフに、6つ子がそれぞれ高校生の時の自分と対峙するのが、ちょっとグッときてしまう。 できればテレビシリーズがまた復活しないかなと思っている。あの世界観と笑いは、テレビの方が活きるかなと思うので。
「劇場版『えいがのおそ松さん』」
のレビュー(1598件)