『ア●ンジャーズ/エンドゲーム』にも負けない国産超大作『キングダム』をもう観たか!?<4コマでざっくり紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

今、「アベンジャーズ」シリーズの集大成とも言える『アベンジャーズ/エンドゲーム』が世界中で話題となってますが、超大作映画なら日本だって負けてません。『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観て、「あぁやっぱりハリウッド映画はすごい」と思ったそこのあなた。へい、そこのあなた! 邦画でもムチャクチャすごい映画が現在公開中ですよ。

それはこれ、日本の製作力を総動員して作った一大エンターテイメント歴史超大作『キングダム』! 早くも続編希望の声が四方八方から聴こえてくるこの作品、内容はこんな感じです。

キングダム

やたら「ムチャクチャ」言ってるのは、ホントにムチャクチャすごい映画だったからです(笑)。

監督は「GANTZ」シリーズや『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』などのスケールの大きなアクション映画を撮っている佐藤信介で、本作も佐藤監督との相性が抜群に良いです! そして、原作者の原泰久も脚本作りに参加したことで歴史物としての重厚さとアクション作品としての娯楽性が見事に融合し、日本でも屈指のエンターテインメント映画作品となりました。

あと物語の舞台となっている中国での撮影もしているので、スクリーンから伝わる奥行きや説得力も素晴らしいことなってます。主演の山﨑賢人をはじめ、吉沢亮、長澤まさみ、大沢たかお、橋本還奈、高嶋政宏と出演陣もムチャクチャ豪華。観たあとは「日本映画……すごいじゃん、やるじゃん!!」となること必至です。まだまだやれるぞ日本映画。

歴史娯楽大作キングダム、現在全国の映画館で絶賛公開中です!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS