ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Hikari
    3.8
    ドラッグに依存した事は無いけど、それでもきっと、一度依存してしまった人に"終わり"なんて無いと思う。 だからこそ、私にとっねこの映画の終わり方は凄く良かった。
  • えみlyVanCamp
    3.8
    美しいシャラメくんの美しい男の絡みがある映画かと勝手に想像してたんですが、全然違いましたw 薬物依存のお話。 レオナルドディカプリオがジャンキーを演じさせれば宇宙一なんじゃないかと思っているので、それと比べると演出に物足りなさを感じ、ちょっと今作は禁断症状とかの演技にあまり重きを置いていない作品なのかな?と思いました。 カリフォルニアのゴールデンゲートブリッジの見える丘に私も行きたいです。
  • shibuya
    4.3
    これほど詩と言葉に魅せられたのは生まれてはじめて
  • りおっしー
    3.0
    見ていて胸が苦しくなるくらい辛い映画だった。どれだけ罪を犯しても、嘘をついても親が子供を愛する気持ちは途切れない。シェフのような親になりたい。ティモシーシャラメの演技やられたな。
  • HinanoMiyamoto
    3.6
    ティモシーシャラメが見たくて鑑賞。 演技素晴らしい。 全体的にかなり重め。 更生できたかのように見えても またすぐ繰り返してしまう、 魔のループが続いて 薬物の現実を見せられた気がした。 愛が無いわけじゃない、 けど、救えない、と判断した 父親の気持ちがつらい。 実話だからだとは思いますが、 映画としては少しだけ物足りなさが あったかも。
「ビューティフル・ボーイ」
のレビュー(6064件)