ドラッグまみれのティモシー・シャラメと真面目なスティーヴ・カレルに涙する『ビューティフル・ボーイ』<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

人は色々な側面を持つ生き物です。誠実かと思えば嘘つきだったり、軽薄かと思えば真摯な一面があったり。

今作の主人公であるティモシー・シャラメ演じるニックもその繊細さゆえに、輝かしい未来への資質を持ちながらドラッグにのめりこみ、そこから抜け出せないジレンマに陥り、そんな不完全で愛おしい息子をスティーヴ・カレル演じる父親のデヴィッドが無限の愛で救おうとします。

ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞など、数多くの映画賞にノミネートされているフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の、実話を元にした親子再生のドラマ『ビューティフル・ボーイ』、内容はこういう感じです。

ビューティフルボーイ

さきほど「実話を元にした」と言いましたが、ニックのモデルとなった人物は現在、Netflixのドラマ『13の理由』などで脚本家として活躍しています。

「人は簡単には変わらない、しかし長い年月と周囲の愛情があればそれも不可能ではない」と我々に教えてくれる映画『ビューティフル・ボーイ』はただいま全国で絶賛公開中です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • なん
    -
    薬物中毒のティモシーと、その家族の物語。 ヤク中って聞くと病気じゃなくて、犯罪者としてみてしまうけど、この映画を見ると考え方かわる。ヤク中であっても、ほんとは優しかったり。才能があったり。 家族側からみるとほんとにつらかった。 親なのに何もしてあげられないの。薬物はすべてを壊してしまうんだな
  • 夏色ジーン
    4.0
    感想川柳「薬物は 1人の力じゃ 抗えぬ」 レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..) フリーで音楽ライターをしているデヴィッドは、カウンセラーの前で真剣に息子のニックの話を始める。彼は、さまざまなドラッグを使い依存症に陥った息子を何とかして救いたいと願っていた。1年前、デヴィッドは丸2日消息不明のニックを捜していて、元妻のヴィッキーにも電話する…というお話。 今をときめくティモシー・シャラメ出演作ヾ(´ー`)ノ 基本コメディのスティーヴ・カレルも真面目なお父さん。 いわゆる薬物依存症になった息子と父親の話ですね。 息子を信頼して何度も救おうとする父親。そんな父親の期待に応えたいのに、薬を断てずに自己嫌悪からさらに薬を摂取してしまう。( ´_ゝ`) そして裏切られる度に父親も救おうとする心、信じたい心も削られていく。 アメリカでは50歳以下の死因第一位は薬物の過剰摂取だそうです(;´д`) 薬をやらない人にとってはなんでそんなことするのか理解できないはず。(´・c_・`)自分もできません。 でも心にストレスを受ければ何かしら解消する術が必要です。人によってはそれがギャンブルだったり買い物だったりするわけで、彼らにとってはそれが薬物。(。>д<) なぜならそれ以上ドーパミンを出すものはこの世に無いから。 最初は興味でやってしまったかもしれないけど、それが地獄への入り口と知る由もない。( ´_ゝ`) 日本の薬物矯正施設『ダルク』の所長も元は薬物中毒者。もう何十年もシラフだけど、今でもやりたくなる衝動に襲われるそう(;´д`) こんなの克服するのは並大抵のことじゃないはず。これはもう自分の意志じゃどうしようもない。 ここまで愛情溢れる父子の関係すら崩壊するんですから。(゜〇゜;) 何回も失敗するだろうけど家族が見放したら、もう結末は"死"しかない。 中には疲れ果て、子供の死によって安らぎを得る場合もあるようですがm(__)m まず何よりも薬物に関わらせないこと。周りに『ビビってんのか?』言われたり、恋人がやってたりすると若さゆえにやってしまう。薬物(特に覚醒剤)は自分で制御出来ないことを子供に教えるべきだなと。( ̄^ ̄) 男は金が無くなれば止めざるを得ませんが、女性は良くも悪くも稼げてしまうから特に気を付けないと、と思いました。 気になるセリフ 『これが僕だ』 『人を救うことは出来ない』 『平和と幸福など俺には劣等の証』 んでまず(^_^)/~~
  • みいぽめ
    3.6
    演技が素晴らしく映像が美しく内容が重たくてしんどかった(∵`)
  • LUKEN
    2.2
    薬やっちゃいました、更生しました、薬やっちゃいました、更生しました、薬やっちゃいました、更生しました、薬やっちゃいました、更生しました、薬やっちゃいました、更生しました のエンドレスボーイ
  • なっちゃん
    2.5
    流し見した感じなんやけど ちょうど真剣にみたとこで ニックが「父さんは僕を管理しようとしている」と言っており、たしかにそうなんじゃないの?と思った とにかく施設に行こうと言っているようにしか聞こえなかったし、「品行方正だった時の僕にしか興味がないんだよね?」という問いにちゃんと答えてなかった(少なくともそのシーンでは) いや答えたれよ。そこで差し込まれる回想で ”Do you know how much I love you? I love you more than everything.” て思い出しとる場合か。今言え。そんなこと言わなくてもわかるだろスタンスは辞めろ。口に出せ。 あと麻薬中毒患者にしては原型のある絵ぽいなと思った。日記のやつ。まだ常人にも理解できる 以上
「ビューティフル・ボーイ」
のレビュー(7132件)