第1位は『アメリカン・アニマルズ』!5月公開映画の期待度ランキングTOP10発表

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)が、ユーザーのClip!数[観たい映画として登録している数]を集計し、2019年5月公開映画の期待度ランキングを発表。まずはTOP10からチェック!

10位『僕たちは希望という名の列車に乗った

僕たちは希望という名の列車に乗った

2,425Clip![5月17日公開]

ベルリンの壁建設前、東西冷戦下の東ドイツで起きた衝撃の実話をもとにした青春ドラマ。たった2分間の黙祷が反逆行為とみなされ、国家を敵にまわしてしまった18歳の若者たちをめぐる過酷な現実を描く。

僕たちは希望という名の列車に乗った

9位『パラレルワールド・ラブストーリー

4,359Clip![5月31日公開]

東野圭吾による異色の恋愛小説を『宇宙兄弟』『聖の青春』の森義隆監督、Kis-My-Ft2の玉森裕太主演で実写映画化。「愛する彼女は、本当に自分の恋人なのか? それとも、親友の恋人なのか?」。2つの異なる世界を行き交う、男女3人のラブストーリー。吉岡里帆、染谷将太が共演。

8位『長いお別れ

長いお別れ2

4,637Clip![5月31日公開]

『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督最新作。認知症の父とその家族を描いた中島京子の同名小説を、蒼井優、竹内結子、山崎努らキャスト陣を迎えて実写映画化。認知症で日に日に記憶を失っていく父親と、彼に向かい合うことで自分自身を見つめ直す家族の姿を情感豊かに描く。

長いお別れ

7位『ガルヴェストン

ガルヴェストン

6,041Clip![5月17日公開]

身体を売って生きるしかなかった孤独な若い娼婦と、末期ガンで余命宣告を受け、組織に追われる殺し屋。明日をも知れぬ2人の危険な逃避行を描く。『20センチュリー・ウーマン』のエル・ファニングと『インフェルノ』のベン・フォスターがW主演。

ガルヴェストン

6位『ドント・ウォーリー

ドント・ウォーリー

7,033Clip![5月3日公開]

故ロビン・ウィリアムズが自身主演で映画化を熱望していたことでも知られる話題作。世界で最も皮肉な風刺漫画家ジョン・キャラハンの激動の半生をガス・ヴァン・サント監督、ホアキン・フェニックス主演で描く希望あふれるヒューマン・ドラマ。

ドント・ウォーリー

5位『さよならくちびる

さよならくちびる

7,197Clip![5月31日公開]

居場所を求める若者たちの恋と青春を、小松菜奈、門脇麦、成田凌、注目の若手俳優共演で描いた音楽ロードムービー。全国を行脚するインディーズの女性デュオと、彼女たちを支える付き人の男性の思いが複雑に交錯する。主題歌を秦基博、挿入歌をあいみょんが提供している。

さよならくちびる

4位『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

7,823Clip![5月31日公開]

2014年公開のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編。前作から5年後の世界を舞台に、ゴジラの他、モスラ、ラドン、キングギドラなどの怪獣たちが続々と復活し、戦いを広げる。それによる世界の破滅を阻止するべく立ち向かう人類の闘いを描く。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

3位『コンフィデンスマンJP

コンフィデンス

8,365Clip![5月17日公開]

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が演じる信用詐欺師“コンフィデンスマン”が、欲望にまみれた人々から奇想天外な計画で大金を騙し取る、痛快エンタメTVドラマの劇場版。お馴染みのメンバーが香港を舞台に、壮大な計画を実行する。

(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

2位『名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウ

14,264Clip![5月3日公開]

世界的人気を集めるゲーム「ポケットモンスター」シリーズ初の実写映画化作品。人間とポケモンが共存する街を舞台に、かつてポケモン好きだった青年とピカチュウがタッグを組み、街で起こる事件に挑むアクション・アドベンチャー。ピカチュウの声をライアン・レイノルズが演じる。

名探偵ピカチュウ

1位『アメリカン・アニマルズ

アメリカン・アニマルズ

15,885Clip![5月17日公開]

2004年にアメリカ・ケンタッキー州の若者たちが犯した強盗事件を映画化したクライム・エンタテインメント。退屈な日常を打ち破るべく、4人の大学生が図書館に眠る時価12億円を超えるヴィンテージ画集を狙い、計画と実行に動き出す。

アメリカン・アニマルズ

アメリカで話題を呼んだ実話犯罪映画がNo.1

全米No.1の映画批評サイトRotten Tomatoesで満足度98%を叩き出した注目作『アメリカン・アニマルズ』が5月の期待度ランキングNo.1を獲得。

先行して鑑賞したFilmarksユーザーからは、「青春の痛みとバカさとシリアス要素の見事なブレンド。ドラマとドキュメンタリーのハイブリッドでスゲー面白かった」「本人映像と役者の映像が混ざった構成なのが面白い」「サントラ最高」「『レザボア・ドッグス』オマージュ映画の最終系」など、さまざまなレビューが寄せられており、★3.9(5.0満点)と評価も高い。

■11位以下も注目映画がランクイン

11位:『映画 賭ケグルイ』2,378Clip![5月3日公開]

12位: 『コレット』2,176Clip![5月17日公開]

13位: 『プロメア』2,162Clip![5月24日公開]

14位: 『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』2,036Clip![5月31日公開]

15位: 『空母いぶき』2,034Clip![5月24日公開]

16位: 『レプリカズ』1,763Clip![5月17日公開]

17位: 『居眠り磐音』1,716Clip![5月17日公開]

18位: 『小さな恋のうた』1,708Clip![5月24日公開]

19位: 『ザ・フォーリナー/復讐者』1,697Clip![5月3日公開]

20位: 『ベン・イズ・バック』1,640Clip![5月24日公開]]

 《期待度ランキングとは》

FilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録した数)を集計し、ランキング化したもの(Clip!は1作品につき1人1件まで)。

※本ランキング及び記事内のClip!数及び★スコアは2019年4月25日時点のものです。

(C)Studiocanal GmbH Julia Terjung、(C)2019「長いお別れ」製作委員会(C)中島京子/文藝春秋、(C)2018 EMERALD SHORES LLC - ALL RIGHTS RESERVED、(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC、(C)2019「さよならくちびる」製作委員会、(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.、(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会、(C)2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.(C)2018 Pokemon、(C)AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS