ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ミヤサン
    3.9
    薬物やアルコールに依存することが問題なのではなく、問題から逃げる手段にしている。 これがすごく印象的だった。苦しいこと、虚しいこと、そういうことに落ち込むときにたまたま薬物が近くになかっただけで、誰でもに起こりえる病気。 虚しさややりきれなさは人を壊す。 薬物中毒になった人や、それを支えたくてもやり方が分からない人、誰も責められるべきではないんだろうな。 この映画を観てるとつい、父親のやり方は間違っていると感じるけど、「救おう」という思いは確かにあって、何度も落ち込んでしまう息子に、ある意味裏切られていると感じてもおかしくないんだと思う。…でも、立ち直ろうとしてる息子に「信じてるけど証拠が欲しい」って言うのはまずかったと思うなあ、やっぱり。 立ち直れるかもしれないという気持ちが何度も裏切られ、ニックと一緒に落ち、家族のようにやりきれない気持ちを感じる。 観てる最中より、見終わってから彼らを思って涙が出てくるような作品でした。 ティモシー・シャラメ、本当に天使のような美しさで、中盤の横顔のシルエットを見たとき息が止まった。一滴の涙も、きれいな指先も、どこもかしこも美しすぎて好きすぎて、余計に映画に感情移入しすぎ、苦しい。
  • li
    3.6
    美〜演技うま〜 “everything”の意味がわかるシーン良
  • みこ
    3.8
    やつれていくティモシーシャラメも綺麗! パパママの忍耐強さと優しさが素晴らしかった 息子のヤク中の事実を知った上で あんな風に優しく会話したり出かけたりするの なかなかできることじゃないと思うな〜
  • hina
    3.4
    ティモシーは人間やめても美しい。
  • ピコ
    -
    これAmazon製作だったんだ 両親にとって誇りの息子でありたい。そうでなくちゃいけない。いまの自分の本当の姿を知られたら嫌われるかもしれない。見捨てられるかもしれない。って気持ちでどんどん悪循環になっていくのがちょっと気持ちがわかるというか、苦しかった 親も親で責めたいわけじゃないのにどこか責めるような言い方になってしまって、きっとお父さんは助けたくて言っているんだって心ではわかっていても、誰よりも辞めたいと思ってるのは本人だろうし、すれ違ってばかりで ニックの"心の空白"、それはきっと誰にもあって、それを埋めるためにたまたま手に入ったのが薬物だった、って人は沢山いるのかな 小さい頃から親に褒められたくて誇りに思って欲しくてずっと頑張っていたから、それが何かの拍子にプツンと切れてしまったあとって、自分ではどうしようも出来なくて、でも怖くて本当のことは話せないんだよね 親にどう思われるか怖いし、堕ちていく自分を認めるのも物凄く怖い。
「ビューティフル・ボーイ」
のレビュー(8960件)