ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ごぼう
    4.0
    心が弱っているときに観るともっていかれそうになるぐらいティモシーも映像も音楽も美しく儚いです。 やめたいのにやめられない。自分ではどうにもできない。 自分を心配し理解しようとしてくれている人がいるのに何度も同じ過ちを犯してしまう申し訳なさと自分の本当の苦しみを理解してもらえない辛さ。 何度も裏切られて疲れ果て諦めそうになるけど、それでも諦めず支える家族。 ここまで子供を理解しようと努力し支え続けてくれる親は多くない気がするのでニックの家族は本当に偉いと思いました。 でもしばらく薬断ちできていたニックが父の家に帰ってまた不安定になってしまうシーンもあったので、父との生活の中で重荷を感じてしまうとこもあったのかなと思ったり、、、 薬物依存というと日本ではピンとこないですが、自分や身内が何かしらの依存症や心の病を経験している方は心に響くシーンやセリフが結構出てくると思います。
  • saki
    3.5
    “everything “
  • ユカ
    -
    ティモシー目当てでみたらすごい素敵な作品だった。終わり方は思ってたのと違ったけど、実話感があるというか、あれもあれで良かったなって思った!キャスティングが完璧すぎた。父、子、母、義母、それぞれの複雑な感情がすごく鮮明に伝わってきて涙出た。ドラッグ漬けじゃない時の生活の描写がすごく幸せそうで、綺麗だった。ドラッグ系の映画って言って私あんまりだったんだけど、この作品はすごく良かったな。
  • etmoi
    4.0
    画面越しでもニックが心配になる 薬物依存は全てを壊す、、 ティモシーは相変わらず美しかった
  • N
    -
    アゲハチョウが舞い狂うようなシャラメの美しさ
「ビューティフル・ボーイ」
のレビュー(10681件)