ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kyo
    3.7
    ひたすら堕ちて堕ちて堕ちていくドラッグ中毒の息子。 ひたすら支えている父の愛…everythingの一言に全てが詰まっている。 二人のやりとりにも義理の母の愛にも涙が止まらない。 アメリカと日本では薬物への意識が全く違うことがわかる。 最後まで重い映画だった…
  • MOE
    4.0
    途中、お父さんの気持ちと息子の気持ちの板挟みになり(観てる私が勝手に)どうしようもなくなって泣けてきた。 薬物中毒は恐ろしい。自分は絶対にやらない。やってもやめられる。なんて思えないなと思った。 自分の穴を埋めるためにみんななにか探していて、それが薬物だったんだろうなと思った。辛く悲しい映画だったけど、ティモシーシャラメが美しいので、見苦しいと思いませんでした。
  • tomomi
    3.8
    ノンフィクションということに驚愕。 ここまで徹底的に落ちてよく立ち直ったね……と父親の愛とサポートに涙を禁じ得ない。 それにしても堕ちゆくティモシー・シャラメの美しさときたら。 EDの曲が印象的。
  • ずん
    3.7
    優しすぎると思った ドラッグの誘惑に勝てない息子 大事に大事に育てた我が息子がメチャクチャになってゆく様がたえられなかったのか 手は尽くしたのかもしれないけれど何かモヤモヤしました ただこんな風に命を落としてゆく若者はゴミのように居るだろうから、この父親と息子は最悪の状況からは逃れることはできたのでしょう
  • たまご
    3.6
    *****
「ビューティフル・ボーイ」
のレビュー(6762件)