【舞台挨拶付き完成披露上映】銀杏BOYZの名曲から生まれた青春と恋の物語『いちごの唄』

Filmarks公式

フィルマーくま

『いちごの唄』完成披露試写会を100名様にプレゼント。応募締め切りは、2019年5月27日(月)まで。

古舘佑太郎、石橋静河、和久井映見、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子登場!『いちごの唄』完成披露上映会へご招待します!

i

 

全力で、恋した時間は、永遠なんだ。

脚本家 岡田惠和と、銀杏BOYZ 峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語。銀杏BOYZの名曲たちをイメージソースに、一年に一度、たったひとりの親友の命日である七夕に会う約束をするふたりの青春と恋の物語。主演は古舘佑太郎石橋静河宮本信子和久井映見光石研清原果耶岸井ゆきのら豪華キャストが集結。

1年に一度、親友・伸二の命日である七夕に高円寺で再会し、環七通りを散歩するコウタと千日。しかしある年、コウタは千日から“伸二との過去の秘密”を聞かされ、「もう会うのは終わりにしよう」と告げられてしまう。親友といつでも一緒だった頃の無敵な気持ち、恋した時の喜びと切なさ。青春のすべてがここにある。

Filmarksユーザー100名様をご招待!

◼︎日時:2019年6月4日(火)18:30舞台挨拶開始/19:00上映開始
◼︎登壇予定:古舘佑太郎、石橋静河、和久井映見、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子
◼︎上映時間:114分
◼︎会場:新宿ピカデリー(東京都新宿区3丁目15-15

【応募資格】
・Filmarksユーザーで当日ご参加いただける方
・対象作品をClip!(観たい)している方
・試写会参加日から2日以内に対象作品のレビューを投稿していただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【当選発表】
・応募締め切り後当選者へのメールをもってかえさせていただきます

応募締め切り:2019年5月27日(月)23:59までのご応募分有効

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とする場合がございます
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくかお使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください

◆『いちごの唄』information

i

あらすじ:コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃 2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。あーちゃんは笑うととてもきれいだ、いつまでもふたりで散歩していたいー。しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。

上映時間:114分
公開日:2019年7月5日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム
公式サイト:http://ichigonouta.com
(C)2019「いちごの唄」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 3.7
    エンドロールまでみて最高ー!ってなった映画、◎ 岸井ゆきのブーム続く、 パンクのお姉さんのiPod が ストーリーの中で輝いてた、、、 銀杏BOYZで生きてきたから めちゃくちゃ救われた、 銀杏BOYZを全く知らないふつうの映画好きが観て どう映るのか気になるところ、!
  • ssgood
    5.0
    試写で観てきました。 主演の古舘佑太郎さん、最初はクセが強く入り込めなかったけど、徐々に感情移入でき、銀杏BOYZの世界観とマッチしてくる。 監督は映画初らしいが、岡田惠和の作品を数本演出していると聞いて納得。 優しい眼差しが、映画を包んでいる。
  • remiohiroshi
    3.6
    なかなかの小作品。クセはあるけど良かったなぁ。
  • ホラーマンの手下
    3.8
    自分の青春時代と照らし合わせてみたら少し近くて。交通事故で友達いなくなったし。同じ人好きだったりしたから。楽しくて、でも切なくてがむしゃらに生きてたあの頃から変わったけど変わってなくて、でも、これからもそーして生きるんだよな。 銀杏はビートルズのように聴き継がれる音楽なんだろうなって思った。僕が銀杏に救われたように、これからも銀杏に出会って救われる人が増えていくんだろうなって。
  • どーじょ
    -
    石橋静河のリアルな距離感&会話テンションいいね。 中高のとき高円寺に住んでた自分にとってはかなりエモみがあった笑 『横道世之介』が好きな人は好きなやつかも? (あれ、あの人宮本信子だったんじゃんっ!て終盤になってやっと気づいたのが悔しい。)
「いちごの唄」
のレビュー(30件)